• スポンサードリンク

    「せっかち伯爵と時間どろぼう」鼓動泥棒ですよ!

    コメント(1)

    5
    13話「巻く教室」

    メガネが増えた(挨拶)。

    いうやね、確かに「メガネっ娘」というのは需要があります。女の子わんさかいれば1人はメガネっ娘というものです。ええ、圧倒的人気というわけではないんだけど業界では3~5番手ぐらいの安定したポジションがある。

    しかしね、まだ登場キャラが少ない中で2人もメガネっ娘登場とはね。供給過多ともいえるのではないでしょうか。めがねっ娘、世にはばかるですよ!いいと思います

    とりあえず名前がまだ判明してないので目つきがキツイほうはメガネさん、今週登場したおっとりしたほうはメガネちゃんと呼ぶことにしましょう。で、このメガネちゃん。可愛い。ひと目見て「きゅん」ときてしまいました。ガツンとテンプルに強烈な一撃がきましたよ。

    6
    ↑メガネちゃんを見た時の反応。

    これは間違いなく、計画的犯行…

    まだ登場人物少ない中で既に1人いたメガネっ娘。絶望先生だってじょしらくだって基本「メガネっ娘」枠は1人だったじゃないですか。もう「せっかち伯爵と時間どろぼう」のメガネっ娘枠はメガネさんで決まりだなと念入りに刷り込まれた。新たなメガネっ娘なんざ意識外、見えてねぇ。そういうのは効いちゃうんだよ

    と、メガネちゃんにときめいたところでツインテール娘もなかなかどうして。可愛いのではないでしょうか。まあこの娘は正確には10話から登場してたんですけど。

    7
    ツインテール娘

    まあ出てくる娘出てくる娘みんな可愛いと思ってるんですが可愛いものは可愛いんで仕方がない。やはり学校回はいいですね。普段だと、真心とミチル(たまに妹)しかいないに比べると、学校へ行けばクラスのモブ女子生徒が荒野に咲く一輪の花のように輝いてみえます。

    また、卓が10日に1回しか学校へ行かない設定なのが相まってモブ女性の希少価値は高まります。あ、でもリアル時間軸と同じペースで進むなら10日に1回の登校もやろうといえばほぼ毎週学校へ行けるな。時の文明開化ですよ(←上手いこと言ったつもり)。

    しかも、今回は水着回というね。

    8
    水着回

    ドキン。

    こうれはこれは。素晴らしいのではないでしょうか。そも、今回は開始1ページ目にして全員水着という1日を24分で過ごすネタ同様のスピーディで電光石火のサービス回だったわけですけど、この水着回は評価する(何故か上から目線)。

    しかもただの水着ではありません。
    クラスの女子9割がビキニという際どい水着です。学校指定のスクール水着のほうが良かったというマニアックな方もいるでしょうが、私は大満足です。ドキドキドキドキと心のビートが鳴り響きます。危ない!僕の心の鼓動がオーバーヒートです。

    落ち着こう。
    とにかく深呼吸をして落ち着こう。

    すーはー
    すーはー

    9
    すーはーすーはー

    エンストしました

    ところでさ、もうみんな気付いてると思うけどサンジェルマン伯爵っている意味あるの?別にいてもいなくても変わらないよね。ダブル主人公の1人なのに存在価値がまったく見いだせません。

  • 「せっかち伯爵と時間どろぼう」待望した!久米田先生の新連載を待望した!

    コメント(13)

    せっかち伯爵と時間どろぼう(1) (少年マガジンコミックス)

    「かってに改蔵」「さよなら絶望先生」の久米田康治先生が帰ってきました。週刊マガジン連載中の「せっかち伯爵と時間どろぼう」。そして待望の単行本1巻が2月17日に発売されました。帯がいいね。

    3
    待望した!!

    まさに!

    無駄な時間を過ごす事に定評のある時只卓(ときただすごす)。名前の通り、時を只過ごします。そんな卓くんを時間ドロボーと毛嫌いするサンジェルマン伯爵が織りなすギャグコメディ。うん、普通に面白いです。ていうかどう見てもノリが「かってに改蔵」だよね。というか改蔵で時間泥棒ネタあったよね。めがっさお勧め。てかネタ濃いな、おい。

    で、気になるヒロインは…。

    23
    夕仏真心 / 時只ミチル

    ふむ、なかなかどうして。可愛いんじゃないでしょうか。
    夕仏真心(パンツ要員)は横から読むと「タイムマシン」と読めない事もないように本気でタイムマシンを造ってやろうと思っているとか。時只ミチル(エロ要員)はもともと上人類だったのが堕センションして時間移動出来なくなってしまい卓の嫁となります。真心は後妻。

    気になるのはミチルの寿命が1年ってところですよね。

    24
    あの子1年で死んじゃうんだ…

    1年の寿命のミチル、タイムマシンを造ろうと思ってる真心。
    なんか関係あるよねコレ。前作「さよなら絶望先生」で堂々の大完結を迎えたラストの怒涛の展開も、久米田先生は以下のように述べていました。
    <関連>
    「さよなら絶望先生」大往生に見事に完結でした
    「さよなら絶望先生」堂々の完結、感動的な最終回

    よくみんなに聞かれます。「このオチは最初から考えていたのですか?」と。愚問です。この質問は愚問です。サッカー選手へのインタビューで、当り損ないやパスミスでたまたま入ってしまったゴールに対して「あのシュートは狙ってたんですか?」の質問に、ストライカーだったらこう答えるはずです。「最初から狙ってました」と。それと同じです。だからボクもこう答えます。「最初から狙ってました」と。いや…これじゃまるで狙ってなかったみたいじゃないですか?一応本当に最初から考えていたんです

    確かに絶望先生は後から読み返すと「なるほど…」と思わせる絶妙な伏線っぷりでした。ならば、今作「せかどろ」も、初期の今こそ沢山伏線があると思うのです。で、ミチルがレーダーにびんびん引っかかります

    ミチルの上人類時の名前

    25
    上での名前は忘れてしまいました

    私気になります!
    上人類はデフォルト設定で最初から名前が付いているそうですけど、堕セッションしたミチルは本名を忘れてしまいました。サンジェルマン伯爵とホムンクルスは知っているはずなんですが、一貫して「我が妹」とか「妹君」としか呼びません。ミチルの名前気になります!

    上人類の帽子
    上人類の特徴といえば帽子。
    男なら上に長く、女なら横に長いのが特徴であります。

    26
    男の上人類の帽子は縦幅が凄い

    27
    女の上人類の帽子は横幅が凄い

    また幼女時代のミチルが成長するに従って(口に雨粒を蓄える青春)帽子がどんどん大きくなっていたので、上人類は歳を取る度に帽子が成長しているようです。生まれて1ヶ月で成人してて死ぬまで同じ姿らしいけど、帽子はどんどん大きくなるのでしょうか。

    というか、成人してから死ぬまで同じ姿らしいのにおっさんやジジイの上人類が登場するんだけど。二十歳からずーっとその風貌なのかと思うと胸が熱くなるな!

    寿命1年なのに現実の時間軸
    なにがびっくりってミチルの寿命が1年なのに、「せっかち伯爵と時間どろぼう」の時間軸が現実と同じなのね。1巻ではクリスマスや大晦日の話が収録されてますが、これマガジン連載時でもほぼ同じ時期。この後、バレンタインとかあるけどそれも同じ時間軸。

    つまりですね。ミチルは来年の冬ぐらいまでしか生きられないんだけどリアル時間軸が同じってことは…。これ連載1年以上続くんですか?すごく気になります。

    だからでしょうか。
    「さよなら絶望先生」はゆっくりと世界観を構築していき徐々にギアを上げていったのに比べると、「せっかち伯爵と時間どろぼう」は最初からアクセル全開の全力疾走な気がするんですけど。

    28
    全力疾走しまくり

    2話で赤松健先生の「UQ HOLDER!」をこれでもかとネタに。
    え、そこまでやって大丈夫なの?と心配しつつ、「せかどろ」の勢いは留まることをしりません。他作品イジリに下ネタに乳首券発行とやりたい放題です。濃いです。濃厚です。面白いんですけど心配になってしまいます。もう最初から全力疾走しすぎで。

    29
    生き急ぎ過ぎ


    まじ心配になってしまう。
    長期連載してください。オナシャス!

    というか先週のマガジン(11号)なんて、まだ発売していない「せかどろ」1巻の宣伝に全力疾走でしたからね。いつのまにか絶賛発売中になっているというね。

    30
    先週(2月12日発売)のマガジン

    絶賛発売中!(←17日発売)

    29
    生き急ぎ過ぎ

    しかし、久米田先生の連載は嬉しいですね。
    水曜日の楽しみが出来ました。今後は水か木は「せかどろ」を毎週ネタにするんでよろしくお願いします。あと真心のパンツは回を重ねる毎にかなり気合入ってて素晴らしいと思います(結論)。

    おまけ
    ・キャスバルはまだ帰ってこない
    キャスバル氏をご存知でしょうか。「さよなら絶望先生」の巻末コーナーでほぼ毎巻投稿絵が掲載されていた猛者です。本編でもネタになって絶望ファンの中ではカリスマ的人気を誇った(?)お方ですが、絶望先生27集でこんな投稿をしていました。

    31
    27集の投稿

    2年位投稿できなくなったようで「2年位なら当然まだ連載続いてると信じていますので、私は絶対に帰って来る事を約束します!」「では2年後またお会いしましょう」との投稿を行っていました。しかし、残念ながら絶望先生は30集で堂々の完結。結局、これがキャスバル氏の最後の投稿になってしまいました。

    そして2年以上時は流れ「さよなら絶望先生」から「せっかち伯爵と時間どろぼう」へと作品は変わりました。そして僕らは当然待っていたのです。キャスバル氏の復帰を。今作でも「虹幻の部」という投稿コーナーがあります。ドキドキしてページをめくれば…。

    キャスバルおらんかった…(´・ω・`)