• スポンサードリンク

    「ワンピース」王下七武海

    コメント(0)
    ONE PIECE 63 (ジャンプコミックス)
    尾田 栄一郎
    集英社 (2011-08-04)

    「ワンピース」63巻が発売されました。
    収録されているのは615話~626話と12話収録の大ボリューム。いつもお得感溢れるワンピの単行本ですが、63巻は超お得感です。尾田っちは63巻についてSBSで以下のように。

    この63巻、またしても僕のわがままにより、なんと「12話」掲載の特別コミックスとなっております。でも値段は上げてませんからね。したがって、「巻末のおまけPが1Pも取れませんでいたー。」ホントすいません。

    尾田っちのサービス精神っぷりは半端ないな。
    さらに、2年前の七武海の子供時代が描かれており、これが実に俺得というもの。ちなみに、現在の七武海の一角にはバギーが入っていると思われます。

    2年前のそれぞれの七武海を見ていきましょうか。
    まずはジンベエ。

    6
    ジンベエ子供時代

    ジンベエは現在46歳ですので40年ぐらい前でしょうか。
    ボロボロになりながら魚人空手に精を出しているようです。まさに空手少年ですね。作中では、魚人街の住民ははみ出し者という扱いでしたが、ジンベエは魚人島の名物である「魚人空手道場」にせっせと通っていたのでしょうか。
    関連、「ワンピース」ジンベエと魚人空手

    続いてミホーク。

    7
    ミホーク

    ん~?
    ぱっと見の印象としてはゾロみたいな少年時代を過ごしたのかとも思いましたが、どうなんでしょ。持っている剣は夜ではありませんが竹刀ではなく真剣体中傷だらけ。ゾロの少年時代は稽古着だけだったのに比べると、ミホークの少年時代の服装は今と同じく許斐先生もビックリの胸がはだけています。稽古着や胴着ではなく私服。ミホークはどかの道場などで鍛錬を詰んだというより、少年時代から実戦で剣の腕を磨いたのかという印象。
    関連、 「ワンピース」ミホークの再登場に胸熱

    またミホークといえば、腕にドフラミンゴとまったく同じ十字のミサンガのようなものを巻いていました、ミホークとドフラミンゴの関係も気になる点です。

    8
    ドフラとミホーク

    そういば、ミホークは十字架まみれでしたが少年時代には十字架に関わるものを一切持っていませんね。

    続いて、モリアさんとくま。

    9
    モリアさん / くま

    モリアさんは一体どんな少年時代を過ごしたというんだ…。
    人形の片足を引きちぎって喜んでいます。改蔵の羽美もビックリの恐ろしい少年です。自分が親ならこんな子見て「大丈夫かしら…(頭が)」と心配になってしまいます。

    くまは薪を背中にしょって本を読んで歩き履物はゲタ。しかも読んでる本が「NINOKIN」って…二宮金次郎でしょうか。というか凄く貧乏そうですね。革命軍に入ったきっかけはワンピ世界における最下層というか貧困層出身で世界に異を唱えたのでしょうか。

    で、ここからの面子の子供時代が興味深いですね。
    クロコダイルの子供時代…。

    10
    クロコダイル

    クロコダイルといえば色々と過去が気になるところです。
    で、クロコの最大の謎はイワさんがインペルダウンで述べていた「弱み」ですよね。クロコダイルに対して何か優位に立てる弱みを握っていたイワンコフ。

    11
    イワさん

    「コイツがルーキーと呼ばれてた時代…!」
    「大丈夫よ、万が一ヴァターシ達を裏切る様な行動に出てもヴァターシが抑え込むから…一切信用できないけど…」
    「ン~フフフ。ヴァターシはコイツの"弱み"を一つ握ってる…!!」

    クロコダイルがルーキー時代にイワさんは弱みを一つ握ったとか。
    イワさんといえば、性転換。そう、クロコダイルは元女じゃないかなという、ある特定の層に需要のあるキャラだったのではないかというもうの。作中でわざわざ「sir(サー)」(目上の男に対する敬称)、「Mr(ミスター)」と男を強調される呼び方、0巻でのロジャー処刑時には後の七武海で1人顔を出さず後ろ姿のアングル。

    さらに、右耳だけにピアス(男が右耳のみだとゲイの印、女だと成人女性の証)。また、ロマサガ2の七英雄と七武海の酷似性。

    ノエル、紳士的で剣士として秀でてる(ミホーク)
    ボクオーン、人を操るマリオネット。ズル賢い(ドフラミンゴ)
    ダンダーク、暴れ者。肉体を改造強化していく(くま)
    スービエ、水棲系種族をメインに同化。海の主(ジンベエ)
    クジンシー、生命力を吸収するソウルスティール(モリアさん)
    ロックブーケ、七英雄の紅一点。男を魅了する能力者(ハンコック)
    ワグナス、古代人が居ると、探す為ヤウダを支配しようとする(クロコダイル)

    で、クロコの元ネタ的なロマサガ2のワグナスは男ですが「同化の法で女性的な姿をしている」という設定。さらにクロコダイルが作った組織「バロックワークス」。「Baroque(バロック)」には「奇異な」とか女性の象徴の「真珠が歪んだ」という意味合いがあり…。クロコダイルは元女なんじゃねーのっていう

    で、子供時代のクロコは男なのか女のか判断尽きません。でも、この子がもし女ならツンデレ系美少女としては有りだな、うん。

    そして黒ひげことマーシャル・D・ティーチ。

    12
    ティーチ

    いつも陽気に「ゼハハハハ」と笑っているティーチの少年時代は月を背景に泣いていました。一体どんな少年時代を過ごしていたのでしょうか。ティーチといえば、白ひげ海賊団時代では自分の野心や実力を隠して過ごしていました。にも関わらず、白ひげ1番隊長マルコは、ティーチに対して頂上決戦で述べた台詞が引っ掛かります。

    ティーチが白ひげの能力を獲得した時…。

    13
    マルコ

    「"普通の人間"ならば…絶対に無理だよい。だがお前らもよく知る様にティーチは少し違う…!体の構造が…"異形"なんだよい!!」

    シャンクスは白ひげにティーチの脅威を伝える時に「自分を隠し」と忠告しており、ティーチは自分の実力を白ひげ海賊団に隠していたようです。でも、白ひげ海賊団の面々はティーチの実力は知らなくても、ティーチの体の構造が異形である事は常識であった事がマルコの発言で伺えます。

    つまり、ティーチは白ひげ海賊団に自分を隠していたにも関わらず体の構造が異形である事は隠せなかったという。どういう体の構造なのかは知りませんが、一緒に過ごせば誰にでもバレるようです。つまり、ティーチは少年時代は体の構造が異形でイジメられてたんじゃねーのっていう。

    そしてドフラミンゴ。

    14
    少年ドフラミンゴ

    ガキが煙草吸ってんじゃねーよ!
    今と同様に笑いまくっている少年時代。サングラスも健在です。しかし、刮目すべきはドフラの身だしなみ。くま以上に貧乏そうな格好でボロボロの服装、ミホーク以上に傷だらけの肌。ボロボロで傷だらけ…なのに高笑いする少年ドフラミンゴ。

    バカ笑いして煙草を吸うクソ生意気なガキですが、ドフラミンゴの少年時代の格好は七武海の中でブッチギリで修羅場というか恵まれない環境にいた事が明らかです。

    ドフラミンゴは頂上戦争で言い放ちました。

    15
    ドフラミンゴ

    「海賊が悪!?海軍が正義!?」
    「そんなもんはいくらでも塗り替えられて来た…!!」
    "平和"を知らねェ子供達と、"戦争"を知らなねェ子供達との価値観は違う!!頂点に立つ者が善悪を塗り替える!!今この場所こそ中立だ!!」
    「正義は勝つって!?そりゃそうだろう。勝者だけが正義だ!!」

    意味深な台詞で空白の100年に関係があるんじゃないかとも思いましたが、少年時代のドフラミンゴの格好を見て確信しました。ドフラは平和を知らないガキで、戦争を知るガキだった、と。勝者だけが正義と言い放ったように、ドフラミンゴが戦争で上手く立ち回り勝者となったのではないか、と。頂上戦争の発言は実体験から来たのではないか、と。

    恐ろしい程、過酷な少年時代を過ごした匂いがプンプンしますね。
    関連、「ワンピース」新魚人海賊団のザコ臭さが半端ない件

    子供の頃の七武海はどいつもこいつも一味も二味もありそうな感じ。どういう経緯で現在のようになったかを考えると興味深いですね。

    で、七武海のキモといえば当然ハンコック
    既に0巻で幼女時代のハンコックは確認できますが、改めて幼き頃のハンコックを見てみると…。

    16
    幼女のハンコック

    ブヒィィィィィ!

    ONE PIECE 63 (ジャンプコミックス)
    尾田 栄一郎
    集英社 (2011-08-04)

    超造形魂 ONE PIECE -集結、王下七武海- (BOX)
    バンダイ (2011-01-27)
    売り上げランキング: 357

    ワンピース最強考察
    ワンピース最強考察
    posted with amazlet at 11.08.13
    ワンピ漫研団
    晋遊舎
    売り上げランキング: 11111
    スポンサードリンク
  • 「ワンピース」めがっさ燃える件

    コメント(0)

    最終巻である35巻の限定版。単行本未収録の読切3作&イラストを収録した小冊子付です。8月18日発売予定でアマゾンで予約受付開始されました。

    さて、「ワンピース」と言えば、印象に残る名シーンが多いじゃないですか。特に友人とか会社の同僚とかと「ワンピース」の話になると「○○の所が泣ける」と言って、感動したシーンばかり語ってしまいます。個人的にはサンジがゼフ達と別れる時に土下座しながら「クソお世話になりました」が最も泣けるシーンですけど、感動したシーンばかり語るのもどうでしょうか。

    確かに「ワンピース」は感動するし泣ける。しかし、燃えるシーンがあまり上がらない。それはもったいない。もったいないお化けが出ちゃうぐらいもったいないんだってばよ!で、ここで唐突に個人的に「ワンピース」で最も燃えたベスト3

    3位「おれはおれのやりてェ様にやる!!」

    1
    ルフィ&白ひげ

    557話"ルフィと白ひげ"
    エースを救出する為に、「白ひげ海賊団VS海軍本部&七武海」の頂上決戦に乱入したルフィ。そこで堂々と白ひげに隣に並び「"海賊王"になるのはおれだ!」とか言い出して白ひげと張り合っていました。世界最強の男と言われていた白ひげと並んで張り合うとか超かっこいいじゃないですか。身の程知らずだったとはいえ。ただただ立ち位置がかっこ良かったのです。

    余談ですが、この時のサブタイトル「ルフィと白ひげ」が意味深ですね。「ワンピース」のサブタイでは「ヨサクとジョニー」によろしく、「(人物名)と(人物名)」というタイトルがたまに使われます。その中で「ルフィと○○」というサブタイトルだったのは…。

    海賊王と大剣豪」(5話)
    麦わらと黒ひげ」(543話)
    ルフィと白ひげ」(557話)
    ルフィとエース」(582話)

    の4つだけ。
    通称や肩書以外では白ひげとエースの間でしか「ルフィと○○」というサブタイがありません。初めてサブタイに「ルフィと○○」とかついてて超燃えたわけです。

    話を戻して…

    2位「おれはお前をぶっ飛ばしに来たんだ!」

    2
    ぶっ飛ばす理由

    初期の初期ですけどバギー一味との一戦は燃えたわー。
    2年後の現在は七武海の一角になったと思われるバギー一味。今では雑魚そのものだと思うのですけど、初期のバギー一味は本当に"敵"としてマーベラスな奴等で震え上がりましたよ。

    バギー戦以前のルフィって気に入らないから相手をぶっ飛ばすという感じだったんですけど、バギー一味に対しては明確に敵対して戦う理由がありました。犬・シュシュの宝物であるペットショップを燃やされて怒り、ブードル町長の町を破壊されて怒り、初めて誰かの為に怒って戦った一戦こそバギー戦。これがクソ燃えたんですよ。

    1位「当たり前だ!!」

    3
    当たり前です

    鉄板ですけどやっぱり1位はアーロン戦なのです。
    もうね、ナミに泣きながら「助けて…」と言われて「当たり前だ!」と叫ぶルフィにほぼイキかけるっちゅーの。そして特に何も語る事なく意志疎通しており「行くぞ」「オオッ!」の掛け合いでアーロンパークに乗り込む麦わら一味のかっこ良さは脳から汁がでましたね。燃えるんだってばよ!

    CP9戦もそうなんですけど、麦わら一味揃って闘う意志を持ち勢ぞろいした時のかっこよさと燃えっぷりは半端じゃありません。

    というわけで、「ワンピース」麦わら一味で燃えるとえば「立ち位置」「戦う理由」「一味勢ぞろい」というのが僕の心の琴線に触れるようです。そして、キモこそ麦わら一味全員が揃って誰かの為に戦う時、僕の心の琴線を鷲掴みにするのです。

    そんなわけで、今回の633話"敵か味方か"
    しらほし姫が、ホーディがオトヒメ王妃を殺害した犯人だと知っていた理由はメガロが教えてくれたからだとか。確かに過去編でメガロが意味もなく出ていたりしましたが、なるほどそういう理由だったのですね。そして、絶対絶命のネプチューン王、しらほし姫は大声で叫ぶのでした。

    4
    しらほし姫

    「ルフィ様ぁ!!」
    「お父様をお守り下さい~!!」

    しらほし姫の叫びに当然のように現れたルフィ。
    ホーディに飛び蹴りかましてぶっ飛ばしました。ヤバイですね。かっこいいですね。助けてと言われればやるしかないじゃないですか、なんか作戦あった見たいですけどそんなの関係ねー!

    そして麦わら一味全員集合である。

    5
    一味全員集合

    めがっさ燃えた!

    久々に鳥肌が立ったっちゅーの。こういうのでいいんだよ、こういうので!一味全員集合で新魚人海賊団と闘う構図。「立ち位置」「一味全員集合」とか素晴らしいですね。燃えないはずがありません。

    熱いな、おい。
    ところで、気になる点はやっぱり「戦う理由」ですね。
    一味が一致団結して同じ目的で戦う、それも誰かの為に戦うシチュエーションが最高なわけでして、今回の新魚人海賊団戦の戦う理由が気になりますね。だって、ルフィはジンベエが過去の事を話した時も余裕で寝てたし

    ホーディの放送に対しては「売られたケンカは買うだけだ!」と、いわゆる気に入らないからぶっ飛ばすという類ものでして。ジンベエが立ちはだかった時にも…。

    6
    ルフィ

    「ジンベエ!こっちは仲間取られてんだ!ホーディっての放っときゃ、おれの友達もみんな困る。おれは行く!止めてェんなら…!止めてみろ!!」

    と、捕まったゾリ達を救出するというのが目的でした。
    しかし、今回の一味全員集合では捕まっていたゾロもウソップもブルックもパッパグもいます。それでも、ホーディ達新魚人海賊団をぶっ飛ばす気満々のルフィ。ルフィが戦う理由が気になるんだってばよ。しらほし姫の為だったら個人的に胸熱。


    ワンピース最強考察
    ワンピース最強考察
    posted with amazlet at 11.08.02
    ワンピ漫研団
    晋遊舎
    売り上げランキング: 9968