• スポンサードリンク

    完結した『僕だけがいない街』の総括!

    コメント(8)

    僕だけがいない街(8)<僕だけがいない街> (角川コミックス・エース)

    表紙に誰もいない!

    『僕だけがいない街』8巻読了。
    これが最終巻です。感想はズバリ最高だったの一言です。ダラダラ続くことなく人気絶頂のまま綺麗に終わりました。最後まで緊迫感のあるスリルを味わいながら迎えた大団円はとても感動的でしたね。

    <関連記事>
    『僕だけがいない街』、アイリは始まりと終わり
    『僕だけがいない街』、あの日見たフラグの名前を僕達はまだ知らない

    続きはこっちだYO



    31
    スポンサードリンク
  • 『僕だけがいない街』7巻

    コメント(8)

    僕だけがいない街 (7) (カドカワコミックス・エース)

    6巻までのテンポとスリルと比較すると「うーん」という感じがしてしまう。
    過去のコピペとモノローグばっかである。アニメもはじまって映画化も決まり引き延ばしに入ってるんじゃないのって思ったものです。読者はもう犯人は分かってるんだから早く直接対決をして欲しいと思ってしまうんですよ。とはいえ、7巻はここで一つの「幕引き」と「はじまり」という区切りとして見所がありました。むしろ噛み砕いて読めば震える内容だよ。

    <関連記事>
    『僕だけがいない街』、あの日見たフラグの名前を僕達はまだ知らない

    7巻36話のサブタイが「始まりの地点 2005.05」です。6巻ラスト35話のサブタイが「鍵 2004.04」だったので一気に時系列が飛びます。というのも、悟はアイリとの会話をきっかけに忘れていた過去の記憶が溢れ倒れてしまい、次に目覚めたのが386日後の2005年5月11日だからです。36話の、いや7巻のキモはアイリなり。

    22
    アイリ


    移転してたりします!