• スポンサードリンク

    四天宝寺中学校敗退(前)

    コメント(0)
    おひさしぶりです。復活するといいながら全然復活せず、更新スルスル詐欺になっていました…。しばらく音沙汰がない間に、世の中様々なことが起こりました。ZARDの坂井泉水さん死去というニュースにはビックリです。中学生の頃は、いわゆるビーイング系が流行っておりよく聞いていたので。でもいまだに「WANDS」と「T-BOLAN」「DEEN」と「FIELD OF VIEW」区別ができません

    またビックリといえば「さよなら絶望先生」がアニメ化講談社漫画賞…、いや嬉しいといえば嬉しいのですが、売れ出したら水着にならないグラドルのような、ちょっと寂しさもあったり。

    さて、音沙汰ない間に「テニスの王子様」は全然坊主になっていない跡部様再登場から、偉い進んでしまいました。ヘタレの財前くんとラケットすら持っていない乾をおいてけぼりにしている、千歳と手塚も打ち合い。観客も「打球が見えない」と2人の凄さにビックリしていました。打球が見えずに、ダブルスの相方は完全無視状態で、プレーしている選手からはキラキラと光るオーラが出ている…。本当に恐ろしい光景です。

    脳を活性化させて未来が分かる「才気煥発の極み」なる技になすすべもない手塚。どうやら打球を倍返しにする「百錬自得の極み」を封じ込められているようです。

    あの沖縄の殺し屋木手も、パワーとコピーでテニプリ最強じゃないかとも言われる樺地ですら破ることが出来なかった「百錬自得の極み」。一体どうすれば封じ込められるのか…。

    竜崎スミレ監督いわく「緩急をつけることで『百錬』の回転・威力等の倍返しを、うまく殺しているんじゃ」

    え。緩急をつけることで封じ込められるって…。

    人が空まで吹っ飛ぶ技などを倍返しにできても緩急をつけられただけ封じ込められてしまうという、無我の奥の扉を開いた技。全然たいした事でもないように思えますが、 他の部員も驚き、監督も「相当の策士じゃな…」とうろたえていました。もう、何が何やら

    こうしてピンチになったと思った手塚部長ですが、脳を活性化させることと未来が分かることの繋がりがまるで分からない、もう一つの奥義「才気煥発の極み」が、何故か通用しなくなってしまいました。

    しかも手塚は「才気煥発の極み」と「百錬自得の極み」を同時に使いだし、なすすべなく敗れてしまった千歳。こうして、四天宝寺中学校は、敗れてしまいました。

    そういえば、天高く吹っ飛んだタカさんは、ろっ骨3本にヒビ、大腿骨損傷、踵骨損傷、頚部挫傷、右足首の捻挫という怪我の具合だったそうです。どうやら、タカさんは決勝は怪我で欠場し準決勝が引退になりそうです。

    …何か忘れているような。

    4
    金太郎

    そうでした。金太郎と越前の試合の前に決着がついてしまいました。今までも「もう一人の主人公」とか煽って、2人の対決の前フリがあれだけあったのにも関わらず、試合が終わってしまいました。さすが許斐先生です

    しかし、勝負しろという金太郎…。もう試合をする必要がないのに、外野が「1球でいいからやってやれ」と無責任なことを叫び、青学と四天宝の決着がついているのにもかかわらず1球でけの勝負が…。

    全国大会が終わったあとに、練習試合でもやればいいのに。「コータローまかりとおる柔道編」の帝が大金はたいて運営者と審判買収して、終わった後に練習試合という選択肢を知ったようなものでしょうか。こんな中坊の喧嘩のような1球勝負を、全国大会のコートを勝手に使うなんて、大会の運営者はどう思うのでしょうか…。

    こうして、子供じみた対決に、全国大会を開催する大きなコートを勝手に使われて、試合とはまったく関係のない1球勝負が開始されました。

    さぞや大人たちは迷惑だったことでしょう…。

    5
    審判

    なぜ審判がまだいる
    スポンサードリンク
  • 最高にかっこ悪い乾とかえってきた跡部

    コメント(0)
    テニスの王子様」の第4回人気投票の結果が発表されました。まずは、今までの人気投票の結果を簡単に振り返ってみましょう。

    順位 第一回 第二回 第三回
    1位 越前リョーマ 不二周助 越前リョーマ
    2位 不二周助 越前リョーマ 不二周助
    3位 菊丸英二 菊丸英二 跡部景吾
    4位 桃城武 手塚国光 手塚国光
    5位 手塚国光 海堂薫 忍足侑士
    6位 海堂薫 桃城武 乾貞治
    7位 カルピン カルピン 切原赤也
    8位 越前南次郎 千石清純 菊丸英二
    9位 大石秀一郎 忍足侑士 仁王雅治
    10位 乾貞治 乾貞治 千石清純

    今まではリョーマと不二先輩の首位攻防戦でした。最初の頃は青学が上位を独占しており、他校で一番上位だったのが神尾アキラでした。ちなみに跡部様は27位で28位のカツオに29票差勝利していました。ところで、第一回人気投票は青学が上位を独占する中で青学のお荷物ことタカさんだけが、唯一トップ10に入れませんでした。

    第二回は、第一回とたいして面子が変わっていませんが忍足というオタクっぽいメガネが9位と大健闘。この時は、丁度氷帝戦であったので、氷帝軍団がかなりの食い込んでいました。9位おっしー、15位跡部様、19位ちょた、20位しっしー、23位がっくん、25位ジロちゃん。レギュラーで唯一ランクインできなかった樺地…。そして通称だけで誰か分かる方、どうかと思います

    第三回にもなると、青学メンバーも初期ほどの強さを見せず、他校が普通に上位に入ってきていました。青学に迫る人気の氷帝軍団は41位に樺地が831票獲得してランクインしてました。そしてジワジワと人気を上げてきたのは跡部様。あと46位に作者許斐先生自らランクインしてましたが、かなりどうでもよかったです。

    そんなわけで、第4回人気投票の結果は以下の通り。

    順位 第一回 票数
    1位 跡部景吾 12913票
    2位 不二周助 6116票
    3位 越前リョーマ 5596票
    4位 手塚国光 5089票
    5位 乾貞治 4917票
    6位 向日岳人 4381票
    7位 忍足侑士 3719票
    8位 大石秀一郎 3661票
    9位 桃城武 3189票
    10位 日吉若 3021票

    跡部様1位獲得!
    手塚に勝利し圧倒的人気を誇っても前回は3位だったのに、今回は越前のテニスをバカにして惨敗、気絶してなお君臨するという意味が分からない最後でした。

    2位の不二にダブルスコアで完勝してますが、前回は1位リョーマ13578票、2位不二12459票でした。跡部様は9782票…。前回より票数が伸びてはいるものの、リョーマと不二先輩の票が落ちただけにも見えます。

    さて、本編のほうはといえば、ダブルスなのに変則シングルスをするという、理解不能の展開になっておいます。「神隠し」なる消える魔球を倍返しという我々凡人が理解できない究極の試合をしています。消える球を倍返しって…

    そこへ、財前が突如乱入してきました。確かに財前は、不動峰戦では補欠で、青学戦でレギュラー発表された時に、オサムくんが以下のような事を言っていました。

    「D1(ダブルス1)謙也&天才財前くんな!謙也ぁー足引っ張るんやないで~~~~っ!

    難波のスピードスターが足を引っ張るようなレベルのようです。それほどの実力がありながら、試合する前から手を出すなと命令されたのですから、でしゃばりたい気持ちも分かります。

    ポーチに出て、目の焦点が白くなり、ボールにまったく触れず、絶望した面でコートにへたれ込んでしまいました

    ダメだコイツ…

    そこに同じくダブルスのパートナーなのに、戦力外通告仲間の乾が声をかけてくれました。

    2
    俺達の入れる領域じゃあ無い

    「止めておいた方がいいだろう。もはやこの勝負…俺達の入れる領域じゃあ無い

    うわー最高にかっこ悪ぃぃぃぃ

    メガネをくいっと上げながら後ろ向きにポーズ取りながら財前くんに堂々と言い放つ乾。このメガネ、最高にかっこつけて、最高にかっこ悪い台詞を平然と…。せめてジャージぐらい脱げよ!

    乾の台詞も酷いですが、財前くん何も言えません。というか乾先輩、データを取るのは結構ですがラケットすら持っていないのは試合中なのにどうかと思います

    そんな凄い試合展開を見つめる氷帝軍団。宍戸たちが前回顔すらカットされていたのに対して人気上位の向日と忍足はきちんと顔が描かれ、「なんやねんこいつら…なあ跡部!」と、跡部様を呼びました。

    3
    跡部様

    跡部様再び。

    試合に負けたほうが坊主といいながら、全然坊主になっていなかったのですが、どういうわけか変わりに樺地が坊主になっていますなぜに樺地…