• スポンサードリンク

    「キミキス -various heroines-」読んで、ほぼイキかけました[

    コメント(0)
    色々なギャルゲやエロゲのコミカライズを見てきましたが、「キミキス」のコミカライズはマーベラス!アンソロを抜かして、「キミキス」の漫画版は結構あります。ガンガンパワードで連載していた、黒井みめい先生の「キミキス ~lyrical contact~」。佳月玲茅先生の「キミキス after days」。


    「キミキス ~lyrical contact~」は、星乃結美をヒロインとして、最終回のキスが結構エロいです。「キミキス after days」は、二見瑛理子ファンにはたまらない一品。ロリでエッチな展開に二見さんファンは拍手喝采するのです。

    他に、チャンピオンREDいちごに連載されていた、糸杉柾宏先生の「キミキス ~スウィートリップス~」。


    こちらはオムニバス形式で各ヒロインにスポットを当てており、特に二見さんがキスの後に服を脱ごうとしたり、祇条さんのシャワーシーンなど、サービスシーンにガッツポーズもの。もう一つはヤングアニマルで連載していた東雲太郎先生先生の「キミキス -various heroines-」。

    さて、先日、「キミキス -various heroines-(AA)」の最終巻が発売されました。もう、これは非常にマーベラス!あー、最高だ。青春だ。エロだ!ギャルゲーコミカライズの奇跡を見た!今までの東雲太郎版「キミキス」をちょっと振り返っていきましょう。


    全てはヤングアニマル増刊"あいらんど"no5でプレビュー編として、掲載された、主人公、相原光一の妹、奈々と里仲なるみの百合キスから始まったのです。お互いにキスした事がなく、練習としてキスの真似事したら、サッカーボールが飛んできて、くんずほぐれになってしまうという素晴らしい一品でした。

    1
    プレビュー編

    伝説は始まった…。
    お互いにノーカウントとし、家に帰れば、お兄ちゃん大好きっ娘、奈々がおデコにキスして貰うまで完璧です。マーベラスです。これが人気を博したのか、ヤングアニマル本誌で本格的に連載が始まるのでした。

    各ヒロインごとに単行本1巻分のオムニバスもの。一人目のヒロインは、幼馴染で一つ年上の水澤摩央。1話目でヒザにキスして、オレの心を鷲掴みにし、2話目でキス。その後、お泊りイベントでお風呂シーンのサービスなど、ニヤニヤに拍車をかけまくりやがりです。キモは、指を使った疑似フェラなのは日本国民の総意です。

    2
    指ちゃぷ

    マーベラス!

    また、注目したいのは二度目のキスですよ。「れる」って舌入れちゃいました。さくらんぼを舌で結ぶ摩央姉のキステクで、光一は「え…摩央姉ちゃん…?うわ!」と、大慌てで摩央姉の小悪魔っぷりにニヤニヤもの。特筆すべきは、擬音

    「れる」「ちゅる」「ちゅく」「ビク!」「ぷは」「はーはー」「は…」

    と、キスの擬音としては激しいものでした。「キミキス -various heroines-」の感想を書いていたサイトは口を揃えて、エロい!と誰しも同じ意見を言うのでした。


    2人目のヒロインは、咲野明日夏。見どころは、スパッツヒザにキスされたり見開きで足にキスしたりと、背筋がムズムズするぐらい何かが込み上げてきます。足にキスする時に、光一は明日夏のスパッツ姿を思い浮かべる所に、禍々しい共感を覚えるのです。今回の光一は、明日夏が棒状のアイスを食べるのを見て、何かを連想したのか赤面して照れたりと想像力豊かでした。

    個人的に推したいのは、旅館で三度目のキス。

    3
    三度目のキス

    擬音は、「はぷ」「れるん…」「ピククッ」「ピクッピクン」「ふるふる」「ちゅ…ちゅく」「ビクン」「…は…はーはー」と、とてもキスの擬音とは思えないほどエロいです。最高です。輝いています。マーベラスです。


    3人目のヒロインは祇条深月。不注意でぶつかってキスをして、その後友達となるお嬢様。お互いが純情系で、手が触れただけで赤面し合うようなウヴウヴカップル。言動が甘酸っぱくて、むず痒いラブでコメり具合でした。で、いざ純情同士の2人がキスすると…。

    4
    キスすると

    光一がキスすれば、「ふぁ…んっ…んぅ…」と言いながらビクンビクンと感じて、プルプル震えて、祇条さんは、ほぼイキかけました。何というテクニック。さっきまで、雨の中で手を繋いだだけで、お互いが赤面して、気まずくなって無言になるほど、ウヴな純情カップルだったのに。いざキスすれば、驚異のテクとエロさ。このギャップ。マーベラス!そう、摩央と6回、明日夏と4回キスをした光一のキステクニックは継承されている

    耳をはむはむする所が、最高の逸品なのは常識です。


    4人目のヒロインは、キスの実験をしている二見瑛理子。初めはクールビューティーの無表情系が、赤面するのは戦闘能力を一気に高めます。最初は、二見さんにではなく、キスされて赤面する光一きゅんに萌えるんですね。分かります。

    唇以外にキスをするという実験で、光一は首筋にキスをして、「…これが二見さんの匂い…」と、首筋ににキスをして、くんかくんかと匂いを嗅ぐ光一に漢を見た

    5
    首筋

    オッケーイ!(久々に)


    5人目のヒロインは星乃結美。「キミキス」のメインヒロインです。しかし、メインヒロインというのは飾りだったのか、原作ゲームでは地味すぎて地味子と呼ばれ、アニメ版では最後にサックリと捨てられてしまう報われない娘NO.1でした。

    それが、東雲太郎版「キミキス」では、とにかく輝いていました。泣きそうになりました。最高です。マーベラス!足にキスしたり、足にキスされたり、耳をはむはむしたり、首筋をレロレロするなど、変化球に富んでいる中で、地味子はほっぺにキスぐらいで、これといった変化球がなく直球勝負。何気なくブルマ姿を恥ずかしがるほどの清純派。

    6
    地味子

    だからこそ、ただのキスが映えるのです。まあ、それでも十分エロいんですけどね。また、後書きでは以下のように述べられています。

    おかげさまで、漫画キミキスは無事完結です。ありがとうございます。

    これにて無事完結。先生…すごく栗生恵編が読みたいです。


    あー、本当に素晴らしいコミカライズでした。ヤングアニマル増刊アイランドで、川田先生版と二見さんの読み切りもありますが、こちらも単行本に収録されておりマーベラスです。特に川田先生のスパッツ姿には、魂がある。

    で、先日、ヤングアニマル増刊あいらんどvol8が発売されました。そこには、東雲太郎先生先生の「キミキス -various heroines-」の描き下ろしが掲載されているのです。完結したはずなのに、描き下ろし読み切り…。

    アニマル…恐ろしいぜ。例えば「いぬみみ」完結後に、「いぬみみアフター」が読み切り掲載され、今だに単行本収録されていません。アニマルは完結し、単行本最終巻が出た後に、本誌か嵐かあいらんどで、その後のエピソードを読み切り掲載させる、恐ろしい雑誌なのです。つまり、雑誌を買わないと、未来永劫読めないのです。

    で、今回掲載された「キミキス」は、ほぼ確実に収録される事がないと思いますので、買っといたほうがいいんじゃないかな、かな。で、描き下ろしの読み切りは、伝説の始まったプレビュー編の続きもののようです。1番最初の話を、最後の最後に持ってくるなんて「BOYS BE…」を思い出します。

    奈々が光一にデコチューされたと聞いて、自分にもして欲しいと言ってデコチューする話。

    7
    うどん

    デコチューをここまでエロく描くなんて…最高です。感動です。マーベラスです。あー、マジで東雲版「キミキス」はギャルゲーコミカライズの奇跡でした。

    スポンサードリンク
  • 「ひみこい」半端なくニヤニヤする

    コメント(0)
    今日はちょっと漫画でも紹介しておきましょうか。

    1

    ひみこい

    秘密の恋で「ひみこい」、作者はろびこ先生。1巻とついていますが短編集みたいなものです。収録されているのは「タイムリミット」、「あらしの夜に」、「ビー玉の橋」、「先輩の彼女」。どれもこれぞ少女漫画っていうぐらいニヤニヤできるんですが、プラスして話を作るのが凄く上手いな、と。

    「タイムリミット」をちょっと見ていきましょうか。受験を控えた高校3年生なのに、授業をよくサボる男女。男は吉井、女は山田

    1
    山田まこ

    ヒロインの名前が山田というだけで反応してしまうのは、条件反射みたいなものです。山田と吉井はよく校内の避難場所で授業をサボる仲間。進級したばかりの頃に避難場所で教師の情事を覗くようになってから、2人の間では常にトランプを使って勝負を決めます。

    2
    トランプで勝負

    「ねえ、ところで小腹すかない?」と言ってトランプ差し出して、赤か黒かを決め、ハートの4(赤)が出ました。吉井は「またオレかよ」と言ってパシリに出るのでした。特に会話もなく、ちょっとしたやり取りでパシリに使うか使われるかを決めるやり取り。しょっちゅうトランプ勝負をしているようです。また、「またオレかよ」ということは吉井はいつも勝負に負けているようです。

    山田は一緒に登下校とか手作り弁当とか、そういう甘酸っぱい思いでもなく、アホらしいこと(教師の情事を覗く)して青春が終わる事を嘆いています。それを吉井に「そんなに後悔するなら、思い出作りでもしてこいよ ひとりで」と言われ、「そうよね、このさい相手なんて誰でも」と一人納得するのでした。そして山田は勝負を申し出るのでした。

    次の授業、カヨちゃんは下着をつけてるかどうか。

    勝負は山田が勝ったようで、思い出作りに付き合せられる吉井。「カヨコ、アレはいったいどういうことだ」とブツブツ言っていた事から、カヨちゃんは下着をつけていなかったようです。カヨちゃん…君は一体どんな教師なんだ。

    そして思い出という名のもとで擬似デートをすることに。アイスを一緒に食べたり、手を繋いだり、弁当作り合ったり、映画に一緒に行ったり…、キスしちゃったり

    うっひょーっ!甘酸っぺー!

    ちょっと上手く説明出来ないのですが、山田が「そうだ!吉井、キスしてみよっか」という台詞から3ページ使ってキスするまでのお互いの言動とか間が上手く描かれており、絶妙でオッケーイ!

    キスした後、お互い口元をごしごし拭いた後に…。「こ、今回はさすがに、ちょっとドキドキしちゃったわ」「は、オレも」というやり取りがニヤニヤもの。うっひょーっ!甘酸っぺー!

    翌日、山田は勝負を持ちかけます。

    あたしが勝ったら、吉井はカヨちゃんをあきらめて、あたしを好きになるの

    オッケーイ!この後の山田の「…どうやらあたし、あんたのこと好きだったみたいよ」という台詞が甘酸っぱいこと甘酸っぱいこと。

    まあ、自分も様々な娘の恋の行方を見てきました。落とし神のごとく、一気に恋の行方をシュミレーションできます。その経験から申し上げますと、この恋は成就しますよ。吉井も山田が好きです。擬似デートの仕草で吉井の思いは自然の定理のように分ります。この恋は完璧両思い。

    4
    ごめん

    振ったー!?

    …ごめん山田。その賭けにはのれない」と言って山田を振ってしまいました。えー!どう見ても脈アリに見えたんですが。こうして山田は、最後にの甘酸っぱい思い出が出来上がるのでした。好きだと気付いた瞬間に終わったそうです。つまり、吉井がカヨちゃんを見つめる姿を見て好きだと気付いたんですか。うっひょー!甘酸っぺー!

    甘酸っぱい思い出を作り、受験を突破し卒業式。卒業式へ向かう途中に吉井から「勝負」という件名のメール。「赤だったら来て。」という本件。山田のトランプは、ダイヤのA、ダイヤの7、ハートの10、ハートの3、ダイヤのQ…って赤しかありません

    3
    卒業式

    山田「…こんな日まで、勝負を持ちだすなんて。吉井はきっと賭けごとで身を滅ぼすタイプね」
    吉井「…イカサマ常習犯に言われたくないよ」

    ちょ、ちょーとまって!今、吉井が何か言ったから静かにして!!イカサマって気付いている…。何時も分っててパシリをしてたんですか。何ていい人なんでしょうか。将来、運よくいい人ってだけでライテックスで出世しそうです。

    そして吉井から「山田、オレを好きになって」と言い出す始末ですよ。イカサマに気付いていたという事は、以前に山田を振った時は、イカサマの勝負じゃなく、オレ様の愛は本物だってことか。オッケーイ!

    「タイムリミット」というタイトル。1ページ目から、ナレーションで「残された時間は、もうわずか」と言っており、これは山田が卒業するまでの期間がもうわずかだったのが、ラストでは同じナレーションで、山田に熱烈な愛の告白して欲しいと言われて、吉井が考え込んで、卒業式終わっちゃいそう、という締まらないオチで、タイトル通りタイムリミット。うめぇ。ニヤニヤが止まらん。