僕だけがいない街 (6) (カドカワコミックス・エース)

過去と現在が連動する超感覚サスペンス『僕だけがいない街』。読めば読むほど「ドキドキする謎解き」や「ジリジリする焦燥感」といったサスペンスの醍醐味を味わえる。単行本でしか読んでないんだけど、コミック1巻ごとに必ず「えーっ!?」って衝撃がある。いままでちょいちょい紹介したけど、6巻はさらに輪をかけて面白い。
<関連記事>
GWに読みたい今後大ブレイクしそうな1巻漫画(2013年)
GWに一気読みしたいお勧め漫画(2014年)


続きはコチラ!