• スポンサードリンク

    「新テニスの王子様」AHAHAHAHAスーパーテニスの出番だべさ

    コメント(0)
    「エンマ」の3巻が発売されました。あらゆる時代、あらゆる場所に、冥界より現れる少女エンマ。無駄な殺生を止める為に、今後、無駄な殺生をする者の骨を抜く、1話完結物。


    3巻では、今までになかった未来の世界の話があったり、初めてエンマが骨を抜く事が出来なかったりと、今までになかった出来事があり、1話完結物なのに、まったくマンネリ化していません。マーベラス!

    さて、ジャンプスクエアで好評連載中の「新テニスの王子様」は、また2話同時掲載で、ファンには堪らない素晴らしい内容です。桃城と5番コートの鬼十次郎が入れ替え戦をすることに。鬼に桃って、桃太郎のつもりなんでしょうか。相変わらず、許斐先生のセンスには脱帽です。ちなみに、鬼のラケットはといえば…。

    18
    鬼のラケット

    …え。
    ガット2本張ってあるだけのラケット。こんなラケット見ても 「随分スカスカしたラケットっすね?」とサラリと流す桃城。流石、許斐先生です。まさか開始1ページで笑わせてくれるなんて。なにかがおかしい(主に頭が)。

    桃城は得意気に「この『入れ替え戦』勝ったら俺5番コートっすね」と言い出せば、鬼は「無い」と一蹴。無いのは鬼のラケットのほうですが、いよいよ試合開始。どうやら、この入れ替え戦は、コーチが独断で、試合する面子を決めてるようで、それを羨ましがる中学生軍団。その様子を見て…。

    19
    様子を見て…

    「おいおい」
    「何も判っちゃいねーな鬼さんを…」

    と、平理とん平(高2)と天神耕介(高2)が汗をかきながら解説をはじめます。って、お前らまだいたのかよ。と思ったら、この2人はボールが取れなくて帰ったように見せかけて、前回の話で鳳にボールを恵んで貰っていました。

    20
    ボールを恵んで貰う雑魚

    あれだけバカにしていた中坊にボールを恵んでもらい、お情けでこの場に残った、とん平と耕介。にも拘わらず、偉そうに鬼の凄さを「何も判っちゃいねーな」と、この2人の神経が判らないです。2人曰く…。

    「5番コートにいるものの何故か上のコートとの対戦がなく、下から上がって来る者をことごとくブチ落としてる。付いたあだ名が『地獄の番人』」

    上との対戦がないって、コーチに嫌われているんでしょうか。しかも、周りには地獄の番人なんて面白いあだ名まで付けられて。地獄の番人って…。

    鬼を見た桃城は「…なるほど。この人、今までの高校生とは明らかに違う」。何がなるほどなのかはまったく分かりませんが、桃城は鬼の強さを見ただけで肌で感じています。ただ単に、見た目が強そうだっただけかもしれませんが。桃城は全国大会を前に天気が分かる、クソの役にも立たなかった特技を身に着けましたが、その類なのかもしれません。

    いよいよ試合開始。弾丸サーブを叩き込むも、簡単に打ち返されてしまいます。というか鬼のかけ声が面白すぎです。「上げて来いやぁ!!」、「逃げずに来いやぁーっ!!」、「ハッハァーッ!」。対して桃城は必殺技のジャックナイフを繰り出します。

    「オレ達、中学生選抜を…ナメないでくださいよ!!」

    ボールを取れなかった高校生をバカにしたり、「このU-17合宿、思ったよりも化物がいる様ですねぇ」など、完全にナメていたのは中学選抜のほうな気がしますが、鬼はジャックナイフを、威力が桁違いのジャックナイフで打ち返します。ガット2本で。これが本物のジャックナイフだそうです。

    21
    本物のジャックナイフ

    本物なのに「ブラックジャックナイフ」とは…。本物は黒いということでしょうか。センスが分かりません。威力は桃城がラケット握れなくなる程度。ショボっ…

    もはや、数十メートル人間が吹っ飛び、柵に人間がめり込み、悪魔に変身したり、早すぎてショットを打つのが見えない世界で、今更この程度の破壊力ではガッカリです。結局、手も足も出なくなり、桃城は「1球でいい。1球だけでも」と勝負を諦めてしまいました。50人と言っても、上と下の戦闘能力の差はフリーザとタンバリンぐらい離れているしなぁ。

    で、新しいコーチ斎藤至43歳(2m16㎝)が現れ2人組を作れと言いだします。ダブルスと勘違いした中学生軍団は、仲が良い奴と組みます。そして組んだ相手と試合し、負けたほうが脱落と言い出しました。取りあえず、判明している組み合わせは以下の通り。

    忍足-向日
    仁王-柳生
    大石-菊丸
    神尾-伊武
    蔵兎座-リチャード・坂田
    幸村-真田
    宍戸-鳳
    裕太-周助
    甲斐-木手

    跡部-日吉
    手塚-海堂
    乾-観月
    亜久津-河村
    桐原-柳
    金太郎-千歳
    橘-門脇
    樺地-芥川
    知念-田仁志






    仁王と柳生とか、乾と観月など地味の良カードです。しかし、兄弟対決とか黄金ペアの対決が霞んで見える謎の組み合わせが出来上がりました。

    クラウスさんの対戦相手が、リチャード・坂田です。さらに、橘吉平の相手はスーパーテニスの門脇悟と、なんでお前らが選ばれてるんだよという凄い面子です。

    22
    門脇 / リチャード・坂田

    AHAHAHAHAHA、黄金カードってレベルじゃねーぞ。

    「俺のスピードには誰もついて来れねぇだべさ」と「AHAHAHAHA!」と笑うくせに東北弁なまりだったリチャード・坂田(3ページしか試合シーンなかった)。伊武相手に1コマで敗れ去りスーパーテニスを披露できなかったように見せかけ、「…なんだよスーパーテニスって普通じゃん」と言われてしまった門脇。やべぇ、この2人の試合が超楽しみなんですけど。
  • 「新テニスの王子様」早くも許斐先生が絶好調のようです

    コメント(0)
    ジャンプスクエア5月号が発売されました。「新テニスの王子様」は2話同時掲載と、ファンにはたまらない内容です。もちろん、話のほうもファンには堪らない出来となっています。先駆けて「新テニスの王子様」0.5巻では、2話のネームが載っており、そこによると。

    「頭!荷物まとめて帰れ」「あ゛ん?」「したがわないやつは不必要だ」「誰がワカメだ。この野郎!潰す!」うつ、しかし、たねがしま(ほこらない男)返される。2号生もすごいぞというシーン。デビル化しようとするが、真田にいっかつ。「たわけが―――っ!」「帰れと言うのがわからんか。見苦しいぞ赤也!」赤也「ぐっ…」

    ネームによると、2話目で赤也が荷物まとめて返される予定だったようですが、まったくそんな事はありませんでした。「これが2話目の表紙だ!」と掲載されていた表紙も全然違うものでした。0.5巻はなんだったのか…。さすが許斐先生。

    さて、早速「新テニスの王子様」を見ていきましょう。前回の、アメリカから帰国し、河童寿司のマスコットをネックレスにしていた越前が最後のボールを取ったところから続きです。

    ところで、ボールを取れなかったら即帰宅って。交通費とか協会側が出してると思うのですが、もし、中学生が取れなかったら、来て速効帰す羽目になったのでしょうか。メチャクチャだ…相変わらず

    越前の帰国を歓迎する中学生プレイヤーたち。そうそう、跡部様がたくさんボールを取って金太郎と頭のレベルが一緒と判明しましたが、もう一人、金太郎と頭のレベルが一緒のヤツがいました。

    17
    金太郎レベル

    皇帝です。帰国してボールを取った越前に対して、「たるんどる」と。何がたるんでいるかは謎ですが、ラケットにはボールが山積みです。家では日本刀振りかざすなど、皇帝、真田の言動は全てが全てオレのハートを直撃しやがります。マーベラス!

    ボールを中坊に取られてしまった、高校生たちは、「ゴラァ~中学生共っ!!」と怒りだします。ちなみに、怒ったヤツの名前は、佐々部順一(高2)とかいうやつ…。佐々部って、1話で越前のカマセ犬になった北高の佐々部くんでしょうか。眉毛は同じですが、顔と肌の色が全然違い、越前に初めて会った反応をしており違うとは思いますが。

    ボールを取れなかった佐々部は唐突に「試合だ…テニスで決着つけようや」と提案しだします。ボールを取れなかったのだから、決着はついている気がしますが。そこのメガネと試合をすることに。

    テニプリのメガネ男子は、一斉に反応します。(乾以外)で、登場したメガネくんは…。

    18
    メガネ男子

    越前でした…。
    これがメガネ男子萌えですね。分かります。

    佐々部は越前と試合を「ガキはすっこんでろ」と試合拒否しますが、「俺にまかせろ」と11番コートの松平親雄(高2)が、試合を申し込みます。

    19
    松平親雄

    すごい帽子のセンスです。

    出てくる高校生がどいつもこいつも老けまくって高校生に見えないのは、許斐先生なりの拘りなのでしょうか。ちなみに、松平くんは帽子の圧倒的なセンスを見せただけで、越前にサックリと負けてしまいました。キモは、審判をしていた佐々部でもなく、今だに河童寿司のネックレスをしている越前でもなく、六角中のバネさんこと黒羽春風です。

    代表に選ばれるようなタマだとも思いませんし、個性豊かなこのメンツでは地味すぎて、かなりどうでもよいキャラなのですが、2話で台詞があるだけではなく、なんと表紙にまで登場していました。

    1
    バネさん

    場違いもいいところです。はっきり言って、山吹の地味's(ジミーズ)よりも地味です。なんで表紙にいるのか、マジで謎です。やはり許斐先生の考えは理解できません。

    新テニプリ3話のタイトルは「高校生の実力」。2話のタイトルが「中学生の実力」だった事を考えると、3話で高校生たちの逆襲が始まる…のかと思いきや。

    いきなり高校生「ぐわぁぁぁっ!!」と吹っ飛んでいました。石田銀です。どうやら六式波動球でやられたようです。って、六式?名もなき高校生は五式まで耐えたのでしょうか…。五式まで耐えたとしたら、凄すぎます。これが高校生の実力か

    続く高校生たちは全然ダメダメでした。丸井ブン太がネットの上を綱渡りさせられたり、千歳千里に神隠しというボールが消える技をくらい、平古場凛にはハブという物理的にあり得ない変化球をくらい、フルボッコ。さらに…クラウザーさんには、ファンスに食い込まされていました。

    20
    リリアデント蔵兎座(1年)



    ( ゚д゚)ポカーン

    リリアデント蔵兎座(1年)って…。確か、外国人留学生の助っ人で、バリバリ英語喋っていた記憶があるのですが、帰化したのでしょうか。すげぇ、許斐先生のセンスは斜め上をいくな…。というか平古場凛と続けて登場したから同一人物かと思ってしまいました。

    本当に恐ろしいのは、コイツ中1だということ。もう、すごいとしか言いようがないな…。中1ねぇ…。

    21
    リリアデント・クラウザー

    リリアデント・クラウザー(名古屋星徳・3年

    確か0.5巻では3年って紹介されていた気がするんですが…。まあ、テニプリだしね

    ちなみに、皇帝の相手をしたのは、佐々部くん。「動くこと雷雲の如し」と風林火陰雷山の「雷」でラケットを突き破られて、「えええっ~~~っ!!?」と絶望と共に散ってしまいました。ちなみに、真田は両手を広げて謎のポーズをキめています。完全にヤムチャキャラだった佐々部くんですが、この技は真田の究極奥儀の一つ

    22

    風林火陰雷山の「雷」とは、雷は光の速さでどこにでも現れ、落雷にも似た、ほぼ直角に曲がる打球で相手を恐怖のドン底に突き落とす恐ろしい技なのです。手塚ですら、まともにプレーしてはボールに当てる事すらできず、手塚ゾーンで強引に引き寄せるしかありませんでした。そう考えると、佐々部くんは「この佐々部様がウジ虫共を退治してやんよ!」と喋りながら、ボールをラケットに当てていたので、実は相当な実力者なのかもしれません。これが高校生の実力か…。

    さらに、アニキと呼ばれた5番コートの鬼十次郎(高3)、3番コートの入江奏多(高3)、一番コートの徳川カズヤ(高2)は、かなりのプライヤーのようです。赤也は徳川カズヤに睨まれただけで、体が動かなくなり足腰が震えていました。すかさず、木手永四郎が「このU-17合宿。思ったより化物がいる様ですねぇ」と、何故か上から目線で見下していました。

    しかし、本当に恐ろしいには大物ぶった高校生も、所詮は2軍だということ。許斐先生が設定を忘れていなければ、1軍20人は韓国に遠征中なのです。まだまだ上がいるということ。オラ、ワクワクしてきた!

    今回の「新テニスの王子様」は、本当に凄い。許斐先生の実力が完璧に発揮されています。どのページを見ても笑える