• スポンサードリンク

    「エム×ゼロ」連載終了

    コメント(0)
    エム×ゼロ」の連載が終了してしまいました。突然の転校話でどう見ても打ち切りでした。今の週刊少年ジャンプでラブコメ路線を生き残るには、美少女宇宙人が気付くと全裸で隣に寝ていたりローアングルから無駄にパンチラしまくって主人公が可愛い女の子になるぐらいじゃないと生き残れないのでしょうか。

    さて、「エム×ゼロ」にはヒロインが2人いました。

    9
    柊愛花 / 観月尚美

    メインヒロインは柊愛花ちゃん。九澄が入試試験の面接で一目ぼれした親父ギャグに弱い天然娘。もう一人は観月尚美ちゃん、部活勧誘の時に知り合って大賀に惚れてしまったツンデレ娘です。

    愛花は入試で九澄が魔法を使えたらという質問に「世界征服」と解答して笑ってしまった事をずっと気にしていたようです。九澄が転入して来てもいきなり抱きついてきた事でツンツン態度で接していました。話しかければ「私に話しかけないで!!!」と完全拒絶。しかし体育倉庫に閉じ込められた時に、九澄が魔法を使わないで自力で脱出しようとする姿を見て態度が軟化。まあ九澄は魔法が使えないんですが。九澄の必死の姿を見て泣きながら感動するのでした。

    「私…恥かしい…九澄くんがこんなに実直な人だなんて知らなかった…。ヒドイ人って決めつけて勝手に怒って意固地になって…」

    九澄の設定はゴールドプレートを持っているほど凄い魔法の使い手ということになっていますので、あえて魔法を使わない手を血まみれにしてでも自力で脱出しようとする九澄の姿を見て感激し、いきなり抱き付いた事は有耶無耶に。

    別に魔法を使わない実直な人というのと、いきなり抱き付いたというのは微塵も関係ないと思いますが。「抱き付いた→ヒドイ人→実直な人」ときて抱き付いた事は不問ですか。そして「九澄くんの事…信じてるから」と言い出してしまいました。お前は、もし凶悪犯罪者が捨て犬拾っている姿を見て、実は優しい人と全て不問にするのか、と。まあ、可愛いからいっか。そして乳を揉もうものなら…。

    10
    乳揉まれ…

    …もー…今回だけだよ?つ…つぎは怒るからね!!

    オッケーイ!

    そして、九澄が執行部に入るとクラスに殆どいなくなってしまい、寂しそうな顔をしたり、友人にも冷やかされたりするのでした。

    気にしてんのは執行部の黒髪の先輩だろ?
    「ちょっ…何言ってんの久美」

    冷やかされるって事は、回りから見ても愛花も九澄に対していい感じの態度だと感じているって事ですよね。オッケーイ!そんなニヤニヤしてしまう関係の2人でしたが、もう一人のヒロインが登場です。薬品部のホーレンゲ草という、ホレ薬にも使える薬品を嗅いでしまった九澄は、観月に「ムッハァ~(ハート)好きだ~!!!ずっといっしょにいて!!」と抱きつきながら愛の告白。そこを目撃する愛花。

    11
    目撃

    どう見ても怒っています。そして怒って走り去ってしまうのでした。九澄が誰と仲良くしても関係ないといいながら、怒った態度を取りながらも「あの九澄くんを見た瞬間、湧き出たイヤな気持ちは…」と思う愛花。超オッケーイ!ラブコメでニヤニヤできる三大原則は、エロ、赤面ともうひとつは嫉妬です。また嫉妬こそが最も重要なファクターであることは「うる星やつら」からの常識です。

    そして、愛花に誤解を解く為にホーレンゲ草を取る為に洞窟探検をする事になりました。九澄と観月が2人で取りに行くと聞いて自分も行くと言い出す愛花。後で「私…なんでついて来ちゃったんだろ」と言い出す愛花には、実にいい仕事してますねと言わざるを得ません。

    洞窟ではもう一人のヒロイン観月のターン。同時期にジャンプで連載開始されたもう一つのラブコメと違って、「エム×ゼロ」は基本的にサービスシーンが少ないのですが、観月はのっけからパンチラしたり、スカートの中に顔を埋め込まれたりゼリー状の液体ににゅるにゅるブルブルと襲われてしまいました。

    12
    にゅるにゅるブルブル

    なるほど観月はエロ担当ということですね。わかります。

    結局、洞窟での一見で観月は九澄に「この女陥落(おち)たッ!」状態となってしまいました。再登場した観月は髪型を変えてショートカットに。観月曰く「なんか昨日の私の印象サイアクっぽいからイメージ変えようかなー…なんて思ったりして…」とのことでしたが、作者叶恭弘先生は後に観月ショートカットについて以下のようにおっしゃってました。

    後に髪を切ったのは、元の髪型を描くのが案外手間取って大変だったからです。

    ミニスカートのくせに魔法は空飛ぶというエロ担当ヒロイン。クラス対抗戦では頭の中身がお花畑でした。実際に九澄と対峙すれば、想像通りの言動を取られれば、顔を真っ赤にして逆切れ。オッケーイ!

    夏休み前に九澄を取り合う愛花と観月にはニヤニヤ。DAIさん帝国さん風に言うならニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録ものです。

    13
    ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半

    こいつはヤバイですね。今までオーバーニーソックスで絶対領域を強調してたくせに、普通のソックスに変えるなよ!という突っ込みすらバカらしくなってしまいます。しかし、2人の記憶は消えてなかったことに。もっと、この2人で九澄を取り合う出来事があれば、ニヤリングしローリング&ワープして宇宙殺法出来たのに。

    結局夏休みの間に九澄とは一度も会えなかった観月。久々に会えばドキドキして顔真っ赤にしながら恥かしくて走り去ってしまいました。

    ど、ど、ど、ど~しよ。全然会ってなかったから、顔見たらテンパっちゃったー。カオがカオが熱い~~

    ダメな娘です。しかし、この空回りっぷりがまたニヤニヤしてしまうのも事実。

    こうして見ると柊愛花も観月尚美も甲乙つけがたいですね。こうなるとどちらと結ばれても満足です。愛花が本命ですが、かつてジャンプラブコメには「いちご100%」で正ヒロインが地味に最後を飾ったこともありますので、まだ分りません。そして迎えた最終回。突然、九澄に転校の話が出てきます。果たしてどちらと結ばれるのか…。

    14
    ラスト

    HappyEnd

    「エム×ゼロ」のヒロインはルーシーオッケーイ!

    スポンサードリンク
  • 「テニスの王子様」ダブルスと記憶なくした王子様

    コメント(0)
    リアルな生活が充実した人をリア充と呼びます。GWに飲み会行けば、何とリア充の多いことか。絶望した!逆にネット生活が充実してればネト充です。でも、これってサイト管理人にしたら、名誉な言葉じゃないかな、と。それで自分は最近、周りからこう呼ばれます。

    エロゲ充

    エロゲ充って…、エロゲー生活が充実しているってことなんでしょうか。お前ら、ぶっこぉすぞ!というわけで、「G線上の魔王」の体験版を終わらせました。(公式サイト)いやぁ、これは面白いです。マジで発売日が楽しみ。体験版では対して絡みませんが、白鳥水羽なんてどう見てもツンデレです。椿姫の章の途中までだったんですが、目茶苦茶いいところで終わってくれやがります。
    G線上の魔王 初回超重量特典版


    さて、って…ぎゃあぁぁぁぁ!!!

    「テニスの王子様」が終わっている…。「幕張」で木多先生が「スラムダンク」が連載終了して嘆いて、頭がどうかしてしまったかのような言動をしていましたが、今の自分の心境はまさにそれ。放心状態で「無我~無我~無我~」と呟いてしまうほどです。これが無我の境地ですか?

    とりあえず、青学の不二先輩が勝利して1勝2敗になりました。敗れた仁王くんに、皇帝は「所詮、道化師(ピエロ)だったという事だ」と冷たく言い放ちました。殴られたことを根にもっていたんでしょうか。ちなみに試合序盤では「遊びすぎだぞ」とアドバイスし、仁王くんが変身すればビックリ仰天して、試合後には冷たい対応と態度をコロコロ変えていました。とんだピエロです

    後が無い青学は大石と菊丸の黄金コンビ。対する立海は、丸井ブン太とジャッカル桑原。ルックス的には補欠にされそうなキャラNO1だったんですが、ここでジャッカルが大抜擢。

    8
    ジャッカル

    試合開始早々に、「ファイヤーッ!!」と奇声を上げるジャッカル。お前はシュナイダーか、と。ちなみに「キャプテン翼」のシュナイダーくんのファイヤーシュートは、実際にボールが燃えているそうです。ジャッカルのショットは、あっさりと拾われてしまいますが、コート外では大変なことに。

    記憶喪失の越前に桃城先輩は、「思い出させてやる。お前の失われた記憶を」と記憶を戻す決心をするのでした。記憶を戻すって、一体どのようにするのでしょうか。記憶喪失の治療は、記憶が次第に戻るか、催眠治療法があるそうです。

    桃城「越前アップさせて来ます
    手塚「いいだろう

    病院連れてけよ!

    越前の記憶喪失のせいで、せっかく登場したジャッカルの試合シーンがカット。それでも、見せ場を作るのが我等のジャッカルです。パワーリストを外して強気に豪語。

    9
    「調子に乗ってんじゃねーぞ。タコが


    お前がな

    タコはどう見てもジャッカルのほうです。ジャッカルさん少ない出番を読者からの突っ込み待ちですか。越前の記憶喪失になった全貌が明かされますが、どうでもいいです。少ない試合シーンですが、ジャッカルはノリノリ。

    「俺がいる限り打球は後ろへ通さねぇYO♪

    反復守備『ねずみ花火eat』が炸裂するのでした。立海応援団もノリノリです。

    「パワーリストとパワーアンクルを外した立海ペアはまるで別モノだぜ!!彼らはこだわって、皆の倍20㌔の負荷を掛けてたからな!」

    全国大会の決勝戦で20kgの重りをつけていたんですか。最初から外せと思うのですが。しかもみすみす1ゲーム取られています。この1ゲームが勝敗を分けそうですが。さすがジャッカルさん。ジャッカルさんの優しさは北半球を駆け巡るで~。

    そして、時間稼ぎ扱いされて、空中浮遊コンビにさっくりと負けてしまいました。案の定である。空中浮遊コンビは、時間稼ぎしてたのだから最初の20㌔の重りをつけてみすみす取られたゲームが悔やまれます

    舞台変わって、乾と海堂のカップルが、のん気に登場。

    海堂「乾先輩いいんスか?病院抜け出て」
    乾「後で怒られる確率100%…
    乾「…だが、全員が一丸にならないと勝てない気がする

    なるほど、王者立海を倒すには青学の全員が一丸になる必要があるわけですね。分ります。

    10
    乾先輩登場

    試合の応援へ行くのかと思いきや、記憶をなくした越前と桃城のもとへ現れました。ちょっと待て。さきほど「全員が一丸にならないと勝てない」と言っていたのは、てっきり立海相手に、青学のメンバー全員が応援を含めて一丸にならないと勝てないという意味合いじゃなかったんですか。記憶喪失の越前相手に全員が一丸にならなきゃ勝てないってことですか?おいおい、んなアホな。

    青春学園中、桃城武、海堂薫、乾貞治。不動峰中、伊武深司。聖ルドルフ学院、不二裕太。山吹中、阿久津仁。氷帝学園、日吉若。緑山中、季楽靖幸。比嘉中、田仁志慧。そして、氷帝学園、キング跡部景吾。さらに、立海大学附属、皇帝真田弦一郎

    全員が一丸となって記憶喪失の越前へ…

    11
    全員が一丸なって…

    え?これは…。

    どういうわけか、皆が悔しがっています。例によって、跡部様だけは高笑い。「ハーッハッハッハッ時代を変えちまえテメーの力でな!」。皇帝は1人離れてベンチでへこんでいます。ってまさか、「全員が一丸にならないと勝てない」といいつつ、全員一丸になって負けてしまいました

    越前リョーマ強ぇぇぇぇぇぇぇ!!