• スポンサードリンク

    「この彼女はフィクションです。」は永遠に不滅です!

    コメント(0)
    「この彼女はフィクションです。」が最終回を迎えました。
    今週のマガジン45号では「このかの」と同時に「ゴッドハンド輝」も堂々の大団円。マガジンの表紙には「応援ありがとう!」と最終回巻頭カラーで大々的に最期を締めくくったのに対して、巻末で特に告知なくひっそりと最終回を迎えた「この彼女はフィクションです。」。

    そもそも隕石が地球に衝突して滅びるというトンデモ展開になり、なんだこの急展開は…と読者の頭が「?」になっていたら、作者・渡辺静先生のご自身のブログで以下のようなエントリーがされました。

    結論を言うと、現在連載はおわりに向かっています
    今週号を含めずにあと3話、第33話で完結させる予定です。もう描きたいことを全部描き切れたので終わる、なんて言うつもりはありません。まあだいたいお察しの通りの理由だと思います。もっと描きたいことはたくさんあったけど、こればっかりは商業誌で描いている以上、受け入れるしかありません。

    まさかの打ち切り。
    あんまり単行本売れてなさそうな感じではありましたけど。
    ショックです。自分の好きな漫画が打ち切られた時のダメージは何度味わっても効きますね。「キス☆クラ」も短期で打ち切られましたけど、マガジンでラブコメが生き残るには、ヒロイン沢山いて、フラグ沢山立てて、主人公があっちへこっちへ行かないと生き残れないのかもしれません。

    僕は商業主義的な売れたもん勝ちというものがどうも好きになれません。ジャンプのアンケート至上主義的な考えも好きになれません。じゃあ、何がいいかっていえば俺が好きな漫画が続くことですよ(超自分勝手)。

    しかし、終盤は怒涛の展開で綺麗に終わりましたね。
    ミチルとユーリのお別れのシーンなんて、ちょっとウルってきちゃいましたよ。

    ユーリは最期にミチルを消そうとしても出来ませんでした。「できねえっ!」「もういいよ、ムズかしい事はさあ!」「世界とかどーだっていいっ!!」とヤケになるも、ミチルは自ら消滅を選びました。

    1
    自ら消滅を選ぶ

    「(みんなが大好き)だから…巻き込みたくない!」
    わたしは…この現実(せかい)のすべてが大好きです…!!

    あのミチルからこんな台詞が飛び出すなんて!
    常識がなくユーリの好きな人をやっつけるとか、そこら辺のもの破壊しまくり、ユーリ至上主義で他なんかどうなってもいいと思ってたミチルが、みんなが大好きだから、この現実という世界の全てが好きだから…と言って消えました。

    2
    最期のミチル

    「ユーリ泣いてくれてうれしい…」
    「でもね…悲しむことなんてないんです…」
    「だって――」

    と、消滅したミチル。

    最終回では、ユーリがミチルにもう一度会いたいと思い、会える方法は一つ「創作(つく)ること」と考えつき、ミチルの物語を創作(つく)るのでした。消える時に、ミチルが残した最期の言葉が思い出されますね。作品の中でキャラは生き続けるからと。ミチルの物語の創作手段は漫画でした。

    その漫画は主人公は10年間"理想の女の子"を妄想し続けていた少年、その少年の目の前にフェクションのはずの女の子が現れる。そんな、ふしぐな物語…。

    3
    そんな不思議な物語

    ユーリが創作したミチルの物語。
    ってどう見ても「このかの」の原稿。
    もちろんタイトルは「この彼女はフィクションです。」でした。

    そうか、この作品「この彼女はフィクションです。」はユーリの実体験を元に描かれた漫画だったのか。まるで、「ドラえもん」のフニャコフニャオ夫の「ライオン仮面」のように、これ誰の漫画やねんというちょっと不思議な物語。

    ユーリが経験した漫画が「この彼女はフィクションです。」なら、漫画の中のユーリも同じように最後に漫画を描き、その漫画の中のユーリも同じくラストで…と永遠とループするようなそんな不思議な物語。1話扉絵や1巻表紙の入れ子の物語構造を彷彿させますね。

    4
    1話扉絵

    物語の中に物語があって、その物語の中に物語があり…
    まったく同じ入れ子を延々と…。まるでいつまでも続く物語のようですよね。そうか「この彼女はフィクション。」はずーっと続くんだ。永遠に不滅なんだ。

    とはいえフーコ先輩派の私はミチルを好きになったというユーリに憤慨したのも事実。でも、ミチルと同じようなことを言ったフーコ先輩に救われました。

    6
    1話扉フーコ先輩

    「私は…君が好きだ。」
    「だから…あきらめないよ。」

    フーコ先輩からユーリを奪い返す宣言したミチルと同じように、フーコ先輩も同じようなことを。じゃあ次はミチルが奪い返して、そんでフーコ先輩がまた…という、ずーっと同じところをグルグル回るような印象を受けますね。延々に続く感じ。

    そして、最後に原稿が出来た時に「ありがとうございます」と述べたミチルは延々と続く同じミチルでもありません。だって、友達いない彼女いないと10年間もユーリが独りで創作したミチルじゃないですよ。

    5
    ユーリ1人のミチルじゃない

    みんなミチルの創作を手伝っていました。
    ユーリが1人で創作したミチルではなく、みんなで創作したミチル。同じとこをループするだけでなく、新たな成長とか飛躍がある感じですね。

    そしてラストに「これは終わりじゃなくて新しい始まり」「創作を続ける限り―彼女はそこにいる。」と締めくくった「このかの」。もちろん、創作を続ける者だけがミチルに会えるというわけでもありません。我々のように、創作できない浪費してブヒブヒするだけの豚だってミチルに会えます

    渡辺静先生は最終回でマガジンの巻末コメントで以下のように。

    あなたが読んでくれる限りキャラは生き続けます。

    そうか。
    ミチルは僕らが読む限り生き続けるのか。そうかー。
    なんつーか、このコメントに泣いた。やっぱりミチルとフーコ先輩は永遠に不滅ですな。ありがとう!そして、ありがとう!

    渡辺静先生の次回作に期待。
    今週のマガジンアンケで「渡辺先生の次回作に期待するジャンル」を尋ねられているので、マガジン復帰を全裸で待ちたいと思います。

    <関連>
    「この彼女はフィクションです。」フーコ先輩可愛すぎワロタ
    「この彼女はフィクションです。」これぞ新感覚ラブコメ
    おっぱいと絵の上達具合が歴史を変えるかも
    マガジン新連載「この彼女はフィクションです。」が理想的すぎるヒロインな件



    スポンサードリンク
  • 今この漫画の2巻が面白い!

    コメント(0)
    漫画を集めようとするも、10巻以上出てる漫画はなかなか手を出しづらい、かと言って1巻だけだとまだ導入部分であり本当に面白くなるのか分からない。そこで、重要なのが2巻ですよ!2巻が面白い漫画こそ至高です。

    そんなわけで、個人的にこの2巻までが凄い面白い

    この彼女はフィクションです。

    この彼女はフィクションです。(2) (少年マガジンコミックス) この彼女はフィクションです。(1) (少年マガジンコミックス)

    10年間の妄想の末に具現化された理想の彼女。
    しかし、主人公・ユーリには既に好きな人がおり一途で真っ直ぐ。そう、メインヒロインかと思われたミチルが報われない娘一直線なのです。で、アテ馬かと思われたフーコ先輩がメインヒロイン一直線。

    既に10年間妄想してた彼女が突然現れたというだけで、設定勝ちなのに「この彼女はフィクションです。」は、そこからきちんと手順を踏んでラブコメしてフーコ先輩の心の機微を見事に描いてニヤニヤの応酬に成功させたこと。

    まあ最大のキモは7話のお風呂回なんですけどね!
    文芸部のみんなで銭湯へ行けばミチルが揉み揉み。

    16
    揉み揉み

    ふむふむ…いいんじゃないの!
    しかし、マガジン掲載時ではラストの女湯がカラーだったのに、単行本では白黒。これはちょっと残念ですね。

    で、2巻でフーコ先輩が今までフラグが立ちまくってどう見ても恋する乙女だったものの、持ち前の恋愛の経験の無さでなかなか自分の気持ちに気付けなかったものの、ついに「これが恋か」と。ますます続きが楽しみになります。

    色々と読んでて死にそうになるマガジンのラブコメ枠でひと際輝く「この彼女はフィクション。」は、1巻よりも2巻のほうが遥かに楽しめ、続きが楽しみで仕方がありません。
    関連
    「この彼女はフィクションです。」これぞ新感覚ラブコメ
    「この彼女はフィクションです。」フーコ先輩可愛すぎワロタ

    1/11 じゅういちぶんのいち

    1/11 じゅういちぶんのいち 2 (ジャンプコミックス) 1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)

    この取り上げたばかりですけど、やっぱり最高ですね。
    何度読んでも目頭が熱くなる珠玉のエピソードばかり。また本編だけでなく、巻末にある読み切りも非常に面白く、2巻に収録されている「枯尾花幽霊探偵事務所」は「じゅういちぶんのいち」の1話の元ともなったらしく必見。

    アオハライド

    アオハライド 1 (マーガレットコミックス) アオハライド 2 (マーガレットコミックス)

    前作「ストロボエッジ」が堂々の完結を迎え、咲坂伊緒先生の新作「アオハライド」。こちらもラブでコメる展開に期待したいところ。中学時代に初々しい反応で良い雰囲気になる双葉と田中くん。淡い初恋でしたが、田中くんはちょっとした行き違いを残して転校。そして、2人は高校で再開…というもの。

    どうも田中くんがテンプレ的な少女漫画ヒーローになってて衝撃。いわゆる、チョイ悪というか小生意気なイケメン君というもの。どうもこのタイプがあんまり好きではないというか苦手な私は、拒否反応が出そうになってしまいました。「チョイ悪イケメン君に言い寄られて真面目な彼女がメロメロ」がストライクゾーンから外れ、そういうのはアテ馬にやらせとけ派なんですよ。見たいのは男女揃って初々しいラヴなんです!

    17
    初々しいラヴ

    至近距離で目が合っちゃって恥ずかしくなって逸らしちゃう…こういうのですよ!これだよ

    あと、「ストロボエッジ」もそうだったんですが主人公2人だけでなく、脇役達のラブがコメる話が凄く面白そう。特に、洸の兄・田中先生に惚れてる村尾さんが僕の心の琴線に触れます。

    18
    村尾さん

    普段は鉄仮面なのに、急にしおらしく赤面する姿がヤバイ。

    こみっく☆すたじお

    こみっく☆すたじお(2) (ヤングマガジンコミックス) こみっく☆すたじお(1) (ヤングマガジンコミックス)

    いちこ先生可愛い、いちこ先生可愛い、いちこ先生超可愛い…
    と、何度も叫んできましたが秋乃ちゃんを忘れてもらっちゃ困るぜ!

    桜塚先生の仕事場の仲間との飲み会でスカートめくられて白パンツを見せた事で順調にフラグが立ったわけです。普段はいちこ先生を弄る側なのに、逆にいじられて赤面してセクハラされる事によって、普段は見せないアタフタする様子が見られニヤニヤする。その隠れていた戦闘能力が一気に開放。秋乃ちゃんも可愛い、という結論になるのです。
    関連
    「こみっく☆すたじお」デレデレツンの極み
    「こみっく☆すたじお」ロリないちこ先生がたまらんのです!

    ナナマルサンバツ

    1 ナナマル サンバツ (1) (角川コミックス・エース 245-4)

    やべぇクソ面白い。
    いわゆるマイナー部活の青春モノなんですけど、やる部活が「クイズ」。昔、クイズ番組とか見てて問題の途中で解答して正解する様子を見て、「え?事前に問題教えて貰ってるの?八百長?」などとドン引きした事があるんですが、それは所謂"ベタ"と呼ばれるクイズで、事前に問題まで覚えているとか。

    そんなわけで、競技としてのクイズを分かりやすく、かつ熱く面白く描いた「ナナマルサンバツ」。クイズのノウハウも理解できます。勿論、クイズを知らない&興味がなくても楽しめます。純粋に熱血競技として面白く歩くハマる!「ちはやふる」同様に文系スポ根

    また、主人公・越山識の成長モノとしても胸熱。

    19
    越山識

    自分から人に話しかける事も少なく、昔から図書館に入り浸る内面的な主人公。そんな彼がクイズを通して今まで知らなかった「楽しいこと」「嬉しいこと」「悔しいこと」を知り誰かと共有するようになり…知識だけでなく新しい事を知るという成長も胸熱。
    関連、「ナナマルサンバツ」競技クイズの真髄!

    あさひなぐ

    あさひなぐ 2 (ビッグ コミックス) あさひなぐ 1 (ビッグ コミックス)

    これまたクソ熱い!
    「ナナマルサンバツ」同様にマイナー部活もの。こちらは薙刀部という、ドマイナーな競技に全力をかける少女達の話。マイナー部活ものの真髄は漫画を通して読者もその競技を知るわけで、やっぱり主人公はその競技のド素人に限ります。

    主人公・旭はドジっ娘でメガネっ娘で運動神経も良いとは言えないけど、それでもひたすらに部活に打ち込む姿はやっぱり良いです。2巻では初めての試合。真春先輩に教えて貰った「足を使って体を後ろに引きながら八相に持ちかえて、スネ」という戦法。

    どうも、これは基本打ちで毎日やっている事のようで…。
    しかし、これがなかなか上手くいかない。そして迎えた試合で何とか「引いて、持ちかえて、スネ」で1本取る事が出来ました。結局試合には負けたけど、旭は何ともいえない充実感を味わうのでした。

    20
    成功したな…

    分かります。分かりますよ。
    何事に対しても、初めて成功した時は、なんとも言い難い充実感とか達成感があるもの。そして「次はもっと…」と思うもの。そうやって人は成長するわけで、旭も試合に負けた悔しさを初めて体験し「次は勝ちたい」と思うのです。王道を地で行くスポ根もの。続きが楽しみです。
    関連、「あさひなぐ」薙刀ガールズが超期待大!!

    いなり、こんこん、恋いろは。

    いなり、こんこん、恋いろは。 (2) (角川コミックス・エース 326-2) いなり、こんこん、恋いろは。 (1) (角川コミックス・エース 326-1)

    ひょんな事から変身能力を手に入れた中学生のいなり。気になる丹波くんとのラブでコメる展開にワクテカするだけでなく、他の面子も巻き込んだドタバタコメディがテンポ良くて本当に面白い。おバカな女子中学生の波乱万丈な物語

    特に、うか様といなりの兄。
    この2人どう見てもフラグがビンビンに立っててニヤニヤしっぱなしなのである。

    24
    うか様と兄貴

    ベッタベタの王道のようなラブでコメりっぷりで、こちとらニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するという話です。はやく3巻が出て欲しいもので、見所満載なんだってばよ!
    関連、「いなり、こんこん、恋いろは。」元気ハツラツ変身娘可愛い!

    彼女のひとりぐらし

    彼女のひとりぐらし (2) (バーズコミックス デラックス) 彼女のひとりぐらし 1 (バーズコミックスデラックス)

    輿水理香はイラストレーターをする26歳独身の女性。そんな彼女の一人暮らしを綴ったのが「彼女のひとりぐらし」。

    美人の女性の一人暮らし…なんとなく、胸躍るフレーズですね。表紙も可愛らしく、谷川史子先生の「おひとりさま物語」に出てくる女性の「ひとり」を満喫して、上品で楽しげな一人暮らしを思い浮かべますね。

    まずはそのふざけた幻想をぶち壊す!

    21
    輿水理香

    一言でいうなれば「これは酷い」。おそろしくズボラでだらしなく適当な女性の一人暮らしを見せつけられます。

    そして何ともいえない禍々しい共感を覚えてしまうのです。独り言をブツブツ呟いたり、サッカー見てたらラテン系男子との恋愛を妄想したり、ワキ毛とか無駄毛の処理をめんどくさがったり、2日半同じパンツをはいてたり…まさに残念美人というかあらゆる幻想を粉々に砕いてきやがります。

    「一人暮らし」ではなくて「独り暮らし」ですよ!
    また、ズボラな生活だけでなく妹の結婚や親友との本音で語ったりと、26歳の女性らしい一面の話もスパイスのように聞いて飽きさせません。お勧め!

    ミル

    ミル 2 (ビッグ コミックス) ミル 1 (ビッグコミックス)

    これぞ隠れた名作というに相応しい!
    読んでて、心に染みるし、ちょっと泣けるし、ほのぼのする。読後にはホッコリと満面の笑顔になっている事請け合い。

    実家で飼っていた猫が女子高生となって主人公のもとにやってきて一緒に暮らすように…と書くと、ちょっとあざとい話かと思いきやまったくそんな事はありません。化け猫は中身80歳のお婆ちゃんであり、ババ臭さがヤバイ。でも、時折見せるラブコメ展開もありニヤニヤまで出来るという逸品。ええ、ちょっと変化球ですけど萌えます。超お勧め。

    屋上姫

    屋上姫(2) (フレックスコミックス) 屋上姫 ① (フレックスコミックス)


    屋上姫と呼ばれる生徒会長・霞上澄花とふおんな事で付き合うようになった黛陽平。いわゆる疑似恋人のような関係の2人。そんな中で澄花が少しずつ惹かれていく様子がニヤニヤして身悶えするわけなのです。

    しかし、何といっても最大のキモは黒脚なのです。

    22
    黒脚

    澄花が標準装備している黒タイツの艶めかしさとと黒光の輝き…。全てが完璧すぎて、誰もが思うのです。ペロペロ(^ω^)したい、と。

    心の奥の心情を見せない澄花がたまに、影を見せるなど「ミステリーな女」っぷりを存分に発揮する中で、何を考えているのか手に取るように分かり感情も気持ちのバレバレの結子。この娘がどうも僕の心の琴線を鷲掴みにしやがります。

    いわゆる地味というか素朴な娘なんですけど、全身から漂う報われない娘のオーラが半端じゃありません!いちいち気持ちバレバレで赤面する表情の可愛さがヤバイ。

    特に逸材だったのが一緒に買い物した時ですよ。結子の報われないっぷりを見事に描いてるんだってばよ!

    23
    報われないっぷり

    やっぱり自分を見てほしい
    好きだから
    俺は先輩を振り向かせてみせる!

    と、決意する陽平。
    これがそのまま結子に当てはまり、洋平くんを見つめる結子が「自分を見て欲しい」「振り向いて欲しい」感が半端じゃありません。でもまったく洋平は振り向かない一方通行っぷり。結子の報われない属性を見事に描いた1シーン。胸が熱くなるな。
    関連、「屋上姫」無表情で黒脚可愛い