• スポンサードリンク

    「そんな未来はウソである」、人の夢は終わらねぇ!

    コメント(2)

    そんな未来はウソである(4) (KCデラックス)

    「そんな未来はウソである」4巻を読了しました。
    なんつーかね、このマッタリした感じと、可愛い女の子達がキャキャウフフしてる感じと、どこかテンポのズレた小気味いい会話、何より微妙にラブがコメる展開ですよ。一言で感想を述べれば素晴らしかったの一言であろう。

    15
    素晴らしかった

    良い。実に良い。
    疲れた現代人の心を満たすヒーリング効果すらある。
    「そんな未来はウソである」をあえてカテゴライズすればラブコメ漫画なのかなぁ。この漫画の面白いところは、高山くんはミツキが好きでそれを応援するアカネというポジションでありながら、どういうわけか高山くんとアカネのフラグが立ちまくっている事であろう。さらに、脇の女の子も可愛い。素晴らしいね。

    はっきり申し上げて、私は同じ桜場コハル作品でも「みなみけ」より「そんな未来はウソである」のほうが好きです。心の琴線に触れるのだ。確かに芸風は同じだ。このマッタリ加減と絶妙の「間」とクセになってしまう会話のやり取り。しかしだなぁ、圧倒的に「そんな未来はウソである」のほうが好きなのだ。

    なぜか…?

    14
    なぜか?

    答えは簡単だ。
    ズバリ言ってあざとさの一言である。

    例えるなら「みなみけ」とは釈由美子や真鍋かをりや優香なのだ(例えがおっさんくさっ)。グラビアアイドルだったのにちょっと売れたら水着辞めちゃうみたいな。グラビアアイドル卒業ですみたいな。「みなみけ」にはそういうものがあるのだ。私は桜場コハル先生の「今日の5の2」が大好きだったのだ。圧倒的怒涛のパンツとラブコメ展開に心の琴線を鷲掴みにされたものです。「みなみけ」も初期はそういうテイストが満載でありました。

    しかし、アニメ化しメジャーになってしまった「みなみけ」は、初期に比べてパンチラとかが完全に消えかけている。グラドルが売れたら水着にならなくなったように、「みなみけ」もメジャーになればパンチラしませんよ的な。いやらしい目で見ないでください的な。守りに入ってしまっているのだ

    いつからだ?
    「みなみけ」でパンチラしなくなったのは…。

    いったいいつから?
    あざといよりも格式上げて淡々と楽しめばいいかと思うようになったのは…。

    16
    そんなんじゃねェだろ!!

    俺が求めた桜場コハル漫画は!
    ここぞでパンチラしてこそ全霊を持ってブヒること!
    感謝するぜ!
    アカネのパンツの全てに!

    17
    パンツ

    ブヒィィィィィィィ!!

    素晴らしい。実に素晴らしいです。
    やはりパンツは素晴らしいのだ!

    かの夏目漱石は「I love you」をそのまま「愛してます」と翻訳した生徒に、日本人はそんな事言わない。そこは「月がきれいですね」とでも訳しときなさいという逸話がある。同じように名だたる文豪達にはストレートに「I love you」を「愛してます」と訳さずに独特の言い回しをする逸話があります。二葉亭四迷は「わたし、死んでもいいわ」と意訳した。

    だから僕も意訳したい。
    「パンツ」と書いて私は「人の夢」と読むのだ。人の夢は終わらねぇ!

    そんな未来はウソである(4) (KCデラックス) Kindle版:そんな未来はウソである(1)
    Kindle版:そんな未来はウソである(2)
    Kindle版:そんな未来はウソである(3)
    Kindle版:そんな未来はウソである(4)
    著書:桜場コハル

    他人の未来が少しだけ見えてしまうミツキ、ウソがわかるアカネ。特殊な能力をのぞけば普通の女子高生。アカネは、ミツキと高山(たかやま)をくっつけようと策を練り……。ミツキは、アカネと深い親友関係になりたいと願い……。高山は、ミツキと密接な関係を望み……。そんな3人を待っていたのは、離ればなれの危機、クラス替え。高2の春は、想いと裏腹にオトナの階段のぼりおり。

    みなみけ(12)限定版 (講談社キャラクターズA)
    スポンサードリンク
  • 「そんな未来はウソである」はじまりそうな件

    コメント(0)

    そんな未来はウソである(2) (KCデラックス) そんな未来はウソである(1) (KCデラックス)

    「そんな未来はウソである」2巻が発売されました。
    謎の大ヒットという名の女子小学生のパンツがキモだった「今日の5の2」、南家の様子をまったり楽しむ「みなみけ」。そして「そんな未来はウソである」は、未来が見えちゃう佐藤アカネ、未来が少しだけ見えてしまう大橋ミツキを中心としたぬるーいマッタリ系ショート漫画…と思ったらどっこい!凄くはじまりそうなのです。

    何がって、そりゃラブがコメりそうって事ですよ!
    徐々にですがしかし確実に話が進んでいる感じ。もともと「そんな未来はウソである」は、ミツキに鏡を見せてしまったアカネが、ミツキが話したこともないクラスメイトの高山と結婚する運命であると知り、未来通り2人をくっ付けるという事でスタートしました。元々、ラブがコメる土壌はあったわけですが、そこはラブレターを球蹴り番長との決闘にしてしまうぐらいラブコメ方面には期待してませんでした。

    それがである。
    どうもアカネと高山が順調にフラグを立ててるんですよ。高山の家でピザパーティーをすれば、後片付けが綺麗だったと高山父に褒められ。温泉でのぼせ上れば看病。どう見ても順調にフラグが立ってるんですよ。極めつけは、ミツキが新たに見てしまった未来。見てしまった未来というのはアカネと高山が結婚するというもの。なん…だと…状態。

    5
    未来を見てしまって

    そもそもミツキが高山と結婚するという未来は、意識したら無効になるそうなので既にミツキが見た未来はないのかもしれません。「じゃあ、その未来あんたに任せる」と述べたアカネの未来こそ正規ルートであるともいえます。

    その後も作戦会議の名目でどう見てもデートをしたりと、完全にアカネルートに入ったと言っても過言ではありません。もうね、どう見てもラブがコメってるんですよ。フラグがビンビン立ってるんですよ!

    6
    フラグ立ちまくってる

    アカネと高山…、なるほどこれはニヤニヤします。
    あの娘とこの男をく5のっ付けようとして、いつの間にかあの男とフラグ立って好きになってたという事はよくありますしね。アカネと高山のルートは今のところ鉄板であるといえます。

    しかし、元祖ルートのミツキ&高山のフラグが折れたわけでもありません。図書館で2人が出会った時など、今後にフラグが回復してもおかしくないやり取りでした。まだまだ分かりません。

    そして忘れてはいけないのはマドカですよ!
    好きになった男を不幸にさせる星の下に生まれ、高山のハートを狙うツインテール娘。地味に、しかし順調にアカネ同様にフラグを立てており、水着選びに始まりラブホテルにまで一緒に入ってしまいました。

    7
    マドカ

    どういうことだってばよ!
    まじでマドカと高山の2人のフラグの立ちっぷりは半端じゃありません。アカネ、ミツキ、マドカ…どの娘のルートもあり得そうな気がしてきますよね。もはや、大穴で江口すらあり得るという。

    ラブコメ的にも盛り上がってきましたけど、「そんな未来はウソである」は「今日の5の2」や「みなみけ」よりも好きだったりします。もちろんパンツ的には不足なんですけど、「今日の5の2」や「みなみけ」より分かりやすい点がいいですね。

    ストーリーが進むし、キャラもメインのミツキ&アカネに加えて、高山とマドカと江口の5人だけっていうのがマーベラス!ぶっちゃけ「今日の5の2」も「みなみけ」もキャラ大過ぎなんですよ。「こんな未来はウソである」は基本5人で話を回すので完結簡単で読みやすいんです。キャラが分かりやすい!

    8
    キャラの立ち位置が分かりやすい

    あと、桜場コハル先生の絵柄がまた変わってきた。
    相変わらず背景は真っ白なんですけど、キャラに丸みが出てきたというか一層可愛らしくなってきました。現在のヤンマガの「みなみけ」を見れば一目瞭然なんですけど、キャラがブヒブヒするような可愛らしさが増してます。今後の展開が非常に楽しみなんだってばよ!
    <関連>
    「みなみけ」「そんな未来はウソである」桜場コハル先生強化月すぎる!
    「みなみけ」とはみなみけである



    みなみけ(9) (ヤンマガKCスペシャル)
    桜場 コハル
    講談社 (2011-11-04)