• スポンサードリンク

    「ワンピース」新章開始!2年後とか世間の情報とか

    コメント(1)
    はじまったな!(挨拶)
    なにが始まったって「ワンピース」に決まってるじゃないですか。597話"3D2Y"から1ヵ月の休載を得て遂に今週の週刊少年ジャンプ(44号)から「ワンピース」が復活しました。

    o1
    週刊少年ジャンプ44号

    ジャンプの表紙を飾り、カラー扉絵で連載再開。のっけから驚かされたのは598話"2年後"の見開き扉絵の構図が1話「ロマンスドーン-冒険の夜明け-」とまったく同じ構図な事。尾田っちは扉絵からやってくれるというものです。

    海軍本部と王下七武海VS白ひげ海賊団による頂上戦争より2年後、ルフィ達の航海が再開です!まず2年という月日で、キャラがどのように変わるのかという点に刮目です。かの「ドラゴンボール」では作中で3回目の天下一武道会が開かれた時、孫悟空含め仲間のあまりの変貌に衝撃を受けたものです。果たして「ワンピース」はといえば、まずハンコック。2年前は29歳でしたの31歳になってしまいました。

    o2
    ハンコック

    バカな…三十路を越えて尚、可愛くなるというのか!
    信じられません。というのも、ナミは20歳になりロビンは30歳になり、どちらも艶めかしく色気がアップしていました。ナミもロビンも年齢を重ねると共に大人の女性になっているのに、ハンコックは31歳になって可愛さがアップですよ!

    しかもサラッと「わらわは、とても良き妻になれると思うぞ」と、結婚をアプローチ。しかしルフィは「結婚はしねえ!」と即答。ルフィ~お前って奴は…と憤慨するも、2年前なら「ドラゴンボール」の孫悟空に宜しく食べ物と勘違いして快諾しても不思議じゃありません。

    しかし、ルフィは結婚の意味を理解しており、その上で「結婚はしねえ!」と振るのです。つまり、ハンコックの気持ちに気付いているのです。これはラブコメ風に言えば、ドキッ鈍感なアイツが気持ちに気付いちゃったぞ☆です。大いなる進歩ですよ!

    と、危ない危ない。このままでは今日はハンコックオンリーのエントリー(ブログっぽい)になってしまいます。久々のハンコックを拝んで熱くなってしまいました。で、他に気になったのはゾロ

    o3
    ゾロ

    右目に傷跡があります。右目を潰されたのか瞼を閉じているだけなのかは分かりませんが、あの海賊王の右腕、ロジャー海賊団の副船長レイリーと同じ右目の傷跡というのは震えます。やっぱりゾロは麦わら海賊団の副船長なんだと鳥肌です!

    そして、船長ルフィ。2年間の修行で覇気を習得できたのでしょうか。何よりもルフィのビジュアルの変化に期待です。

    o5
    ルフィ

    変わり過ぎだろ!誰だよお前は…。
    と、驚愕してしまいましたが、これはルフィの偽物。なんと2年間音沙汰なかった麦わら海賊団の偽物が登場していたのです。ルフィ以外にも、まったく似ていない偽物の麦わら海賊団。一見するとただのギャグなのですが、これは重要な出来事ですよ。

    ルフィを含めて表舞台に登場していなかった麦わら海賊団。シャボンディ諸島では、偽物の麦わら海賊団が仲間を募集している話題で持ち切り。

    「―しかし驚いたな。2年も音沙汰なく完全に『死亡説』が信じられてた、あの"麦わらの一味"が突然この島に現れたんだ!!」

    ルフィ達は2年間音沙汰がなかったようです。そして死亡説が信じられる中に偽物登場。つまり、行方不明で生死不明の大海賊には偽物がその名を名乗るという事が今後もあるかもしれません。この勝手に名乗る偽物という設定は、新世界でもありそうです。

    麦わら一味だけでなく、2年経過し世界情勢も大きく変化している感じ。今の新世界では"キッド"や"ドレーク"が新世界を掻き回しているだとか。また、ハンコックが健在だったのでハンコックは七武海のままようですが、頂上戦争ではジンベエと黒ひげが政府を裏切りモリアさんは死んだ事になっているので、3人の七武海がいません。さらに、白ひげが死んで世界の均衡が崩れてしまったので、七武海の必要性も疑問ですけど…。世界は一体どうなってしまったのか…。

    そしたら、ナミが飲んでた酒場でマスターとの会話がとても興味深い内容だったからビックリです。というか違和感が半端じゃない

    o10
    酒場の親父とナミの会話

    マスター「海軍本部が場所を移したの知ってるかい?アンタ
    ナミ「ここからすぐそばの『マリンフォード』じゃないの?

    この2人はとんでもない会話をしていますよ!
    まず、ナミがいたのは空島ウェザリア。空島なのにも関わらず青海の様子を知っていたのは興味深い点です。

    o7
    ウェザリアの人々

    ルフィの話になれば「およおよ、こやつか!先達ての戦争で戦場をひっかき回したという…話題の麦わらのルーキー!」と、つい先日の事件もバッチリ知っていました。どういう手段かは知りませんが、空島ウェザリアの人たちは下界の新聞を読んで世間に何が起こっているか知っているのです。ですので、ウェザリアにいたナミは、新聞などできちんと世界の様子を把握しているのはずです。

    にも関わらず、ナミは海軍本部と新世界にあった支部G1との入れ替わりを知りませんでした。それどころか酒場の親父は「知ってるかい?アンタ」と、ここだけの話という口調で語っています。つまり、世間の誰もが知っている事ではなく、海軍本部とG1が入れ替わったというのは、表立ったニュースで流れていないという可能性が非常に高いのです。極秘に新世界に海軍本部が引越したと思いきや…。

    絵写されたマリンフォード(旧海軍本部)は…。

    o8
    現・海軍支部G1

    思いっきり要塞に「G1」と書かれています
    なんでやねん!ナミは100歩譲って、あの時たまたま新聞があっただけで知らなかったのも有りですが、酒場の親父の 「海軍本部が場所を移したの知ってるかい?アンタ」という言い方は、世間には知られていないここだけの話だけど…というものでした。

    チェス盤をひっくり返してみると、あら不思議。謎は全て解けた。明らかに要塞は「G1」と書いて支部扱いしているのに、世間には知られていない…つまり勝手に引っ越して、それを世間に公表するなどというめんどくさい手順を踏んでいない!何というズボラさとだらしなさなのでしょうか!

    こんな重要な事を世間に公表せずに、勝手に引っ越しておいて、特に別に極秘にするわけでもないというあやふやさ。こんなだらけた海軍があるのでしょうか…。ええい!木津千里並みに、きちっとしてたセンゴク元帥は何をしている!

    o9
    センゴク(2年前)

    「―それよりコングさん、時期『海軍元帥』に私から"青キジ"を推薦したい」(2年前の台詞)

    !?

    o11
    だれけた正義

    センゴクが推す新元帥は青キジ。青キジが掲げるものは「だらけた正義」。パズルがピタッとハマるとうに、ナミと酒場のマスターの会話の違和感がすーっと解決してしまいました。新元帥が青キジならば、世間一般に海軍本部引越しを公表せずに、でも堂々と引っ越すという、だらけた海軍はある!

    さらに、酒場のマスターは続けて言い出します。

    「RLを挟んで対になってた支部『G1』と場所を入れ替えたのさ。これがセンゴクに替わる新"元帥"の覚悟!『四皇』のいる海に直接『本部』を構えたんだからな」

    海軍の元帥はやっぱり変わっています。どうやら、だらけた正義を掲げる青キジがセンゴクの推薦通りに海軍のトップになり、文字通りだらけた正義を通していそうです。

    そういえば、世間の情報に疎いといえばロビンが最も今回の注目ポイントでしょうか。何者かに追われており、逃亡をしている感じ。そして、シャボンディ諸島で知る出来ごとに、ただ驚いていました。

    「ブルックのライブ…??」
    「"麦わらの一味"…仲間募集?」

    o12
    ロビン

    一体どうなってるの…?ソウルキング??

    「ソウルキング??」と困惑。
    偽麦わら一味が行った仲間募集が意味不明なのは分かりますが、ブルックのライブに驚き、ソウルキングを知らないというのはちょっと信じられません。

    そもそもブルックは手配書があるものの生前のものなのでガイコツになったブルックには誰も手配書のブルックだと気付きません。偽ルフィ一味もブルックの偽物を配置してないし、そもそもブルックは政府に麦わらの一味扱いされていません

    だからこそ、ライブなんかを開催して今や世界一のミュージシャンになれたのです。

    o13
    大スターのブルック

    世間では「あの大スター"ソウルキング"ブルック」とか「ソウルミュージック界の王」と呼ばれる、世界的な大スターとなったブルック。ひょっとしたら、麦わら一味で最も有名になってしまったかも知れません。世間一般の人々は大スター扱いし、シャッキーは「ブルックちゃんも今日ライブで来てるから」と、サンジもブルックがソウルキングとなっているのを前提で会話しています。

    そんなブルックを「ブルックのライブ…??」「ソウルキング??」と、まるでブルックを把握していないロビン。どういう事でしょうか。だってロビンは、世間一般には極秘扱いされたクロコダイルを倒したのがルフィだと把握してた情報力に定評がある革命軍にいたはずなのに、大スターのブルックを知らないというのはおかしい!

    o14
    革命軍にいたはずじゃ?

    「ルフィ…あなたのお父さんの下で世界の流れに身を投じれば…少しは強くなれるかしら」などと思っていたロビン。2年間、革命軍に身を置いて過ごしているかと思いきや。誰もが知る大スターのブルックを知らないなんて情報弱者にも程があります

    考えられる理由は一つ。ロビンは革命軍にいなかった。少なくとも、新聞などのニュースを仕入れたり、音楽を聴くという娯楽が出来ない環境下で生活していたのです。さらにロビンはシャボンディ諸島で何者かに追われていました。

    一体誰に追われているのか。真っ先に思いつくのは世界政府。しかし、ロビンの追ってへの支持は「殺すなよ」というものでした。ロビンを殺さずに生け捕りにしろという命令で追っていたのです。世界政府が発行しているロビンの手配書には「DEAD OR ALIVE」(生きていようと死んでいようと)と明記されています。

    o15
    「殺すなよ」 / 生きていようと死んでいようと

    おかしい。ロビンは生死を問わずの賞金首なのに、この追ってはロビンを生け捕りしようとしています。ロビンの最大の特性は、古代文字の解読に成功したオハラの生き残り。今の世界では、ロビンだけが古代文字を解読できるのです。ロビンを追う者達は、古代文字の解読の為に生け捕りにしようとしていると。

    ロビンが大スターのブルックを知らない→情報強者の革命軍で生活してない→ニュースや音楽がない生活→ずっと逃亡生活。2年前は明らかに革命軍に身を置く様子だったのに、これは…?偽ルフィの「おれは革命家ドラゴンの息子だぞ」という台詞から革命軍は今でも健在。つまり、ロビンは革命軍から逃げて追われている感じ。これは、今後の物語で重要な出来事になりそうです。

    再開して1話目で、なんという面白さ!はやく続きが読みたいというものですよ。で、今回のまとめとしてはナミとロビンの乳がけしからんという事です。

    o16
    ナミ&ロビン

    素晴らしい艶めかしさです(結論)

  • 「ワンピース」ロジャー海賊団はラフテルに上陸したのか!?

    コメント(13)
    もうすぐ「ワンピース」の連載が再会されます。今から胸が熱くなってドキドキしているというもの。果たして、どのような2年後の世界はどのような展開になるのか期待したいところ。

    で、若竹さんの597話の感想。なんと、ロジャー海賊団はラフテルへ到達していないのではないかという目から鱗のような記事。海賊王と呼ばれたロジャー海賊団。本当に、ラフテルへ到達したのでしょうか…。唯一グランドラインを制覇したと言われているロジャー海賊団。

    海賊王は本当に海賊王だったのか!

    14
    ロジャー

    大冒険「ワンピース」の1話1コマ目。それはロジャーの処刑から始まりました。全ての物語は、海賊王の公開処刑に幕を開けたのです。ロジャー処刑時には以下のようにナレーションされて物語が開始されました。
    富、名声、力
    かつて、この世の全てを手に入れた男"海賊王"ゴールド・ロジャー
    彼の死に際に放った一言は全世界の人々を海へと駆り立てた
    ロジャーが死に際に言い放った一言とは「おれの財宝か?欲しけりゃくれてやるぜ…探してみと。この世の全てをそこに置いてきた」。そして、世は大海賊時代を迎えるのでした。それが22年前のこと。ロジャーは財宝をラフテルへ置いて来たと最後に言い残しました。ロジャーの宝は、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)と言われ、人々は夢を持ってロジャーの財宝を目指しました。

    今の「ワンピース」のルフィを含めた海賊達は海賊王になる事を最大の目標としています。ルフィも当然のようにひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つける事を目標としています。幼き日のルフィは、海賊王になる事を誓いました。

    15
    幼き日のルフィ

    「おれはいつか、この一味にも負けない仲間を集めて!世界一の財宝をみつけて!海賊王になってやる!!

    ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけて海賊王になる事を宣言したルフィ。今、1話を読み返して刮目すべきは、海賊王になると宣言したルフィに対してのシャンクスの台詞です。

    16
    ルフィの台詞を聞いて

    ほう…!!おれ達を越えるのか

    幼き日のルフィが言い放ったひとつなぎの大秘宝(ワンピース)を見つけて海賊王になると聞けば、シャンクスは「おれ達を越えるのか」と嬉しそうに言い放ち、麦わら帽子をルフィに預けるのでした。

    「おれ達を越えるのか」とはどういう事なのか。シャンクス率いる赤髪海賊団は、今では四皇の一角として大海賊です。海賊王に近いと言っても過言ではありません。それなのに、「おれ達を越えるのか」とは。海賊王を目指す事を諦めているのか、はたまた海賊王になれないと知っているのか。

    海賊王とはそもそも何なのか。ロジャーが残したという財宝を見つける事なのか、グランドラインの終着点であるラフテルへ至る事なのか。そして、物語りが進みシャンクスが海賊王と呼ばれたロジャーの船員だった事が明らかになります。

    17
    シャンクスは海賊王の船に乗っていた

    「おめェもよく成り上がったモンだぜ…ゴール・D・ロジャーの船の…ただの見習いだった小僧がよ…!」

    海賊王の船の一員だったというシャンクス。という事は、ロジャーの残した財宝であるひとつなぎの大秘宝(ワンピース)の存在を知っているはず…。それなのに、ルフィが「海賊王になる」と宣言すれば、「おれ達を越えるのか」と言い放ちました。おれ達とは、赤髪海賊団ではなく、ロジャー海賊団だったのではないか、と。「新しい時代に懸けてきた」と、意味深に語ったシャンクスですが、何を駆けたのか。

    そもそも、ロジャーは本当にラフテルで財宝を残したのか!

    海賊王ロジャーの相棒で副船長だったレイリー。「"偉大なる航路(グランドライン)"制覇を成し遂げた」「そこからロジャーは世間から"海賊王"と呼ばれる様になった…」とコメントしていました。ロジャーはグランドラインを制覇して海賊王と世間から呼ばれるようになったのです。注目すべきは、グランドラインを制覇したという言い方。グランドラインを制覇ってなんやねん。

    ロジャーは不治の病にかかって、誰も治せない手の打ち様がなかったそうです。そんな中で、当時の海で一番という評判だった灯台守の双子岬の医師・クロッカスだけが苦しみを和らげる腕を持っていたそうです。そしてクロッカスに付き添って貰ったとか。

    18
    海賊王の最後の航海

    不治の病にかかってしまったというロジャー。苦しみを和らげる腕を持っていたクロッカスに頼み込み「最後の航海」に船医として付き添ってもたっらそうです。そして3年後、ロジャーの命を取り止めつつ、"偉大なる航路(グランドライン)"制覇を成し遂げたのでした。

    クロッカスはたった3年だけど仲間だったと振り返ったレイリー。その3年というのが、グランドラインを制覇するまでの3年間。最後の航海に船医として船上したクロッカスは、ラフテルへ至っているはずなのです。海賊王と呼ばれたロジャー海賊団で解散までのラスト3年間を共にした船医。だがしかし…。

    20
    海賊王の最後の航海に付き合ったはずのクロカッス

    ウソップが「じゃ…そこにあんのか!?"ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)"は!」と、ラフテルにひとつなぎの大秘宝があるのかどうかを聞けば「さァな」と言い出してしまいました。

    「その説が最も有力だが誰もそこに、たどり着けずにいる」

    クロッカスはラフテルへ辿り着いたのではないのでしょうか。誰も辿り着けずにいるというのはどういう事なのか。そもそも、グランドラインの最終地点であるラフテルについては、さらに意味深な発言をしていました。

    19
    ラフテルとは…

    「歴史上にも、その島を確認したのは海賊王の一団だけだ。伝説の島なのだ

    ロジャーと共に最後の航海をしたクロッカスは、ラフテルを「確認した」のは海賊王の一団だけだと言い放ったのでした。ロジャー海賊団はラフテルを確認しただけなのか。グランドライン制覇を成し遂げたと世間では言われていますが、終着点に上陸したのかどうかは不明

    シャンクスがルフィの「海賊王になる」という台詞に「おれ達を越えるのか」と言い放ったのは、ラフテルへ上陸していないラフテルへ上陸出来なかったロジャー海賊団という可能性もあります。ロジャー海賊団の最後の航海に付き合ったクロッカスが「誰も辿り着けていない」「その島を確認したのは海賊王の一団だけだ」と、言っていたのはロジャーはラフテルに上陸していないという事なのか。

    副船長だったレイリーはグランドラインを制覇して900年前に始まる空白の100年について知っていると述べていました。

    21
    歴史の全てを知る

    我々は…歴史の全てを知った…

    歴史の全てを知ったと述べるレイリー。その後の、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)の存在については有耶無耶になってしまいましたが、少なくともレイリーは、グランドラインを制覇した歴史の全てを知ったと述べていました。ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは、空白の100年を知るものなのか…。

    そもそも、ひとつなぎの大秘宝(ワンピース)とは、現在では海賊王ロジャーが残した財宝という事になっています。しかし、ロジャー海賊団の最後の航海まで付き合ったクロッカスは「(ラフテルを)確認した」「誰も辿り着けずにいる」と述べていました。レイリーも海を制覇したと言っていただけで、ラフテルへ辿りついたとは言っていません。これはグランドラインの制覇=ラフテルを確認というだけの可能性が非常に高いです。

    ロジャーはグランドライン制覇後に白ひげと花見をしながら酒を飲み交わしていました。

    22
    ロジャーと白ひげ

    ラフテルへの行き方でも教えようか白ひげ」
    聞いても行かねェ。興味ねェからな…」

    ロジャーはラフテルへの行き方を教えようとしていました。行き方を知っていれば、誰でもラフテルへは行けるという事なのでしょうが、上陸とは言っていません

    しかし、白ひげはラフテルへの行き方を聞かなかったのに、死に際に「あの宝を見つければ世界はひっくり返る」「"ひとつなぎの大秘宝"は実在する」とも言っていました。それは、ひとつなぎの大秘宝が何なのかを知っている感じでした。

    23
    白ひげ

    「興味はねェは…あの宝を誰かがみつけた時…世界はひっくり返るのさ…!誰かが見つけ出す。その日は必ず来る…"ひとつなぎの大秘宝"は実在する!

    クロッカスの台詞ではロジャー海賊団はラフテルを確認しただけという感じ。しかし、白ひげの台詞ではロジャーはラフテルで何かを残したという印象。うーん、良く分かりません。ロジャーは海賊団解散後に自首するまで空白の1年がありますので、ロジャー海賊団はラフテルを確認するも上陸出来ず、しかしロジャーは海賊団解散後にラフテルへ辿り着いたのか。レイリーの歴史を全て知ったという言い方も気になる点。「ラフテルの行き方=歴史を知る」というのはありそうですが、それがラフテルへ上陸したのかどうかは不明。

    果たしてロジャー海賊団はラフテルに上陸したのか!?