• スポンサードリンク

    「こみっく☆すたじお」ロリないちこ先生がたまらんのです!

    コメント(0)
    例えば「バキ」の作者、板垣恵介先生。
    少林寺拳法2段である事は有名です。さらに元陸上自衛隊に所属し、アマボク経験者。やっぱり雄同士の魂のぶつかり合いを描くなら、その作者も屈強な猛者じゃないのか、と。格闘漫画には説得力が必要ですからね。


    1
    格闘漫画家


    え?


    例えば森恒二先生の「ホーリーランド」。引きこもりが部屋でボクシングのトレーニングをして本当に強くなってしまいました。特に作中の解説は森先生のコメントが逸材です。森節と呼ばれる自身の経験則によっての独特な解説。

    よく護身術の本なので武器の奪い方を目にするが、あれはどうだろうか?僕(作者)自身が不器用なせいもあると思うが刃物を奪おうとして手に怪我を負ったことがある。もみ合いになったらなお危険だろう。ならどうするか?
    十分にダメージを与えてから奪うべきだ!!

    「ホーリーランド」18巻によると森恒二先生は空手同好会に所属していたみたいです。まあ、やっぱり有る程度は経験がないとバトルでのハッタリも効かないんじゃないか、と。

    2
    格闘漫画家


    ん?


    いや、何も格闘漫画を描くのは経験者じゃなきゃいけないなんて事はないですよね。つまり、綿密な取材によってリアリティを出すという。

    例えば「鉄風」の太田モアレ先生。
    女子格闘技を描いた傑作なのですが、太田先生の取材力はあなどれません。総合格闘技のジムによく取材に訪れているという報告がしばしば目に入ります。やっぱり、取材力というのは大事です。

    3
    アシスタントの筋肉を参考に!

    えーと…、もうはっきり言いましょう。
    高倉健二先生、あなたは萌えキャラです。


    とういうわけで、「こみっく☆すたじお」1巻が発売されました。主人公の相原実が高校時代からファンだった格闘漫画「アルティミット番長」の作者・高倉健二先生の元へアシスタンと行けば、そこには20歳というのが信じられない見た目完璧な幼女が存在。それが憧れの高倉健二先生だったのです。

    何が凄いって、高倉健二先生、本名いちこ先生は、いわゆるアホな子ツンデレという。その性格は、単純・短期・アホと3拍子揃っております。でも、個人的には見た目が最高であると。小さい・ちっぱい・軽い…と、まさに三冠王。どう見ても小○生にしか見えません。本当にありがとうございます。

    男なら、むしろいちこ先生ではなくアシスタントのチーフや秋乃ちゃんに萌えるべきでなのです。でも、いちこ先生を見る度に訪れる胸のときめきは一体なんなのか。特にオヘソを見た時です。

    4
    オヘソ

    なんというか、僕はもうダメです。
    へその魅力というのは、服の間からチラリと見える(跡部様みたいな)時と、へそ自体単体で興奮する場合とあります。

    どういうわけか私の周りには屈強の紳士揃いでへそについての意見も色々と教えて頂けます。へそ紳士は普通のへそでは性的興奮が出来ず、ちょっと異なるところに浪漫を求めています。「出べそ」、「変べそ」、「縦長へそ」が良いという。その中でも共通な意見は、綺麗な女性が個性的なへそだと興奮する…というもの。とてもその領域には到達できませんが、私は普通に綺麗なへそが大好きです。

    で、いちこ先生のへそは素晴らしいのです。
    チラリとへそを覗かせる時も、へそ丸出しの時も、へその穴に夢と希望がつまっていると思うのです。あと、いちこ先生には縞パンよりもクマさんパンツのほうが似合うと思うんです(どうでもいい)。

    また、ラブがコメる展開は多くの人々を陥落ちさせます。

    5
    ラブがコメる

    買い出しに行けば、いちこ先生だけ気合入った服着たり。UFOキャッチャーで取って貰った小さい人形を乙女チックに触ったり、股間を興味津津にまさぐったり、アシスタント変えると言われれば「ダ、ダメ…」と抱きつくは。そのラブがコメる展開にニヤニヤするのみ。相原実は、夜にちっぱい胸を触った事を悶々としたり。

    なるほど、ニヤニヤするラブがコメる展開です。
    各所でも、いちこ先生に陥落てしまったようで。

    DAIさん帝国さん
    その一挙手一投足を見てるだけでオレのニヤリングはとどまる所を知らないのです!

    キャまの本屋さん
    その上目遣いが溜まらんとです!!

    大炎上さん
    「あえて言おう。この漫画はギャグの名を借りた萌えなデレ漫画ということを!」

    いい大人たちが、いちこ先生の前に白旗を上げたようです。
    完敗です。大人との威厳を保とうとしても、いちこ先生の波状攻撃に完敗しています。でも、私はこの程度は負けません。もう、俺に可愛い攻撃に耐性が出来ているのです。

    ただ、いちこ先生にニヤニヤする。でも陥落ちません。
    いちこ先生が可愛いとか、デレが良いとか、ラブコメ展開にニヤけるという意見は分かります。分かります。しかし、個人的に特筆すべきはそこじゃありません。女の子が最も光り輝く瞬間をご存知ですか?

    6
    最も光り輝く

    おしっこを我慢する時です
    尿意を催すも恥ずかしくておしっこに行くと言い出せない時、少女は最も輝くのです。

    ああ、僕も完敗です。むしろ乾杯!

  • 魂が震えた12月を振り返る

    コメント(0)
    サクッと12月でも振り返ろうかと。


    10位「ちよこチョコレート


    「志村貴子推薦!!」のオビにつられたら大成功。
    主人公の千代子はチョコレートが大嫌い。その理由は、家のチョコレート屋でショコラティエだった父親の失踪。父親を忘れて店を売っぱらおうとする千代子でsyが、ある日、自分と同じ名前の女性が現れて…。

    最後の締めまで含め1冊に見事に収まっており、一気に読めてしまいます。

    9位「となりの怪物くん(6)


    「頑張りたい。人が、恋が。私を変える。」
    6巻はバレンタインデーである。女の子がきゃきゃうふふしながらチョコレートを作っている様のなんと素晴らしい事でしょうか。夏目さんも相変わらず可愛いし、大島さんやユウちゃんの悶闘力もぐんぐん上昇中ですが個人的に雫一筋。

    主要人物で最も不器用で、地雷もバンバン踏み、地団駄を踏む事もしばしばありますが、雫は最も純粋というか素直というかストレートですよ。「ハルが好き」→ブチュー→赤面の流れで死にかけます。キュン死です。

    8位「ましろのおと(2)

    ましろのおと(2) (月刊マガジンコミックス)
    羅川 真里茂
    講談社 (2010-12-17)

    羅川真里茂先生の描く青春は楽しい!
    三味線を知らない朱利が津軽三味線愛好会を作ろうとするのに疑問を持つ雪。そして、朱利のケータイから聞き覚えのある旋律が流れます。それは間違いなく雪の祖父の春暁のフレーズ…。

    自分流に春暁をアレンジして弾く雪がこれまた熱い!
    祖父の音色は生きる勇気をくれるものだったのに対して、雪の音色は痛みを癒す優しさがあるとか。祖父のように弾けないと悩む雪ですが、音色の違いというのは興味深いです。でもキモはユナさんのポスターを見つけて部屋に貼った時ですよ!

    22
    ユナさん

    雪て感情をあまり表に出すタイプじゃないんですけど、唯一出すのが凄い三味線の音を聞いた時。緒方洸輔の音に驚愕し、祖父の音を久々に聞けば「久し振りにじっちゃんの『音』に会えだ」と。そして三味線以外で唯一興味があるのか感情を表に出したのがユナさん。ポスター見つけてグラビアページくれと必死でした。

    久し振りにユナさんの『笑顔』に会えだ

    雪の中ではじっちゃの音と同様の感動がユナさんの笑顔ですよ。朱利も下宿先の娘もいいけど、ユナさんのカムバックを心から待つのであります。

    7位「紅心王子(8)

    紅心王子 8 (ガンガンコミックス)
    桑原 草太
    スクウェア・エニックス (2010-12-22)

    ジローと花(クレナイ様)のいちゃいちゃっぷりが俺の頬を全力で緩めさせてニヤニヤさせまくりなのです。外せないのは、そんな二人のいちゃいちゃっぷりを見てフリーズしたり怒りが沸いたキララ・A・アンジュです。

    24
    キララ

    ヤキモチというものはラブコメでは最上級のニヤニヤ要素です。
    いわばディナーにおけるメインディッシュのようなもの。ヤキモチを焼いたヒロインは主人公を撲殺する権限が与えられます。

    もちろん、このヤキモチの焼き方は最上ですが、忘れてはいけないのは「この青空に約束を」の海己。味噌汁に唐辛子をいい具合に入れる程度のヤキモチ。これは外せませんね。これに近いのです。つまり、ヤキモチ焼いて撲殺するヒロインも捨てがたいけど、大人しい性格のヒロインの感情を爆発させない程度のヤキモチも重要である。

    6位「宇宙兄弟(12)

    宇宙兄弟(12) (モーニングKC)
    小山 宙哉
    講談社 (2010-12-22)

    宇宙から戻る弟、宇宙を目指す兄。
    本当に「宇宙兄弟」を読むと胸が一杯になるといか、子供の頃に持っていた「何か」を思い出させてくれます。夢とか希望とか浪漫とか。そして立つ、シャロンの死亡フラグ。弟の前を兄は常に進まなきゃ行けないと思ってる六太ですが、シャロンが日々人に以下のように言ってたのは胸熱すぎる。

    「ねぇヒビト覚えといて。あなたにはお兄ちゃんを引っ張って行く程の力がある。あなたが兄の前にいて先に進み続けていれば、兄はあなたに引っ張られて前進できるわ。もしも、あなたが止まってしまったら、その時はきっと…。後ろから兄が、あなたの背中を押してくれる。あなたたちはきっと、そんな素敵な兄弟になれる」

    胸熱すぎる。
    あと、ネクタイの話は何度読んでもマーベラスの一言ですね。ネクタイを締める理由ってのは、仕事が無事に終わった後に"緩める"ためなんですって。

    23
    ネクタイを緩める

    いちいちおっさんの仕草がかっこ良すぎるだろ。僕も今後は仕事が終わった時、渾身のネクタイ緩めをしようと思います。

    5位「こえでおしごと!(5)


    ラブでコメる具合と、柑奈の赤面っぷりとエロ娘っぷりに何度も頬を崩壊させてニヤニヤさせます。すでにこの前に散々語った気もしますが、一つ重要な事を忘れていました。

    紺野あずれ先生って成人漫画時代から、あんまりパンツを描かない漫画家さんです。この世界にはパンツというものは存在しないのではないかという。それが「こえでおしごと!」5巻ではスカート脱ぎ脱ぎしてパンツをこれでもかと披露。

    25
    パンツ

    ここに一なるパンツが存在する!
    何が言いたいかといえば、僕はパンツが大好きですということです。

    4位「アイアムアヒーロー(5)」

    アイアムアヒーロー 5 (ビッグコミックス)
    花沢 健吾
    小学館 (2010-12-25)

    qあwせdrftgyふじこlp
    意訳「凄い衝撃だった」

    早狩比呂美ですよ。この衝撃はビックバン級です。まさに宇宙規模なショック!まじパねぇ。

    3位「ストロボ・エッジ(10)


    「ストロボ・エッジ」もついに完結です。終盤のニヤニヤ指数はとんでもないものでした。本編は色々語ったんですが、番外編もマーベラス極まりというものです。

    三好学という男の友人キャラにスポットが当たった話。三好とか本編のラブコメ関係でもまったく絡む事もなく、「KANON」でいう所の北川潤くらい空気のようなものでした。しかし番外編を読んで空気なんてとんでもない重要なキャラだ、と。「CLANNAD」の春原陽平に昇格です。

    1年の時に3年の先輩を好きになった話なんですけど、この律子先輩というのが俺のハートに直撃。まるでハートブレイクショット打たれたみたいな。体が動かないよー。

    26
    律子先輩

    このクールビューティーが「バカじゃないの?」「チビ」「ガキ」と罵しり、僕にも罵声をと思うのです。そんな先輩が「ドキ」とデレた時、悶闘力はスカウターをぶっ壊したのでした。

    2位「1/11 じゅういちぶんのいち(1)


    サッカーを通して描かれる人間ドラマ。これがめちゃくちゃ泣けるんですよ、いやもうくちゃくちゃです。どの話も爽快感があって、胸が一杯になるというもの。青春って素晴らしいな。超お勧めです。
    関連、「1/11 じゅういちぶんのいち」目頭と胸が熱くなる!

    1位「ちはやふる(11)

    ちはやふる(11) (Be・Loveコミックス)
    末次 由紀
    講談社 (2010-12-13)

    魂が震える!
    マジで揺さぶられるというかテンションが上がりまくる。北央学園現主将の甘粕が半端じゃない。いわゆるぬるくとかやる気がいまいちだったのに、最後は「勝つ」とか必死になってる姿が胸熱すぎる。

    また11巻にして「ちはやふる」の意味が分かったろと、とにかく超面白かった。
    関連、「ちはやふる」甘糟が胸熱な件