【Amazon】「せっかち伯爵と時間どろぼう」(3)
「せっかち伯爵と時間どろぼう」3巻がアマゾンで予約受付開始。7月17日発売。まあ、3巻はほとんど冒険に出てる内容が収録されてて、もはやタイトル詐欺なんだけど。

さて、今週の「せっかち伯爵と時間どろぼう」00’28”のサブタイトルは「めぞん黒奥(クロック)」である。タイトルの元ネタは「めぞん一刻」でしょう。いよいよ、マダムのアパート編が開始か。だがしかーし!入居者が集まらずに、テレビCMを打つ…という話。

まず、今週の「せかどろ」を読んだ率直な感想を述べさせていただきます。

22
かすみちゃん

かすみちゃんの履くパンツはちょっとエッチだと思います。

以前、怪しげなお風呂屋さんで働きそうになった時のパンツもエッチなデザインでしたけど。あの時はお風呂屋さんが用意した下着かと思いましたが、どうやら、かすみちゃんは素でエッチなパンツをはくようだ。た目は地味っ子メガネ、中身(下着)は大人!

真心の「犬は人の6倍待ってる」「犬の寿命はだいたい人間の1/6くらい」のくだりはなかなか意味深であった。そして幼少時代を思い出しながら「なんで生物によって寿命が違うんだろう」「なんでずっといっしょにいれないんだろう」「なんでいっしょに死ねないんだろう」はちょっと胸が熱くなるね。

23
真心

どうやら真心は子供の頃に飼っていた犬と死別したようである。なんだろうこの、ちょっともの悲しげな雰囲気の過去は。

そして、みちるに対しての思いやり。確かに、みちるが次元降下した時に「あの子1年で死んじゃうんだ…」とつぶやいた表情は何か含みがありそうだったけど。犬を思い出したのか。

ところで、真心は番組で流れたサブミナル効果によってめぞん・カイザーに入居したくなったのに対して、卓も一緒に見てたのにまったく効いてなかったのは何か意味があるのだろうか。今週もマダムが扇情的でグッドでした。まる。

せっかち伯爵と時間どろぼう(2) (少年マガジンコミックス) せっかち伯爵と時間どろぼう(3)
せっかち伯爵と時間どろぼう(2)
せっかち伯爵と時間どろぼう(1)
著者:久米田康治

正体不明、神出鬼没の長帽子の貴族。そして、稀代の面倒くさがり屋の少年。せっかち×ゆったり、噛み合わない2本の針が巻き起こす “時計仕掛けの喜劇”。華麗に開幕。