• スポンサードリンク

    ワンピの尾田っちが嫉妬した『四月は君の嘘』は名作!

    コメント(12)

    2

    1

    フジテレビの『一流が嫉妬したスゴい人』(12月29日放送)で、『ワンピース』の尾田栄一郎先生が嫉妬した漫画として『四月は君の嘘』(新川直司)を上げました。尾田っちいわく『四月は君の嘘』は以下のようなもの…。

    面白い漫画を時々読みたいので、ネットでたまに「面白い漫画」を調べて読みます。時間もないし、たいがい1、2巻で、なるほど、と読むのをやめるんですが。締め切り前でちょっと気分転換のつもりだったのに全巻読んでしまってこっちが原稿落とす所でした。グイグイ引き込むんじゃないよ!冗談じゃない!!

    ご存知のように(?)私は『ワンピース』も『四月は君の嘘』も大好きで、尾田っちが『四月は君の嘘』を読んでたことも嫉妬したことも嬉しいものです。何がスゴイって、尾田っちが嫉妬したとテレビで放送されたら『四月は君の嘘』が各所で売り切れ続出になってること。改めて尾田っちの影響力を見せつけられたね。

    『四月は君の嘘』は今年完結した傑作音楽漫画なり。
    未読なら是非読んで頂きたいものです。尾田っちの言うとおりグイグイ引き込まれます。漫画から音楽が聞こえてくる圧巻の演奏シーン。青春の甘酸っぱさと切なさを味わえる。衝撃のラストと見所満載なり。

    [まとめ買い] 四月は君の嘘

    <関連記事>
    『四月は君の嘘』、さようなら
    「四月は君の嘘」、見せましょう音楽の底力を!
    「四月は君の嘘」あの日見た公生の演奏を僕達はまだ知らない
    「四月は君の嘘」名作の予感がプンプンするぜ!
    「四月は君の嘘」あの頃の僕らはきっと全力で少年だった

    [まとめ買い] 四月は君の嘘 [まとめ買い] 四月は君の嘘
    母の死をきっかけにピアノを弾かなくなった、元・天才少年ピアニスト有馬公生。目標もなく過ごす彼の日常は、モノトーンのように色が無い…だが、友人の付き添いで行ったデートが、少年の暗い運命を変える。性格最低、暴力上等、そして才能豊かなヴァイオリニスト…少女・宮園かをりと出逢った日から、有馬公生の日常は色付き始める!!胸を打つ青春ラブストーリー!!
    スポンサードリンク
  • 『四月は君の嘘』完結

    コメント(18)

    四月は君の嘘(11)<完> (講談社コミックス月刊マガジン)

    その時です。私は走り出したのです。

    『四月は君の嘘』が11巻で堂々の完結である。
    最終巻、11巻は公生の圧巻の演奏がスゴイ!
    バトル漫画の見せ場が戦闘シーンであるように、スポーツ漫画の見せ場が試合シーンであるように、演奏漫画の『四月は君の嘘』は演奏シーンが最高に面白いのである。ぶるっと鳥肌が立つし、胸に熱いものが込み上げてくるってもの。圧巻の大迫力の演奏シーンからは、音が聞こえてくる。盛り上がる。

    <関連記事>
    「四月は君の嘘」、見せましょう音楽の底力を!
    「四月は君の嘘」あの日見た公生の演奏を僕達はまだ知らない
    「四月は君の嘘」名作の予感がプンプンするぜ!
    「四月は君の嘘」あの頃の僕らはきっと全力で少年だった




    続きはコチラ!