1
『ニセコイ』第201話 ハルカゼ

あれは…春ちゃん?!

あまりにも久々の登場である。一時期はほぼレギュラーとなり、千棘と小野寺さんに次ぐ第三局の勢いがあったものでしたが(遠い目)。最後に登場したのはお正月ですよ。懐かしいですね。沖田十三艦長の言葉を借りるならば「春ちゃんか…何もかもみな懐かしい…」である。
<関連記事>
『ニセコイ』、偽らざる者
『ニセコイ』、小野寺さんと結ばれるという事は…

春ちゃんといえばクマさんという通り名で有名です。
小野寺さんがクリスマスデートで手を繋ぎ大喜びだったのを「小学生じゃないんだから!」と辛辣なツッコミを入れていました。自分は小学生みたいなクマさんのくせに!

また、クマさん春ちゃんは楽に恋心があるものの、大好きな姉・小野寺さんの為に自分から身を引こうとするんですが!まったく諦め切れていないのです。お前はベジータかっつーの!

2
ベジータと春ちゃん

「オレはもう…闘わん」と言いながら闘うことをまったく止めない、身を引く引く詐欺のベジータとデジャブるんですよ!いやむしろ天津飯か。学園祭では「もう会わない」と決めていていたのに、まったく会う事を止めない、もう会わないと言いながらノコノコと気功砲を打ちにくる天津飯とも被ってしまいます。



続きはこっちだYO