12
「せっかち伯爵と時間どろぼう」00’27”ババと昔の女王

久米田先生は映画「アナと雪の女王」を見たようです。困ったことに、私はまだ見ていないのである。どうもディズニー映画は僕はあんまピンと来ないんですよね。あのドヤ顔が。つっても「プリンセスと魔法のキス」は大傑作だったし、評判良さ気なんでそのうち見に行きたいとは思ってるんですけど。

そして、おそらく今週の「せかどろ」は「アナと雪の女王」ネタが多いのでしょうが私は見てないのである。もちろん久米田作品は知ってる人だけが分かればいい、ネタは狭ければ狭いほど面白いのですけどね。というわけで、ネタとか抜きに思った事をズバリと述べたいと思います。

13
真心

髪の毛伸びた真心が可愛かった。

これはなかなかどうしてよ。真心はショートよりもロングのほうが似合うんじゃないか、と。可愛いかったですね。可愛かったですね(大事なことなので2回いいました)。

まあ、確かに、久米田作品のヒロインは黒髪ロングのヒロインがのほう可愛い子多いのは事実である。いや待て、「改蔵」の山田さんや「絶望」の加賀愛はショートじゃないか!むむむ、こいつは由々しき問題に直面してしまったぞ。久米田作品のあだち充作品のヒロイン論争ばりにヒロインは黒髪ロング派かショート派で真っ二つに意見が別れそうだ。少なくとも、真心はロングのほうが可愛い。

あとマダムがエロかったです。

14
マダム

小田切よ…10年早えのはおまえの方みたいだぜ

なんだよこのエッチなパンツは!
さすがマダムだぜ。はいてるパンツの格が違うってもんです。とはいえ、今回のマダムパンツにブヒィィィィとなるかガッカリとなるかは真っ二つに意見が別れそうだ。だってさ、マダムならきっとパンツなんてはかないはずだと思っていた諸兄も多いことでしょう。

ありのままの姿でいいんです

せっかち伯爵と時間どろぼう(2) (少年マガジンコミックス) せっかち伯爵と時間どろぼう(2)
せっかち伯爵と時間どろぼう(1)
著者:久米田康治

正体不明、神出鬼没の長帽子の貴族。そして、稀代の面倒くさがり屋の少年。せっかち×ゆったり、噛み合わない2本の針が巻き起こす “時計仕掛けの喜劇”。華麗に開幕。