ゴールデンウィークですね。
今年は連休が土日と重なって休みが少ないという人も多いのではないでしょうか。かくいう僕もそうなのですけどね。そんなわけで、もはや毎年恒例と化したゴールデンウィークに読んどきたい漫画の紹介でも。
<関連>
GWに読みたい今後大ブレイクしそうな1巻漫画(2013年)
GWの連休に読みたい2巻までの漫画(2012年)

とりあえず、今年は集めやすい5巻ぐらい程度までで、非常に面白いのではないか、GWに一気読みするには最適であろうという作品をピックアップ。まあ、興味を持ったら読んでみて下さい。
軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS) 軍靴のバルツァー(1)
軍靴のバルツァー(2)
軍靴のバルツァー(3)
軍靴のバルツァー(4)
軍靴のバルツァー(5)
軍靴のバルツァー(6)

著書:中島三千恒

5巻までとと言いつつ、いきなり6巻まで出てる「軍靴のバルツァー」から紹介するのもなんなんですけど、まさにGWに一気読みするのに最適なのである。実は、私も最近までまったく知らなかったんですけど、読んでみたらまあクソ面白いじゃないですか。

19世紀後半のヨーロッパを元ネタにした架空戦記作品。主人公のバルツァーは隣国の軍事顧問として派遣されたのに、どんどん国際舞台の中心に巻き込まれていく。このストーリー回しが素晴らしいの一言。特に3巻から始まる戦争からは息もつかない展開のオンパレード。超お勧めです。

<関連記事>
「軍靴のバルツァー」、悲しいけどこれ戦争なのよね


ib -インスタントバレット- (1) 世界の終わりとボーイ・ミーツ・ガール (電撃コミックスNEXT)
ib -インスタントバレット-(1)
ib -インスタントバレット-(2)
Kindle版ib -インスタントバレット-(1)
Kindle版ib -インスタントバレット-(2)
著書:赤坂アカ
やさしくなりたい、優しくない人々
「悪意」を力の根源とする、世界を壊すこともできる魔法-ib-を手に入れたクロは、同じくibを使える者たちと出会う。しかし、お互いの主張を認め合えなかったクロたちは、対立し――。

世間に受け入れられない人、世界への破壊願望を持つ者が選ばれるというインスタントバレットという能力者。20人の異常者たちのバトルロワイヤルである。中二病全開である。それが凄く面白いのである。何よりも二転三転するシナリオ回しが秀逸で続きが気になるのである。

まあ、騙されたと思って2巻まで一気読みしてください。2巻からの盛り上がりとストーリー展開は盛り上がりが半端じゃありません。ロクデナシどもの生き様が胸熱である。劣等生で十分だ!はみだし者でかまわない!いてもいなくても同じそんな事言う世界ならボクはケリを入れてやるよ!

<関連記事>
「インスタントバレット」、これは正義の物語ではなく悪者の物語でもない


ひとりぼっちの地球侵略 1 (ゲッサン少年サンデーコミックス) ひとりぼっちの地球侵略(1)
ひとりぼっちの地球侵略(2)
ひとりぼっちの地球侵略(3)
ひとりぼっちの地球侵略(4)
ひとりぼっちの地球侵略(5)
Kindle版ひとりぼっちの地球侵略(1)
Kindle版ひとりぼっちの地球侵略(2)
Kindle版ひとりぼっちの地球侵略(3)
Kindle版ひとりぼっちの地球侵略(4)
著書:小川麻衣子


ひとりぼっちの地球侵略者の大鳥先輩とそれに振り回される岬一のボーイ・ミーツ・ガールである。まあ、大鳥先輩の可愛さにニヤニヤするしかないのだが、それだけではない重厚な設定と物語よ。普段の日常にニヤニヤほっこりするだけでなく、ハラハラドキドキのシナリオ回しも良い。なによりも、4巻の過去編は最高と断ずるにいささかの躊躇もない!GWに一気読みするのに最適である。

<関連記事>
「ひとりぼっちの地球侵略」、手を取り合って
「ひとりぼっちの地球侵略」大鳥先輩は可愛かった(小並感)
「ひとりぼっちの地球侵略」なにもしてない?バーカ…生きてるべや。


僕だけがいない街 (1) (カドカワコミックス・エース) 僕だけがいない街(1)
僕だけがいない街(2)
僕だけがいない街(3)
僕だけがいない街(4)
Kindle版僕だけがいない街(1)
Kindle版僕だけがいない街(2)
Kindle版僕だけがいない街(3)

著書:三部けい

タイムスリップもの本格ミステリーなんですけど、3巻でも衰えるどころか勢いがさらに加速していきます。小学生にタイムスリップした悟ですが、どういうわけか現代に戻ってしまいました。本当に先が気になるっていうものです。緊迫感が半端ではありませんね。私は、連載追ってない単行本組なので今月末に発売する4巻が待ち遠しくて仕方がありません。先がまったく読めない、今一番面白いミステリーだと思います。


今日のユイコさん(1) (アフタヌーンKC) 今日のユイコさん(1) (アフタヌーンKC)
今日のユイコさん(2) (アフタヌーンKC)
今日のユイコさん(3) (アフタヌーンKC)
Kindle版今日のユイコさん(1)
Kindle版今日のユイコさん(2)
Kindle版今日のユイコさん(3)

著書:秀河憲伸

私はオタク界隈の流行ったら二匹目の泥鰌を狙う姿勢が死ぬほど嫌いなのだ。いまだにこの界隈は「パルフェ」のカトレアの幻想を追っている。アホかっつーの。カトレアの魅力は素直になれない天邪鬼なところが可愛いわけだよ。決して理不尽な暴力ではないのだよ。もうね、ここ10年ぐらいの量産型ツンデレ共に「カツ」入れたい。誰が好き好んで、素直になれないからって、木刀で撲殺したり、蹴っ飛ばされて空にキラーンとなったり、ぶっ飛ばされにゃならんのだ。世の男はそんなツンデレ娘に振り回されるのに疲れちゃってるのだ(主に俺が)。

だからこそ、「今日のユイコさん」のユイコさんなのだ。
これぞ本物の、俺達の求めていたツンデレ道の極みなり。大体、量産型ツンデレ共は、付き合いだすと勢いが絶無だからね。所詮メッキよ。そこいくとユイコさんは付き合ってても、水を得た魚のような勢いがある。素直になれなさ全開だからね。可愛すぎる。ここに本物のツンデレがいる。ブラボー!
<関連記事>
「今日のユイコさん」感謝するぜ、ユイコさんと出会えたこれまでの全てに!


干物妹! うまるちゃん 1 (ヤングジャンプコミックス) 干物妹! うまるちゃん(1)
干物妹! うまるちゃん(2)
Kindle版干物妹!うまるちゃん(1)
Kindle版干物妹!うまるちゃん(2)
著書:サンカクヘッド
妹の“うまる”は、容姿端麗! 文武両道! 誰もが羨む完璧JK。しかし、この美妹には、秘密があった!! 一度、玄関をくぐれば… あっちにゴロゴロ♪こっちにゴロゴロ♪ “食う・寝る・遊ぶ”の干物妹ライフ!? 内弁慶の外美人!

ヤンマガに「みなみけ」があるなら、ヤンジャンには「うまるちゃん」がある。つまり、癒やし担当なのである。外では美人面してる妹・うまるちゃんも、家ではだらしない自堕落な生活。そんなうまるちゃんの可愛さをお兄ちゃん視点で愛でるのである。可愛すぎるぜ。癒やされるぜ。

とはいえ、それだけでないのだ。個人的には海老名ちゃんという逸材がこの作品のキモであると断言しよう。3巻出た時に細かいことは語ろう。まあ、せっかくのGWなのでうまるちゃんのように自堕落な生活を送ってゴロゴロ漫画読む。これ至高の行き方なり。
<関連記事>
ヤンジャン新連載「干物妹!うまるちゃん」期待大である


ひまわりさん (MFコミックス アライブシリーズ)
ひまわりさん(1)
ひまわりさん(2)
ひまわりさん(3)
ひまわりさん(4)
Kindle版ひまわりさん(1)
Kindle版ひまわりさん(2)
Kindle版ひまわりさん(3)
Kindle版ひまわりさん(4)

著書:菅野マナミ

黒髪ロング美人のひまわりさんの書店に遊びに来る元気いっぱいの女子高生まつりちゃんの百合百合しい雰囲気がちょこっとだけする、とってもほっこりする各話のエピソードが素晴らしいよね。ひまわりさんもまつりちゃんも可愛いよね。ほっこり温かくなのるのである。たまに不意打ちのようにグッとくるエピソードが私の心の琴線を鷲掴みにする。読んでて幸せな気持ちになれますよん。ゴールデンウィークに一気読みをお勧めしていところ。個人的には2巻で涙腺を刺激するのもいいね。


甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC) 甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)
甘々と稲妻(2) (アフタヌーンKC)
Kindle版甘々と稲妻(1)
Kindle版甘々と稲妻(2)
著書:雨隠ギド
妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!

わたくし、食卓ドラマとか飯漫画は食傷気味である。さらに言えば、この「甘々と稲妻」は食卓ドラマで飯漫画な上に、子連れシングルファザーで女子高生に恋というものまで付いている。これでもかと売れ線を増々したらね、さすがの僕もね、これはなぁ…素晴らしかったわけだ

まあ、子供の可愛さを堪能するも良し、家族のほっこり話を堪能するも良し、役立つ飯を楽しむも良し、恋する女子高生を楽しむも良し。どれも最高に楽しめますね。僕はラブがコメる展開をヨダレを垂らしながら楽しんでます。あと、最近はこの人の作品ポロロッカして読んでるんですけど、なかなかどうしてよ。


こっちも超お勧め。
百合漫画なんですけど、角砂糖にハチミツをぶち込んだような内容で精神的糖尿病発生しそうな濃さでした。つまりクソ甘い!甘い甘い甘い世界であった。これも最高だったね。

<関連記事>
「甘々と稲妻」、駆り立てるのは温かさとブヒり、 横たわるのは父性と萌豚

以上。
せっかくの連休なのでガツンと漫画読んで潰すのもオツですよっと。