• スポンサードリンク

    「鉄楽レトラ」人の人生を変えてしまうほどの人間ってどんな奴だ?

    コメント(0)

    「マイガール」の佐原ミズ先生の新作「鉄楽レトラ」1巻が発売されました。いやはや、これは本当に心にグッときますね。ラーメンの味卵のように奥深い。佐原ミズ作品は美形しかいないのに、今作はそんなことなく。それが味わい深く引き立つ。

    公式サイトのあらすじは以下の通り。

    人の人生を変えてしまうほどの人間て、どんな奴だ?
    小学生の頃から打ち込んできたバスケを諦め、家から離れた高校へ入学した鉄宇。現実から目を背け、他者との関わりを拒んできた彼の目にかつて失くした“夢のつづき”が飛び込んできて――

    主人公の一ノ瀬鉄宇は中学時代は引きこもり。
    小学校時代からミニバスをやってたのに中学からバスケを始めた人に抜かれてしまうのが信じられず。無茶をしてレギュラーを決める1on1で怪我をさせてしまい。そいつに「早く死んで来いよ」とまで言われ引きこもりに。そして高校は家から2時間もかかる場所に。

    周りが見えずに奢った末の挫折を味わい、トラウマ持った心情がいちいち心にグサリと突き刺さります。高校では何も考えず何も感じず、毎日ただ何もせずに生きていこうと決めるのでした。

    1
    何も関わらない、何もしない

    「どんな場所にいたって、もう人と関わろうとは思わない。人をうらやむ事も…自分に失望する事もない…」とスーパーネガティブで何にもない空っぽに生きようとする鉄宇。そんな彼が変わろうと決心し前に進むようになる痛く切ない青春漫画。これが泣けて胸熱。

    入学式の日に、おばあさんに道を尋ねられ孫の話をされます。
    内向的で臆病でいじめられて独りぼっち。スペイン舞踊を始めたけど不向きで挫折して泣いてばかりいたのが、ある日ニコニコして「私バスケット始めてみる」と。なんでもある人に出会って人生観が一変

    2
    ある人に出会って

    「あの日、あの人に合え良かった…」「きっと孫は素敵な人に出会えたのだなって感謝したわ…」と。それを聞いて鉄宇は思うのでした。

    人の人生を変えてしまうほどの人間て、どんな奴だ?

    かつて屋上でバッシュを捨てようとした時に出会った以前のクラスメイトの女子。それは光と影のように正反対の2人。小さくて大きくなりたかった鉄宇、彼女は大きく小さくなりたかった。お互いが羨ましい、と。そして鉄宇は彼女にバスケットを勧め、お互いに赤いバッシュと赤いドレスシューズを交換しました。

    3
    靴を交換

    偶然にも、お婆さんの孫がこの娘で、「人の人生を変えてしまうほどの人間」が自分だった。彼女はバスケットをして、鉄宇が失くした夢の続きを歩んでいた…という。ならば、今度は鉄宇が彼女の夢の続きを歩む…という。彼女が今度は鉄宇の「人の人生を変えてしまうほどの人間」になったわけで。

    一歩を踏み出す勇気、それは贖罪のようであり、苦しいんだけど、清々しいぐらい真っ直ぐで爽やかでした。そして、誰にも関わらないと決めたのに少しずつ広がる人間関係が印象的。ちょっとずつ成長してく様が見事に青春しちゃってますよ。良い青春漫画です。

    個人的には妹とのエピソードが一番。
    感動したし心にグッときましたね。キモは妹ですよ。お兄ちゃん大好きっ娘の妹を数多く見てきた僕も、聖母のような妹の最高のお兄ちゃん大好きを見せつけられて完敗ですよ!

    4
    靴を交換

    妹がまじ天使すぎる
    「ダイの大冒険」のヒュンケルがマアムに見た母性というか聖母っぷりが溢れ出まくる妹。もう胸が熱くなるしかない。この妹も、幼少の頃にテストの採点で鉄宇に「人の人生を変えてしまうほどの人間」を見たわけで、妹の過去を後に知った鉄宇にとって、やっぱり妹は「人の人生を変えてしまうほどの人間」になって、鉄宇は動き出すわけで。

    本人にとっては些細な事が他人にとっては「人の人生を変える出来事」になり大きな勇気や一歩を踏み出すきっかけになり、それが連鎖して広がって影響を与え世界が変わる!

    大げさなようにブチ上げられてる 「人の人生を変えてしまうほどの人間て、どんな奴だ?」ってのは、結局本人にとってはちょっとした事なんですよ。でも第三者にとっては大きな出来事になり、影響を与えていく。それが実に俺を感動させるんですね。痛く苦々しいけど爽やかに清々しい、そんな青春漫画。お勧めです。
    <関連>
    「マイガール」は人生!

    スポンサードリンク
  • ハガレンは文学、ワンピは芸術、ブリーチは奇跡(笑)、マイガールは人生!

    コメント(0)

    1

    「マイガール」終わりました!
    って、何だか「冷やし中華終わりました」的な感じがしてアレなんですが、まさにそんなひと夏が過ぎ去ったような淋しさ的な。

    というか突然終わった感は否めないわけですが、それでもめっちゃ良かったのです。僕の中では「クラナド」以前と以後で家族ものに対する感じ方が激変し、「クラナド」以降の家族ものには補正がブースター状態でかかりまくっていますが、やっぱり「マイガール」も泣いた。いやー父娘最高!

    父である正宗君を思うコハルに涙腺が刺激されるぜ!料理の上手なお母さんが欲しいかと聞かれれば、料理なんて得意じゃなくていいと言い。

    コハルは―…正宗君を守ってくれるお母さんが欲しい

    なんて良い娘さんなのでしょうか。
    大人っぽいというか、依存できる立場での子供と違って精神面が成長しすぎたコハル。それ故に家を出て行こうとする健気さに私は猛烈に感動した。交番のおっさんとにやり取りは、泣くの我慢するのに必死でしたよ。

    特にコハルの呼び方。ずーっと「正宗君」と呼んでおり、「お父さん」とか「パパ」って呼んでいないんですよね!そんなコハルがボロボロに探し回った正宗を見て、警官のおっさんに「お父さん」と呼んで、瞳が熱くなったんだ。

    18
    お父さん

    「コ…コハルのお父さん

    もう僕の涙腺はダメだ…
    コハルの「お父さん」の威力が半端ないな。ちょっと照れてるところといい、ボロボロの正宗を見て驚く表情といい、コハル天使すぎる。ここに予言しとく。「うさぎドロップ」でもダイキチを「お父さん」と呼んだら泣く自信ある(威張るな)

    片桐さんに嫉妬したりするもおぶって貰ってお母さんを思い出して、受け入れたコハル。「か…片桐さん―…何だかちょっとだけ」と言いつつ母を思い出して嬉しそうにしてポジティブに受けて取っていました

    19
    お母さん思い出しちゃいました

    正宗と片桐さんが仲良くするのを見て嫌そうというか複雑な表情で正宗君取られちゃうと思って「悔しくなる」とちょっと年相応な事をしてたのに、おんぶされてお母さん思い出して嬉しそうなコハル。

    対して正宗はダメダメです。
    片桐さんと手を繋いでみれば。

    20
    思い出しちゃった

    陽子さんを思い出してしまい悲しげな表情を浮かべて手を無意識に振りほどいてしまいました。陽子さんを思い出しネガティブに受け取った正宗。

    ダメダメです。
    安西監督風に言えば「まるで成長してない…」ですよ。コハルは陽子を思い出してポジティブに受け取っていたのに、正宗はこの様です。前へ進めない!正宗の根暗さとか優柔不断さはKIDゲームとか「君望」の主人公を彷彿させますよ。まさに、鬱になるようなギャルゲ&エロゲ主人公特性。

    「毎日、数多くのものが消えて忘れ去られていく。勿論それが当たり前なのだという事も分かっている。けれど、その虚しさに勝てなくて、あっという間に無くなってしまうそれらに、しがみつかずにはいられなかった…」

    そんな正宗にコハルの夢の話でズカーンと一撃。

    想い出の品物は何もなくなった。でも、そんなのは、この先もっと素敵なのを作ればいいし

    前へ進め!

    21
    思い出しちゃった、けど離さない

    コハルの笑顔に陽子さんを重ねるも、それでも、と。
    以前みたいに悲しくなって無意識に手を離す事無くしっかりと握り続けた正宗。成長してるよ!前見てるよ!

    小さなてのひらですよ!(上手い事言ったつもり)
    小さな手にもいつからか僕ら追い越してく強さですよ(しつこい)

    やっぱ「マイガール」良い。
    できれば、コハルがどんどん成長して高校生、大学生、社会人…あわよくば秋君と結婚するまで見たかった…。この父娘の行く末を。そんで、結婚式場でコハルが本人に対して「正宗君」ではなく「お父さん」とか呼びかけたら…という妄想しながら泣く!

    つまり結論としては回想シーンであったコハルがおしっこに行くシーン最高でござると導かれるわけです。

    22
    「ママおしっこー…」

    やっぱりおしっこを(ry

    さらにオビの「キラめく僕の宝物(マイガール)」とか、最終話のサブタイ「僕の宝物(マイガール)」って最高じゃないですか!

    ハガレンは文学、ワンピは芸術、ブリーチは奇跡()、マイガールは人生(キリッ)

    マイガール 1 (BUNCH COMICS)
    マイガール 1 (BUNCH COMICS)
    posted with amazlet at 10.11.17
    佐原 ミズ
    新潮社

    マイガール 2 (BUNCH COMICS)
    マイガール 2 (BUNCH COMICS)
    posted with amazlet at 10.11.17
    佐原 ミズ
    新潮社

    マイガール 3 (BUNCH COMICS)
    マイガール 3 (BUNCH COMICS)
    posted with amazlet at 10.11.17
    佐原 ミズ
    新潮社

    マイガール 4 (BUNCH COMICS)
    マイガール 4 (BUNCH COMICS)
    posted with amazlet at 10.11.17
    佐原 ミズ
    新潮社 (2009-10-23)

    マイガール 5 (BUNCH COMICS)
    マイガール 5 (BUNCH COMICS)
    posted with amazlet at 10.11.17
    佐原 ミズ
    新潮社 (2010-11-09)