• スポンサードリンク

    「新テニスの王子様」の岳人にニヤニヤした件

    コメント(1)
    水無月すう先生の「へ~ん・しん!!~そなたバーディ・ラッシュ(AA)」の2巻が発売されました。これは本当に頭が悪いですな(褒め言葉)。今回はそなたの活躍もさることながら、貧乳の佐野さんが素晴らしいな。さらに、円宗寺と鷹さんの対決が、大変なことになっていました。

    6
    大変なことに

    オッケーイ!
    私は、この漫画は可愛い女の子がエッチな格好でパンチラなどをして恥ずかしがっている姿をニヤニヤして楽しむ、一種のセクハラのような楽しみ方をしていました。もちろん、それも正しいのですが、エッチなシーン自体が非常にマーベラスなのです。貧乳も巨乳も素晴らしいという結論に達しました。

    というかノリが完全にゲーセンにある脱衣麻雀ですよ。脱衣ゴルフです。いいぞ、もっとやれ。一つ気になる点は、円宗寺はスポーツをする時でも非常にエロい下着姿なんだな、と。素晴らしい。

    さて、スポーツといえばコミック37巻んのオビで、NO.1スポーツ漫画と自称してしまった「テニスの王子様」が真っ先に思い浮かびます。先日「新テニスの王子様」の1巻も発売され、ますます盛り上がりを見せています。(オレの中で)


    コンビを組んだ相手とシングルス対決をして、負けた方が退場という無情な対決始められたのです。来て鬼先輩のあり得ない筋トレを目撃して、逃げだしたばかりの1年生トリオが、コートに到着したばかりなのにも関わらず、こんな事を言い出します。

    7
    壇くん

    ダダダダーン大変ですっ!!ペア同士でタイブレークを行い…負けた方は脱落って!?」

    1コマ前では必至で鬼先輩から逃げていただけなのに、金網越しでコートを覗き見しただけで、状況を把握。素晴らしい状況把握能力です。ダダダダーン

    忍足(メガネ)VS日向の氷帝ダブルスの対決は、7-0という圧倒的な差でオッシーが勝利。負けたがっくんは、悔しがりながら敗北の理由を述べていました。

    8
    岳人

    「くそっくそっ侑士め!!心を閉ざしやがって

    心を閉ざしたからテニスの試合に負けただと…。
    …、何度読んでも意味が分かりません。岳人の敗北の理由は侑士が心を閉ざしたことのようです。これは、桃城が全国大会で心を読めるという設定が出来、それに対抗して侑士が心を閉ざしたという、許斐先生の一発ネタだったと思っていましたが…。とてもテニス漫画の台詞とは思えない、ハイレベルなセンス。しかし、この発言は一体全体どういうことなのでしょう。

    岳人は、関東大会の青学戦で菊丸のアクロバティックの更に上をいく動きで、コート上でピョンピョン飛び跳ねていました。岳人は、一気に試合を決める速効型のムーンサルト殺法の使い手だったのです。コート上を無駄に飛び回る技で、スタミナのロスが激しいのでした。

    9
    関東大会の岳人

    岳人の奴、もう体力落ちてるぜ

    接戦になり、序盤から無駄にコート上で飛んでしまいスタミナ切れで敗北してしまいました。同じチームメイトの跡部様には「接戦になる事くらい考えとけっての」、宍戸には「相手をナメてかかるとこうなる」とボロクソに言われていました。

    さらに、宍戸&鳳ペアには油断して負けたと言えば跡部様からは「油断?だから負けんだよ!バーカ」と、バカにされてしまいました。

    岳人は、関東大会でスタミナ切れをし、チームメイトからボロクソに扱下ろされるという散々な内容でした。この敗北を糧にし、全国大会で再び青学と戦うことに。

    岳人は、関東大会でスタミナ切れという弱点を露見。弱点がはっきりしたので、そこを強化するのかと思いきや、この男は全国大会ではスタミナが切れる前に勝負を終わらせるという方法を取るのでした。そして、案の定ズタミナ切れ

    10
    全国大会の岳人

    まるで成長していない…。(安西先生)

    持久戦に持っていくという同じ策略にはまり、再びスタミナ切れを起こして敗れてしまいました。スタミナが弱点なら、普通スタミナ強化をしそうなものですが、がっくんはそんな事を一切しません。流石です

    岳人の思考回路は「スタミナ切れで負けた→スタミナが切れる前に勝つ」というものでした。そして、「新テニスの王子様」の岳人は、恐らく、さらに考えたことでしょう。

    スタミナが弱点で、スタミナが切れる前に試合を決めようとしても、相手が持久戦をしきて結局スタミナ切れを起こす。それでは、どうするのか…。岳人は一つの方法を導き出したのではないでしょうか。相手が持久戦狙いかどうか分かれば勝てるのではないか、と。

    そう考えれば、「心を閉ざしやがって」という謎の台詞が繋がるのです。 「心を閉ざしやがって」と悔しがるということは、逆に考えると、岳人は心を読むということ。きっと岳人は心が読めるようになったんですよ!

    スタミナが弱点→スタミナが切れる前に勝つ→持久戦でこられると勝てない→相手が持久戦を狙っているかどうか分かればいい→心を読めるようになる

    恐らく、相手の心を読めるようになる為に、想像も出来ない努力をしたことでしょう。

    あ、ちなみに全国大会編で、岳人と同じくスタミナ切れをした日吉はスタミナ切れを起こした事で、あれから成長して普通にスタミナを強化して跡部様に関心されていました。

    11
    跡部様

    日吉よ…キサマが苦手な持久戦は、もう克服できたようだな

    来年の氷帝を引っ張る日吉は、弱点であるスタミナを強化して持久戦も出来るようにしました。これがナンバーワンを目指す男ですね。というか、これが普通です。我らの岳人は、関東大会の時点でスタミナが弱点だと判明したのに、スタミナを強化するということを一切せずに、スタミナ切れる前に勝つ、相手の心を読むと、斜めに努力したのです。これがオンリーワンの男ですよ。

    さすが岳人!俺たちに出来ない事を平然とやってのける(ry

    いや、やっぱ岳人は面白いわー。これで退場はもったいないですよ。あと、すげぇ気になるのは、岳人と侑士の怪しい関係

    12
    ガックン&オッシー

    「そーいや侑士…さっきコーチがボール取れなかった人は帰れって言ってたよな?」
    岳人…声デカいでぇ」

    そして試合後の 「くそっくそっ侑士め!!心を閉ざしやがって」、「堪忍な岳人…残念やったなぁ」。お前らいちいち会話する度に、下の名前を呼び合うのな。本当に仲が良いこと

    と、そんなやり取りを見て、何故かニヤニヤしてしまいました。あー、ヤバイ、俺も重症です

    スポンサードリンク
  • 「新テニスの王子様」AHAHAHAHAスーパーテニスの出番だべさ

    コメント(0)
    「エンマ」の3巻が発売されました。あらゆる時代、あらゆる場所に、冥界より現れる少女エンマ。無駄な殺生を止める為に、今後、無駄な殺生をする者の骨を抜く、1話完結物。


    3巻では、今までになかった未来の世界の話があったり、初めてエンマが骨を抜く事が出来なかったりと、今までになかった出来事があり、1話完結物なのに、まったくマンネリ化していません。マーベラス!

    さて、ジャンプスクエアで好評連載中の「新テニスの王子様」は、また2話同時掲載で、ファンには堪らない素晴らしい内容です。桃城と5番コートの鬼十次郎が入れ替え戦をすることに。鬼に桃って、桃太郎のつもりなんでしょうか。相変わらず、許斐先生のセンスには脱帽です。ちなみに、鬼のラケットはといえば…。

    18
    鬼のラケット

    …え。
    ガット2本張ってあるだけのラケット。こんなラケット見ても 「随分スカスカしたラケットっすね?」とサラリと流す桃城。流石、許斐先生です。まさか開始1ページで笑わせてくれるなんて。なにかがおかしい(主に頭が)。

    桃城は得意気に「この『入れ替え戦』勝ったら俺5番コートっすね」と言い出せば、鬼は「無い」と一蹴。無いのは鬼のラケットのほうですが、いよいよ試合開始。どうやら、この入れ替え戦は、コーチが独断で、試合する面子を決めてるようで、それを羨ましがる中学生軍団。その様子を見て…。

    19
    様子を見て…

    「おいおい」
    「何も判っちゃいねーな鬼さんを…」

    と、平理とん平(高2)と天神耕介(高2)が汗をかきながら解説をはじめます。って、お前らまだいたのかよ。と思ったら、この2人はボールが取れなくて帰ったように見せかけて、前回の話で鳳にボールを恵んで貰っていました。

    20
    ボールを恵んで貰う雑魚

    あれだけバカにしていた中坊にボールを恵んでもらい、お情けでこの場に残った、とん平と耕介。にも拘わらず、偉そうに鬼の凄さを「何も判っちゃいねーな」と、この2人の神経が判らないです。2人曰く…。

    「5番コートにいるものの何故か上のコートとの対戦がなく、下から上がって来る者をことごとくブチ落としてる。付いたあだ名が『地獄の番人』」

    上との対戦がないって、コーチに嫌われているんでしょうか。しかも、周りには地獄の番人なんて面白いあだ名まで付けられて。地獄の番人って…。

    鬼を見た桃城は「…なるほど。この人、今までの高校生とは明らかに違う」。何がなるほどなのかはまったく分かりませんが、桃城は鬼の強さを見ただけで肌で感じています。ただ単に、見た目が強そうだっただけかもしれませんが。桃城は全国大会を前に天気が分かる、クソの役にも立たなかった特技を身に着けましたが、その類なのかもしれません。

    いよいよ試合開始。弾丸サーブを叩き込むも、簡単に打ち返されてしまいます。というか鬼のかけ声が面白すぎです。「上げて来いやぁ!!」、「逃げずに来いやぁーっ!!」、「ハッハァーッ!」。対して桃城は必殺技のジャックナイフを繰り出します。

    「オレ達、中学生選抜を…ナメないでくださいよ!!」

    ボールを取れなかった高校生をバカにしたり、「このU-17合宿、思ったよりも化物がいる様ですねぇ」など、完全にナメていたのは中学選抜のほうな気がしますが、鬼はジャックナイフを、威力が桁違いのジャックナイフで打ち返します。ガット2本で。これが本物のジャックナイフだそうです。

    21
    本物のジャックナイフ

    本物なのに「ブラックジャックナイフ」とは…。本物は黒いということでしょうか。センスが分かりません。威力は桃城がラケット握れなくなる程度。ショボっ…

    もはや、数十メートル人間が吹っ飛び、柵に人間がめり込み、悪魔に変身したり、早すぎてショットを打つのが見えない世界で、今更この程度の破壊力ではガッカリです。結局、手も足も出なくなり、桃城は「1球でいい。1球だけでも」と勝負を諦めてしまいました。50人と言っても、上と下の戦闘能力の差はフリーザとタンバリンぐらい離れているしなぁ。

    で、新しいコーチ斎藤至43歳(2m16㎝)が現れ2人組を作れと言いだします。ダブルスと勘違いした中学生軍団は、仲が良い奴と組みます。そして組んだ相手と試合し、負けたほうが脱落と言い出しました。取りあえず、判明している組み合わせは以下の通り。

    忍足-向日
    仁王-柳生
    大石-菊丸
    神尾-伊武
    蔵兎座-リチャード・坂田
    幸村-真田
    宍戸-鳳
    裕太-周助
    甲斐-木手

    跡部-日吉
    手塚-海堂
    乾-観月
    亜久津-河村
    桐原-柳
    金太郎-千歳
    橘-門脇
    樺地-芥川
    知念-田仁志






    仁王と柳生とか、乾と観月など地味の良カードです。しかし、兄弟対決とか黄金ペアの対決が霞んで見える謎の組み合わせが出来上がりました。

    クラウスさんの対戦相手が、リチャード・坂田です。さらに、橘吉平の相手はスーパーテニスの門脇悟と、なんでお前らが選ばれてるんだよという凄い面子です。

    22
    門脇 / リチャード・坂田

    AHAHAHAHAHA、黄金カードってレベルじゃねーぞ。

    「俺のスピードには誰もついて来れねぇだべさ」と「AHAHAHAHA!」と笑うくせに東北弁なまりだったリチャード・坂田(3ページしか試合シーンなかった)。伊武相手に1コマで敗れ去りスーパーテニスを披露できなかったように見せかけ、「…なんだよスーパーテニスって普通じゃん」と言われてしまった門脇。やべぇ、この2人の試合が超楽しみなんですけど。