• スポンサードリンク

    「ニセコイ」鳴動

    コメント(0)

    1
    パジャマな彼女。

    ブヒィィィィィィィィィィ!!(挨拶)

    乳首ポッチンだとぉ…。
    圧倒的である。圧倒的な火力である。「パジャマな彼女。」のエッチな描写には驚愕である。乳首ポッチンからパンチラ尻ドアップというコンボで畳み掛けてきやがります。ここまで視覚的に楽しませてくれたら僕らも白旗を上げて降参するしかない。素直に幼馴染にブヒるしかないじゃないですか。清々しい程のあざとさである

    圧倒的な火力で畳み掛ける「パジャマな彼女。」
    迎え撃つは「ニセコイ」である。ハッキリってテンプレ通りの展開の連続でそこそこの萌え供給源でしかなかったと思うんですよ。しかし、つぐみ革命を起こしてスカウターを破壊させてしまいました。一気に僕の心の琴線をガッシリと鷲掴みしてしまいました。

    「ニセコイ」の最終兵器(リーサルウェポン)つぐみちゃんは今回も圧倒的であった。後から出てきて他のヒロインを一気に追い抜いていく。まるでディープインパクトの末脚の再来のようでした。「パジャマな彼女」の火力とやり合えるのはつぐみちゃんしかいませんよ。もはや扉絵からして圧倒的である。

    2
    つぐみ

    まじ天使スなぁ…。
    つぐみんカワユス…。

    もう扉絵だけでつぐみの可愛さは際立っている。手で赤面しつつ手でハートマーク作るつぐみの何と可愛いことか!何事なんだこの可愛さは、と。

    もちろん本編でもつぐみん尽くしである。
    どうも最近のつぐみはどこかおかしい。体の調子がおかしいのです。ある条件下において体に変調が現れるのです。特定の人物お前でのみ動悸が激しくなり、胸が苦しくて顔が熱くなる。その人物の前では会話もまともに出来ない有り様である。

    それって!?
    病気…?いいえ違います。恋です
    なんとつぐみは楽の前では動悸が激しくなり、胸が苦しくなり、顔が熱くなってしまう恋の病にかかってしまったのです。この娘、完全に陥落ちてるじゃないですか!

    3
    つぐみん可愛すぎる

    楽の前で赤面するつぐみんが可愛い。肩を触られてグルグル回るつぐみんが可愛い。自分の気持ちが理解できなくて混乱するつぐみんが可愛い。恋してると指摘されて頭をブンブン振るつぐみんが可愛い。楽にバッタリ会って思わず殴って逃走するつぐみんが可愛い。

    圧倒的なつぐみの可愛さである
    「ニセコイ」の女の子でぶっちぎりに可愛いのは鶫誠士郎なのは信実です。めがっさ可愛く誰もが頬を緩めてニヤニヤしてしまう事でしょう。

    つぐみの可愛さは最高であると僕は言いたい!
    つぐみの可愛さはジャンプNO1である事を約束します!

    しかしながら、つぐみの可愛さとヒロインは切り離して考えねばなりません!
    つぐみ、桐崎、小野寺さんの中で最もヒロインに相応しいのは…。


    4



    !?



    5
    桐崎さん

    (ザワザワ…)

    ボクが20話まで「ニセコイ」を読んでわかった事があります!
    それはヒロインに必要な3つの条件です!

    1つは出番です!
    これはラブコメ漫画の性質上絶対条件!
    空気になるヒロインなんて問題外ですよね!

    2つ目はヤキモチ!
    ヤキモチを制する者がラブコメを制するのは常識!
    いかに可愛くヤキモチを焼いくかが重要です!

    そして3つ目は両想いになるフラグです!
    「この娘と結ばれる過程も大丈夫だ」と、皆さんが思えるヒロインはそうそういるものではありません!

    つぐみちゃんにはヤキモチとフラグが!
    そして小野寺さんには全部足りません!ハイここ笑うとこですよ―
    全てを兼ね備えているのは、桐崎さんしかいないとボクは思います!



    6
    小野寺さん

    全然笑えない…。
    モブ寺さん、もはやるりちゃんのおまけやん!
    <関連>
    「ニセコイ」小野寺さんマジ小野寺さん!
    「ニセコイ」先生助けて!小野寺さんが息してないの!

    スポンサードリンク
  • 「ニセコイ」小野寺さんマジ小野寺さん!

    コメント(0)
    皆さん!大変です!
    とにかくまずは見て下さい!

    1
    「ま、今日一日くらいいつもより優しくしてやろうかな」

    寅「誰だこいつ?」
    卯「ニセコイの桐崎さんよ、ジャンプ読者の正解率99%ォ~」
    辰「見舞い…?リンゴ…?おいおい」
    巳「『優しく』ってまさか…」

    ―というわけで楽が風邪を引いて桐崎さんがお見舞いにきてくれた。やっぱり、メインヒロイン。ジャンプ読者の絶対不可侵女主人公!つぐみちゃん登場で立場が危ぶまれましたが、再び桐崎さんの進出を、ここに宣言しますホイ!

    戌「ニセコイは1週間前『ジャンプ史上最も静かなヒロイン革命』と言われた鶫誠士郎事件を機に暴力ゴリラ女主義から男装女主義へとシフトした」

    誰もがヒロイン交代を信じて疑わなかった。それなのに今回の桐崎さんがめがっさ可愛い仕草連発で揺れている。つぐみちゃんか桐崎さんか。どちらも凄く可愛い。つぐみちゃんの出現で桐崎さんの可愛さも跳ね上がったのは明らかである。

    辰「たしかにこれは大変なニュースだな」

    いえ…!まだです。
    本当に大変なのはここからです!
    見て下さい!!

    2
    「…1人で来るのドキドキしたけど、良かった思ったより元気そうで」




    !?



    一同「小野寺さん…生きていたのか!?

    丑「モブキャラに成り下がったと聞いていたが…!?」
    巳「まず真偽を確かめるべきだわ…!」

    楽と小野寺さんは両想いである。それはいつ告白してもOK状態。完全に小野寺さんは一歩も二歩もリードしていた。しかし消えたのだ。存在そものが。モブ寺さんと呼ばれるようになったのに、楽のお見舞いに訪れた小野寺さんに誰もが驚愕したのである。あの小野寺さんに出番が!小野寺さんのターンなのか!


    敬愛する東城綾は、こう説いた。
    タイミングを逃した時がヒロインの終わる時」だと!

    「いちご100%」を読み解き過去を巡れば、遥か昔、清純派ヒロインが僅かなタイミングで惨敗した事は明白!いくら両想いだろうと、運命のいちごパンツだろうと遅かったのだ。西野とヤってしまった後の真中に告白するようでは遅すぎた。東城の無念は小野寺さんが晴らしてみせよう!!

    3
    小野寺さん

    午「小…咲…」
    申「こりゃあ…確かめる必要ねーんじゃねーか…?」

    間違いない!小野寺さんのターンだ。
    消えた?空気?モブ?小野寺さんは終わらない!
    「いちご100%」で惨敗した東城?「To LOVEる」で空気化した春菜?それがどうした!可能性は須らく誰しも等しく持つべきだ!黒髪清純派ヒロインは終わらない!必要なのは黒髪清純派大和撫子を愛する勇気のみだ!

    集え小野寺さん派!
    萌えろ!清純派ヒロインに!

    必ず小野寺さんが勝利に導く!!!



    4
    ドクン…!!















    5


    小野寺さんは小野寺さんだった。