• スポンサードリンク

    「ぶらガール」女の子なのについてます!

    コメント(0)
    私は甘詰留太先生の描く女の子が大好きなのは何度も主張してきました。その可愛らしい外見と鎖骨への拘りは特筆すべきものがあります。ビンビン観じます性癖を。そんなわけで、先日新作「ぶらガール」が発売されました。

    ぶらガール (ジェッツコミックス)
    甘詰 留太
    白泉社 (2010-10-29)

    いやはや、これまたベラボウに素晴らしく「ナナとカオル」並みに気に入りましたよ!今回のヒロインは大井はるか。相変わらずの唇と鎖骨への拘りが光り、私のハートにストライクというもの。

    1
    大井はるか

    ほんと、甘詰先生の描く女性はなんというか抑えられないものが駆り立てられます。ようするにそそるということ。そんな大井はるかは、ちょっと変なだけでどこにでもいる普通の女子高生。

    「私は大井はるか。16歳の高校一年生。どこにでもいるフツーの女の子♪…まァ、ちょっと背が低いのと、ちょっと胸が控え目というか色々成長がとどこおり気味というか…それに、あの…私…私…女の子なのにおちんちんがあるんです」

    ちょっと背が低いとか乳が控え目というのはそれでそれで需要があり、それを気にしている様子がまた可愛いので全然オッケーですよね。それに女の子なのにおちんちんというのもチャームポイント…って、ええっ!

    どうやら第三次性徴期というものがあるみたいで、稀に女の子なのに、ある日生えてきちゃうみたいな。何が凄いって興奮すれば男性と同じようにもっこりしてしまう事ですよ。

    2
    もっこり

    なんというか、はじまったな!
    正真正銘ど真中の変態設定でバカ漫画なのかと思ったら、そうではないというから恐るべき。恋に友情に青春をしちゃっているのです。しかし、つきまとう変態設定のおちんちん。それに悩んだりコンプレックスを抱くもののと、同じ悩みを持つ4人の仲間ときちんと向き合い青春を送るという。マーベラス!

    特に恋愛関係はベッタベタな王道の背中がムズ痒くなるニヤニヤ展開一直線で、何度も頬を緩めてニヤニヤし、その破壊力に悶絶を何度もうつというレベル。手が触っただけでお互い顔を真っ赤にして手を離し意識しまくるは、お互い意識しまくって上手く話せなくなって赤面しながら沈黙…と。ピュアラブストーリーがそこにある。

    3
    ピュアラブコメ展開が半端ない

    ラブコメ萌えによるニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録する破壊力ですよ。ラブコメとして俺の好みど真中。そして、ついてまわるおちんちんというコンプレックス。これと向き合い友情展開に感動。マーベラスここに極まりです。

    そんなわけで、おちんちんがある5人の女の子による、恋愛あり笑いあり涙ありの大傑作なのです。マジで。ナチュラルに変態設定なのに俺は猛烈に感動した!おちんちんを挟んで収納して水着着用する話とかすごく勉強になりました。これは変態だけど素晴らしいものだ。

    ぶらガール (ジェッツコミックス)
    甘詰 留太
    白泉社 (2010-10-29)

    スポンサードリンク
  • 「アマガミ」はいいねぇ、リリンの生み出した文化の極みだよ

    コメント(0)
    ナナとカオル 5 (ジェッツコミックス)
    甘詰 留太
    白泉社 (2010-10-29)

    「ナナとカオル」5巻が発売されました。よく「ナナとカオル」はエロいという感想を見かけますが、それはちょっと違います。「ナナとカオル」は超エロいのです。相変わらず素晴らしいエロさに胸どころか体の別の所が熱くなるというもの。

    特に5巻では舘が再登場して大活躍というものです。

    19
    舘大活躍である

    ナナの豊満な乳も捨てがたいですが、舘のやや控えめな乳もこれまた。特にスポーツ少女らしく日焼けした肌が私の心を鷲掴みにします。何よりも、舘が加わる事で、ナナとカオルの関係も変化。ナナがヤキモチ焼くとか頬がニヤニヤするというもの。

    アニメ化に実写化と日本始まったなという感じですが、6巻はDVD付きの限定版なのでこれは要チェックや!
    【Amazon】ナナとカオル 6巻 【アニメDVD付 初回限定特装版】

    さて、アニメも絶好調な「アマガミ」。コミカライズも盛んに行われており、漫画版「アマガミ」も目が離せないというものです。個人的に私の心を鷲掴みにしたのは、上乃龍也先生の「アマガミLove goes on!」。

    アマガミLove goes on! 1 (電撃コミックス)
    エンターブレイン
    アスキー・メディアワークス (2010-08-27)

    これは本当に素晴らしいの一言ですよ!七咲がエロ可愛い。信頼と実績のポンプ小屋イベントといえば「アマガミ」のキモといっても過言ではありませんが、そこで七咲とらぶちゅっちゅすれば、小宇宙が爆発してとんでもない破壊力を発揮するのです。

    20
    七咲

    先輩の…すごく熱かったです(ハート)

    どうなんですかこれ!ポンプ小屋で首筋を「ちゅるるちゅっ」した後に濃厚な接吻をかまして倒れ込んでの感想。脳髄に変な衝撃が走りました。セブンセンシズに覚醒する程の衝撃ですよ!

    そんなこんなで上乃龍也先生の「アマガミLove goes on!」がアマガミコミカライズでは一番かな、と。でも忘れてませんか横綱の存在を!「キミキス」コミカライズで我々を完膚無きまでに叩き落とした。そう、東雲太郎先生の「アマガミ」

    ぶっちゃけ1巻では、「こんなものなの?」というのが素直な感想。もっと熱くなれよ!と修造ばりに叫んでしまったもの。変態紳士・橘さんの実力はこんなものなのか…。先日2巻が発売され、ようやく橘さんのエンジンがかかり、はじまったのです!

    アマガミ 2―Precious diary (ジェッツコミックス)
    エンターブレイン
    白泉社 (2010-10-29)

    1巻ではちょっとおとなしいかなという印象でしたが2巻で卍解しました。これはいいものだ!

    また、漫画版「アマガミ」を読んで改めて、「アマガミ」という作品の異常性を再確認。だって、こいつら付き合ってもいなければ告白もしていない!

    21
    ちゅ、ちゅぅぅ…

    「はむ」とキスをかまして、「ちゅ、ちゅぅぅ…」「ちゅくちゅっちゅる」とビクンビクン震えながらの濃厚な接吻。どう考えても舌を入れています本当にありがとうございました!

    あれですね、2人の関係は友達以上恋人未満っていう。いやーこの言い方エッチな感じですが、実際にエロいんだから間違っていません。セックスフレンドならぬ、キッスフレンドですよ!絢辻さんの場合は…。

    正体ばれる→あなたをあたしのものにします→キッス

    告白とか手を繋ぐとかそういう恋愛過程を10段階ぐらいぶっ飛ばしキスを決めるという。というか「キミキス」の頃から恋愛プロセスというものは存在しません。地味子こと星乃結美の場合…。

    初めて話す→友達になる(昼休み)→キスしたことある?(放課後)→ぶっちゅー翌日の休み時間

    初めて会話して翌日の休み時間にキスを決めました!まさに電光石火でした。そんな感じで「女の子とあんまり話した事がない」という公式設定の光一の胡散臭さが半端じゃなかった前作。「アマガミ」の主人公・橘さんも半端じゃないぐらい胡散臭いです。橘さんの公式の設定は以下のようなもの。

    過去に告白した女の子からクリスマスデートの約束をすっぽかされて失恋したという苦い経験があり、それ以来恋愛に対して苦手意識を持っている

    1
    ↑恋愛に苦手意識を持っているという公式設定の男の図

    橘さんまじパねぇっす!
    どの辺が失恋を経験して恋愛に苦手意識を持っているのかまったく分かりません。「キミキス」の光一以上に、「アマガミ」の主人公・橘さんの公式設定の胡散臭さは特筆すべきものがあります。

    そう、橘純一という男は公式設定など遥かに飛び越えた変態とう名の紳士なのです。いかに橘さんの存在能力を引き出すかが「アマガミ」の刮目する点。アニメ「アマガミSS」は素晴らしい橘さんっぷりを垣間見れます。

    東雲版「アマガミ」はその点に置いてちょっと物足りないという感じでしたが、2巻でようやく秘められた存在能力が爆発しました。

    22
    本気出した橘さん

    絢辻さんにお見舞いに来れば、寝ている絢辻さんの臭いを「くんかくんか」と必死で嗅いでいました。どう見ても、もう後戻りできません。ようやく橘さんも卍解して、東雲版「アマガミ」は素晴らしい作品に昇華してのです。

    当然キモはエロなのですが、黒絢辻さんの変化も丁寧に描いてさすがというところ!黒化した絢辻さんの怖さは半端じゃありませんでした。個人的にキスの感想を吐露する橘さんが超ド級です。

    23
    超ド級

    絢辻さんの…涙の味が…!

    キスの味は涙の味でした。何も「孤独のグルメ」の五郎のように「ソースの味って男の子だよな」とかサイダーを「今飲むと爽やかっていうよりおばあちゃんの味だな」といったぶっ飛んだ思考回路での比喩ではなく、橘さんのキスの味が涙というのは、本当に絢辻さんの涙を味わった末の直接表現!ストレート直球勝負です。

    そして、最後に結ばれてハッピーエンド。2巻を使って丁寧に描いただけあって完成度はピカ一です。ちなみに絢辻さんの恋愛プロセスを振り返ると…

    ベッドで抱き合う→舌入れる→涙を味わう→告白して付き合う

    どう考えても恋愛の順序がおかしい!これが逆なら、まだ理解できるのですが。告白してキスして涙を味わう…あ、逆でも理解不能だ。つまり、橘さんの言動は常人が理解できない高みにあるということです。

    絢辻さん編もよかったですが、オマケに収録されている「ノックは無用」というみゃー始め七咲と紗江ちゃんの下級生トリオのきゃきゃうふふが最高だってもんです。みんなで下着姿でお宝本のポーズ

    個人的には紗江ちゃんの美也による乳揉みが一番かな、と。

    24
    紗江ちゃん揉み揉み

    紗江ちゃんの豊かな乳を美也が後ろから揉みしだくというのは原作でもインパクト絶大なシーンで、アニメをはじめコミカライズでも何度も見てきました。その中でも東雲先生版「アマガミ」はピカイチで素晴らしく、美也の手が紗江ちゃんの乳に埋もれてしまうほどの弾力性です。

    紗江ちゃんは「アマガミ」の中でも随一の乳を誇り、ヒップはムッチリのウエストは細く乳はご存知の通りで3階級制覇の猛者。それに乳がマシュマロみたいな絶妙な柔らかさが加わったとなれば文句のつけようがありません。

    アマガミ 2―Precious diary (ジェッツコミックス)
    エンターブレイン
    白泉社 (2010-10-29)




    アマガミSS 1 森島はるか 上巻 (Blu-ray 初回限定生産)
    ポニーキャニオン (2010-10-20)
    売り上げランキング: 752