• スポンサードリンク

    「キン肉マン」帰ってきたキン肉マン

    コメント(1)
    今年は「ドラえもん」の世界ではタイムマシンが発明された年でもあり、「キン肉マン」が誕生して29周年に当たります。「にく」で「29」という事で、いち「キン肉マン」ファンとしては、何かないかとドキドキしていました。アニメ版を全て収録した「キン肉マン コンプリートBOX(AA)」発売に続いて嬉しいニュースが。

    週刊少年ジャンプ29号に「キン肉マン」が読み切りで登場。

    へのつっぱりはいらんですよ!

    …と、嬉しさのあまり言葉の意味はよう分らんが兎に角凄い自信的なコメントをしてしまいました。しかも「Ⅱ世」ではなく、正真正銘のキン肉スグルの話ですよ。

    そもそも元祖「キン肉マン」の最終回は、今まで死んだ超人を生き返らせて、キン肉フェニックスを抱きかかえて終了と何とも中途半端な終わり方だったわけで、今回ジャンプで収録されている話は、その後のビビンバとの結婚話。キン肉星で、結婚式を今から挙げるというところ。そこには、数々の超人がお祝いに駆けつけていました。

    20
    お祝いに駆けつける超人たち

    フェニックスマン!?

    スパシャルマンとかカナディアマンとかの雑魚と一緒に満面の笑顔でお祝いに駆けつけている超人は、フェニックスマンなのでしょうか。扱いがジェシー・メイビアより後ろという所がミソなのですが、ラスボスだったくせに「キン肉マンⅡ世」でまったく登場せず、行方が最も気になっていた超人ですが、こんな微妙な扱いを受けているとは、さすがゆでたまご先生です。

    そして結婚式が始まろうというのに、キン肉マンが見当たりません。何でもマッスルベルが29回の祝福の鐘を鳴らし終わると、結婚は破談で即座にキン肉マンは王位継承権を失い永久追放だとか。凄いとって付けたような設定ですが、以前にブタに王位を取られた星だけあります。

    一方の地球では、キン肉マンの家に戦友達が集っていました。何でもキン肉マンは、この戦友達とガチンコ(真剣)のスパーリング(練習試合)をやりたいとのこと。挑発されて戦友達もヤル気満々。一番手はウルフマン

    21
    一番手ウルフマン

    ウルフマンとの対決は超人オリンピックで実現していますが、あの時は相撲対決だったので、ちゃんとした試合はこれが始めてです。そして、ミートくんの叫びに違和感バリバリなんですが。

    正義超人の中でも精鋭といわれる強者7人を相手にガチスパーリングなんて」

    …え。

    ウルフマンって正義超人の中でも精鋭7人だったんですか。7人の悪魔超人編ではスプリングマンに体をバラバラにされて死亡、悪魔六騎士編ではキン肉マンに命を与えて死亡、夢の超人タッグ編ではブロッケンマンJr.とタッグを組むものの、乱入してきた完璧超人に敗れさりました敗れた後も作中で登場しているにも関わらず、アシュラマンの腕に加わっていつの間にか死んでいたことになってしまいました。王位争奪編では出番無しと…、3回も死んで、何の役にも立たなかったはずですが。最後の死は今でも謎ですが

    ネプチューンマンが正義超人かどうかは知りませんが、ジェロニモよりも確実に役立たずだったのですが…。評価はジェロニモよりも上なんですか。ゆでたまご先生の考えは分りません。案の定キン肉マンに2ページで敗れ去りました。

    続く相手はブロッケンJr.。親子揃ってラーメンマンに敗れ去った為に、キン肉マンとは初対決となります。ブロッケンJr.は、いまいち雑魚っぽかったのですが、VSザ・ニンジャやVSプリズマンなど、地味に名勝負をしたりもしました。キン肉マンVSブロッケンJr.の対決、これは夢の対決なのですが、ページの都合からか3ページで終わってしまいました

    続く相手はラーメンマン。ロビンマスク同様、キン肉マンの仲間として最後まで戦力になった貴重なやつです。ロビンマスクは、「おおーっあれは第20回超人オリンピックでのキン肉マン戦で、ラーメンマンが両手にはめていたオープンフィンガーグローブだ!」と解説していました。

    あの時、オープンフィンガーなんて付けていましたっけ…。氷上デスマッチだったから、ただ寒いために手袋してたと思ったんですが、オープンフィンガーグローブだったんですか。

    22
    グローブ

    やはり何度見ても、当時はオープンフィンガーではありません。ま、いっか…ゆでたまご先生だし

    キン肉ドライバーでラーメンマンを倒し、続く相手はウォーズマン。ウォーズマンといえば、機械超人のくせにヒゲを剃っていたというエピソードもありました。

    キン肉マンとの対決は超名勝負で、心を失くし、「コーホーコーホー」しか言わなかったのに、始めて喋ったのは感動的でした。その後はバッファローマンとかネプチューンマンといった強敵ばかり当てられカマセ犬になってしまいましたが、ちゃんと闘えば強いんです。ついにキン肉マンをギブアップさせました

    続く対戦相手のバッファローマンに気遣いまで。

    23
    バッファローマン

    五人目でようやくギブアップか、ガンバッた方はねえか?そろそろやめにするか?」

    一人目ウルフマン、二人目ブロッケンJr.、三人目ラーメンマン、四人目ウォーズマン…。

    あの、まだ四人目なんですけど。ゆでたまご先生の魅力といえば、いきあたりばったりで後で読み返すと矛盾だらけの設定です。四人目なのに五人目と言ったのも、おそらくミスなんだとは思いますが、ジャンプの編集も気付いていながらあえて直さなかったんでしょうか。ゆでたまご先生らしくあるために

    そして五人目バッファローマンにボコボコにされ、続くロビンマスクにもボコボコ。キン肉マンはロビンマスクとの以前の戦いを思い出します。

    「フフ…そうだったよなァ…私が初めて一流の超人ってやつと、は…初めて肌を合わせたのが、こ…このロビンマスクだった…」

    第20回超人オリンピック決勝で闘った2人。ロビンマスクは足を怪我していたテリーマンに苦戦しまくって決勝へ。そしてキン肉マンの準決勝の相手はラーメンマンでした。初めて一流の超人と肌を合わせたって…ラーメンマンは一流ではなかったんでしょうか。

    最後の相手は親友テリーマン。お互いにぶん殴り合う姿は燃える。全員がスッキリした姿に友情というものを感じました。こうして、宇宙一の友達から素敵なプレゼントを貰って、何とか一人結婚式に間に合いました。

    24
    ラスト

    まさに大団円。「キン肉マン」の最終回が、ちょっと中途半端だった感がありました。フェニックスを抱きかかえて、死んだ超人を生き返らせて終わりというのは、この後どうなるのと思ってしまうわけで。今回の話こそまさに「キン肉マン」の最終回に相応しい大団円でした。

    宇宙一の友達は結婚式に参加するようなキャラではないので、最後にプレゼントとしてガチ対決。燃えるし感動的じゃないですか。そういえば、「Ⅱ世」でも結婚式の様子がちょこっとありましたね。

    25
    「Ⅱ世」での結婚式のシーン

    宇宙一の友達が結婚式に参加してたり。まあ、ゆでたまご先生だしね。オッケーイ!

    スポンサードリンク
  • 「エム×ゼロ」連載終了

    コメント(0)
    エム×ゼロ」の連載が終了してしまいました。突然の転校話でどう見ても打ち切りでした。今の週刊少年ジャンプでラブコメ路線を生き残るには、美少女宇宙人が気付くと全裸で隣に寝ていたりローアングルから無駄にパンチラしまくって主人公が可愛い女の子になるぐらいじゃないと生き残れないのでしょうか。

    さて、「エム×ゼロ」にはヒロインが2人いました。

    9
    柊愛花 / 観月尚美

    メインヒロインは柊愛花ちゃん。九澄が入試試験の面接で一目ぼれした親父ギャグに弱い天然娘。もう一人は観月尚美ちゃん、部活勧誘の時に知り合って大賀に惚れてしまったツンデレ娘です。

    愛花は入試で九澄が魔法を使えたらという質問に「世界征服」と解答して笑ってしまった事をずっと気にしていたようです。九澄が転入して来てもいきなり抱きついてきた事でツンツン態度で接していました。話しかければ「私に話しかけないで!!!」と完全拒絶。しかし体育倉庫に閉じ込められた時に、九澄が魔法を使わないで自力で脱出しようとする姿を見て態度が軟化。まあ九澄は魔法が使えないんですが。九澄の必死の姿を見て泣きながら感動するのでした。

    「私…恥かしい…九澄くんがこんなに実直な人だなんて知らなかった…。ヒドイ人って決めつけて勝手に怒って意固地になって…」

    九澄の設定はゴールドプレートを持っているほど凄い魔法の使い手ということになっていますので、あえて魔法を使わない手を血まみれにしてでも自力で脱出しようとする九澄の姿を見て感激し、いきなり抱き付いた事は有耶無耶に。

    別に魔法を使わない実直な人というのと、いきなり抱き付いたというのは微塵も関係ないと思いますが。「抱き付いた→ヒドイ人→実直な人」ときて抱き付いた事は不問ですか。そして「九澄くんの事…信じてるから」と言い出してしまいました。お前は、もし凶悪犯罪者が捨て犬拾っている姿を見て、実は優しい人と全て不問にするのか、と。まあ、可愛いからいっか。そして乳を揉もうものなら…。

    10
    乳揉まれ…

    …もー…今回だけだよ?つ…つぎは怒るからね!!

    オッケーイ!

    そして、九澄が執行部に入るとクラスに殆どいなくなってしまい、寂しそうな顔をしたり、友人にも冷やかされたりするのでした。

    気にしてんのは執行部の黒髪の先輩だろ?
    「ちょっ…何言ってんの久美」

    冷やかされるって事は、回りから見ても愛花も九澄に対していい感じの態度だと感じているって事ですよね。オッケーイ!そんなニヤニヤしてしまう関係の2人でしたが、もう一人のヒロインが登場です。薬品部のホーレンゲ草という、ホレ薬にも使える薬品を嗅いでしまった九澄は、観月に「ムッハァ~(ハート)好きだ~!!!ずっといっしょにいて!!」と抱きつきながら愛の告白。そこを目撃する愛花。

    11
    目撃

    どう見ても怒っています。そして怒って走り去ってしまうのでした。九澄が誰と仲良くしても関係ないといいながら、怒った態度を取りながらも「あの九澄くんを見た瞬間、湧き出たイヤな気持ちは…」と思う愛花。超オッケーイ!ラブコメでニヤニヤできる三大原則は、エロ、赤面ともうひとつは嫉妬です。また嫉妬こそが最も重要なファクターであることは「うる星やつら」からの常識です。

    そして、愛花に誤解を解く為にホーレンゲ草を取る為に洞窟探検をする事になりました。九澄と観月が2人で取りに行くと聞いて自分も行くと言い出す愛花。後で「私…なんでついて来ちゃったんだろ」と言い出す愛花には、実にいい仕事してますねと言わざるを得ません。

    洞窟ではもう一人のヒロイン観月のターン。同時期にジャンプで連載開始されたもう一つのラブコメと違って、「エム×ゼロ」は基本的にサービスシーンが少ないのですが、観月はのっけからパンチラしたり、スカートの中に顔を埋め込まれたりゼリー状の液体ににゅるにゅるブルブルと襲われてしまいました。

    12
    にゅるにゅるブルブル

    なるほど観月はエロ担当ということですね。わかります。

    結局、洞窟での一見で観月は九澄に「この女陥落(おち)たッ!」状態となってしまいました。再登場した観月は髪型を変えてショートカットに。観月曰く「なんか昨日の私の印象サイアクっぽいからイメージ変えようかなー…なんて思ったりして…」とのことでしたが、作者叶恭弘先生は後に観月ショートカットについて以下のようにおっしゃってました。

    後に髪を切ったのは、元の髪型を描くのが案外手間取って大変だったからです。

    ミニスカートのくせに魔法は空飛ぶというエロ担当ヒロイン。クラス対抗戦では頭の中身がお花畑でした。実際に九澄と対峙すれば、想像通りの言動を取られれば、顔を真っ赤にして逆切れ。オッケーイ!

    夏休み前に九澄を取り合う愛花と観月にはニヤニヤ。DAIさん帝国さん風に言うならニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録ものです。

    13
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半

    こいつはヤバイですね。今までオーバーニーソックスで絶対領域を強調してたくせに、普通のソックスに変えるなよ!という突っ込みすらバカらしくなってしまいます。しかし、2人の記憶は消えてなかったことに。もっと、この2人で九澄を取り合う出来事があれば、ニヤリングしローリング&ワープして宇宙殺法出来たのに。

    結局夏休みの間に九澄とは一度も会えなかった観月。久々に会えばドキドキして顔真っ赤にしながら恥かしくて走り去ってしまいました。

    ど、ど、ど、ど~しよ。全然会ってなかったから、顔見たらテンパっちゃったー。カオがカオが熱い~~

    ダメな娘です。しかし、この空回りっぷりがまたニヤニヤしてしまうのも事実。

    こうして見ると柊愛花も観月尚美も甲乙つけがたいですね。こうなるとどちらと結ばれても満足です。愛花が本命ですが、かつてジャンプラブコメには「いちご100%」で正ヒロインが地味に最後を飾ったこともありますので、まだ分りません。そして迎えた最終回。突然、九澄に転校の話が出てきます。果たしてどちらと結ばれるのか…。

    14
    ラスト

    HappyEnd

    「エム×ゼロ」のヒロインはルーシーオッケーイ!