• スポンサードリンク

    「時間の歩き方」がマーベラス!

    コメント(0)

    榎本ナリコ先生の「時間の歩き方」が非常に面白い!ノリ自体は「世界制服(AA)」や、そのスピンオフ「聖モエスの方舟(AA)」のような感じで明るいテンポ良いギャグのような感じ。「世界制服」で頭のネジが何本か吹っ飛んだのかと思いましたが、そのノリを上手く使っているかなという感じ。

    最近は「センチメントの季節」の頃に比べると芸風が変わりまくってしまったいる榎本ナリコ先生。ちなみに、「センチメイトの季節」はいわゆる、当時の女子中高生の視点で性的にだらしない実態をリアルに描いたもので、つまり非常にお世話になったのです。

    1
    センチメイトの季節

    昔はお世話になったなぁと思いつつも、最近のぶっ飛んだノリも大好きです。その中でも「時間の歩き方」は、特に素晴らしい。というのも「世界制服」みたいに、ぶっ飛んだ設定という事もなく丁寧に世界観を作っているという感じ。

    1巻発売の時にちょろっと取り上げましたが、「時間の歩き方」は俗に言うところのタイムトラベルもので、主人公の杉田果子は学校の恋をするほくフツーの女子中学。でも、1点だけ特別な力があり、時たま扉を開けると勝手にタイムスリップしてしまうという特殊な能力の持ち主。そしてタラベラー井村遇太に出会って…というもの。

    "時間"には様々なルールがあり、それを破ると時間の流れから弾き出されてしまい、安易に歴史を変えるという事が出来ません。そして、過去に戻って先輩の死を止めようと頑張るのですが、時間は未来を変える事を許してくれません。それでも、と何度も挑戦する果子は最終的に未来の自分が死んで先輩を助ける事に成功。そして、果子と遇太は時間の流れから弾き飛ばされてしまい…というもの。

    2
    時間の流れから弾き飛ばされる

    掲載誌が掲載誌なので地味にひっそりとした良作という感じでしたが、1巻の感想を読むと、1巻の段階で面白く2巻に期待しているという印象。

    幻想のさ・く・らさん (半年振りに更新してやがる)
    やー、これは買って成功でしたね。2巻にも期待。

    オトコでも読める少女マンガさん
    「ファンタジーではありますが、『都合の良い不思議な力で元通り!』なんてことはなく、あくまで時間のロジックで話を展開させます。だからこそ、面白い。」

    良キ漫画求ム!さん
    さわやかで優しい雰囲気のタイムトラベルもの。おすすめです。

    と、中々の絶賛ぶり。
    私も1巻の段階で続きが気になって気になっていましたが、ついに2巻が発売されました。1年半振りの新刊だと思うと嬉しいものです。「時間の歩き方」の2巻がようやく発売されました。


    時間から締め出され、時空を彷徨う果子と遇太。サクッと読了。相変わらず、超面白かったです。2巻では果子と遇太は脇役という感じで、締め切りに追われる小説家・長雨綴が時間刑務所に囚われており、彼が何故時間刑務所に拘束されているのか…という話がメイン。長雨綴がタラベル中に出会った、100年前の人物月乃との関係が胸熱というもの。

    3
    長雨綴と月乃

    あえて自分を罰して長雨綴が述べた「それは『あったこと』で『すんだこと』なんだ。妙なことして『なかったこと』にすんなよ」と言っていた台詞が、100年前に長雨綴に起こった出来事を知った上で読み返すと、胸が熱くなるな。

    そういえば、2巻では長雨綴の50年というペナルティが多過ぎると描かれていましたが、月乃が死ぬまで覚えていた事が理由だったと明かされていました。未来人が記憶を消したはずが記憶を覚えたいたからだと判明していました。

    4
    記憶がある

    どうやら遇太の存在を忘れなかった果子のせいで、遇太のペナルティが大きくなった原因がありそうな感じ。というか、なんで記憶の消去が起こらなかったのでしょうか。今の所、記憶の消去をされたはずがバッチリ覚えていたのは、果子と月乃の2人だけ。サンプル数が少ないので共通点が全然分かりません。果たして、何が理由で記憶の消去が無効なのか。

    最後に胸を痛めて「遇太のこと忘れたくない」と思う果子。ひょっとして恋でしょうか。何にしても胸が熱くなり、続きが非常に楽しみというもの。まだまだ様々な伏線があり、明かされていないので3巻にも期待というところ。


    スポンサードリンク
  • 「鬼灯さん家のアネキ」アネキが可愛いすぎる!

    コメント(0)
    "エッチなお姉さん"は好きですか?
    そんな質問をすれば100人中100人は「大好きです。今度は嘘じゃないっす!」と花道のように即答する事でしょう。そんなわけで、今グンバツに注目なのが「鬼灯さん家のアネキ」の鬼灯ハルなのです。


    血の繋がらない姉弟(別居してる実姉もいる)の話を描いた日常系4コマなのですが、このお姉ちゃんがヤバイ。日々、弟の吾朗にイタズラをするのですが、このイタズラの内容がヤバイ。全裸でお布団温めていたり、弁当にパンツを入れたり、裸エプロンで過ごしたり、ディープにちゅっちゅしてきたり、性的な意味でヤバイ。そしてクマに襲われたり、醤油を飲まされたり…生的な意味でヤバイ

    25
    鬼灯ハル

    たまに生死に関わるイタズラをするのが玉に致命傷ですが、それでもエッチな波状攻撃を仕掛けまくってくるハルに我々は心から叫ぶのです。こんな姉が欲しかった!この破壊力は驚異的なもので、各所で鬼灯ハルに撃沈するダメな弟魂(スピリッツ)を秘めた者が続出!

    DAIさん帝国さん
    「つまりは、エッチなイタズラをして満面の笑みを浮かべるアネキ最高

    フラン☆Skinさん
    「そんなイタズラに興奮しちゃって右往左往しちゃう吾朗が羨ましいような、可哀想な、そして何より笑わせられる」

    たまごまごごはんさん
    「煩悩で死にそうなくらいの言葉をどんどん吐きかけます。マシンガンのように浴びせかけます。なんてうらやまやらしい!

    分かります。分かりますよ!
    ダメ弟を甘やかすばかりが姉萌えとは限りません。姉萌えの魂は弟や妹にだけ何か特別な態度を取るですよ。弟にだけ特別優しいとか。回りの人誰にでも優しいというのは、ただの面倒見が良い良いお姉さんです。身内にだけ特別な態度!これが重要なんです。別に弟にだけ甘い言動だけでなく、イタズラでも有りです。ですので、「鬼灯さん家のアネキ」のハルの弟にだけイタズラをしたり言葉で罵ったりという言動こそ至高!

    26
    至高の罵り

    ドキッ☆お風呂で全裸で遭遇イベントが起これば…。通常ならキャーとか叫ばれたり、ひっぱ叩かれるものですが、ハルは冷静に「そろそろ、お姉ちゃんの裸にも慣れたら?」と言い出してしまうんですよ。どうなんですかコレ!もう全力で釣られた所で「お姉ちゃんは吾郎ちゃんの残念な裸には慣れたよ?」と罵られちゃうのです。残念な裸とか冷静にため息つきながら言い出すのですよ。酷いですね…。まったく、興奮しますね!己の中のM魂が燻ぶるというもの。

    さらに、家でゲームしてれば「日にあたらないち余計臭くなるよ?」とまたまたため息混じりで言い出してしまいました。ボソッと「ただでさえ…」と呟いているのがポイントです。素で酷いです。臭いって事ですか!まったく、素で罵ってくるなんて…本当に興奮しますね。もう一度言います、こんな姉が欲しかった!

    エッチなイタズラから生死に関わるイタズラ、興奮してしまう罵り。これなら、皆がハル姉貴に転んでしまうのも仕方がない事でしょう。全国で、こんな姉が欲しかった!と叫ばれている事です。と思ったら…

    水星さん家さん
    「私にとって『鬼灯さん家のアネキ』は黒髪ロング漫画の他の何でもないわけだが」

    黒髪ロングというかワカメが食べたくなってしまう癖っ毛の水野さん。吾郎のクラスメイトで、最も吾朗と仲が良い女子。水星さんがコロッと転んだのも分かります。凄く分かります!

    1巻の頃から吾朗とフラグが立ったような感じで、ハルも2人の様子を目撃すれば「…まー吾朗ちゃんも高校生だもんね。異性交遊くらいするよね」と呟きながらも、明らかに動揺していました。2巻でも「吾朗ちゃんのくせに普通に女の子と喋ってる」と弟が遠くへ行ってしたように感じています。

    普通にラブでコメってもおかしくないイベントを何度も水野さんと迎え、「鬼灯さん家のアネキ」は姉弟のコメディであり、ヒロインは水野さんになる…そんな風に思っていた時期がオレにもありました

    28
    フラグ…?

    鬼灯君…妙な視線やめてくれる。それは勘違いだかた…激しく勘違いだから…

    まるでフラグが立っていない…
    これはフラグだろうとギャルゲ脳を刺激させるイベントを数々通過するも、普通に気持ち悪いと思われており、吾朗に対する恋心など微塵もありません。「鬼灯さん家のアネキ」は主要登場人物で男は吾朗しかおらず他は美少女で一見するといつの間にか沢山の美少女が冴えない主人公に惚れてしまうという展開になると思いきや、まったくそんな事がないのが凄い。

    ハルの友達のパッツン娘の芽衣子も、ボーイッシュ乙女の京子も可愛く、吾朗に惚れてしまうと思いきやそんな気配など絶無。特に、京子は吾朗に男と思われており、ドキっ着替えに遭遇イベントになろうとも、女だと気付かず、さらに直に「あててんのよ!」まで突き進むも、フラグが立ちません。

    29
    生あててんのよ!

    昨今では裸体を見ればフラグが立ち、転んだ拍子に乳を揉めば付き合い、おっぱいを当てれば結婚という、フラグのバーゲンセール状態。それなのに、吾朗は美味しいイベントを通過しまくっても、まるでフラグが立ちません。美少女わんさか登場して男は主人公だけ…なのにラブでコメる展開にならずに誰も惚れません。吾朗ちゃん、まったくモテないよ!

    30
    美咲

    すみません、吾朗がまったくモテないというのは訂正します。1人痴女がいました。

    しかし、美咲を含めてハルの友人の京子も芽衣子。さらに吾朗のクラスメイトの水野も含めて脇役のキャラが立ちまくっており、面白くなってきました。美少女わんさかなのに、吾朗に惚れない所が逆にマーベラスというもの。

    でも、一番はやっぱりハルですよ。というのも、普段はイタズラばかりしていますが、時折見せる家族としての優しさや温かさが良いです。特に「オタクで籠りがちだった吾郎ちゃんに、毎日楽しく過ごして欲しいだけです」と発言したり、中学時代の姉弟の話など素晴らしいというもの。ハルがイタズラをする根源はこれか!という。

    籠りがちで元気というか生気がなかった吾朗が毎日楽しく過ごせるようにすると心に決めるハルは、まさに胸熱というものです。

    27
    胸熱!

    生気のない吾朗対して普通に心配になり、「アタシがお姉さん…できるのかな?」と不安になるも、結局は姉を頑張ろうと決心する良エピソード。ちょっと気になった点は、姉が出来るか不安になった時に「家族が楽しい毎日を送れるようにするのも姉の役目、か…」と思い出してましたが、誰の言葉なのでしょうか。親から言われたのか、それとも他の人か。ちょっと気になります。

    何にしても、ハルはただのイタズラ好きかと思ったら暗い吾朗を元気にさせる為にイタズラしてたなんて、私の中でハルの株が急上昇ですよ。そういえば1巻の年末にイタズラされまくるも「もし姉貴がいなかったら、俺の毎日はもっとつまらないかもな…」と考えていた吾朗が、今読み返すとスルメのように味わい深くなりました。

    水野さんも京子も芽衣子も捨てがたいけど、やっぱり一番はハルとなるのでした。イタズラして邪悪な笑みを浮かべるハルが可愛いし、イラっときて怒っているのも可愛いし、楓姉さんに恐怖するのも可愛い。でも、やっぱり一番可愛いのは楽しそうに笑う、笑顔…。

    31

    1番可愛いのは、「もれちゃうよ~」とトイレを我慢する表情ですね(結論)。

    鬼灯さん家のアネキ (2) (角川コミックス・エース・エクストラ 22-2)
    五十嵐 藍
    角川書店(角川グループパブリッシング)